マイナビニュースマイナビ

「導入事例」関連記事一覧

関連キーワード:

815 件中 801~815件目を表示中

オンライン英会話界の寵児「レアジョブ」のインフラを支えるサービスとは

【特別企画】オンライン英会話界の寵児「レアジョブ」のインフラを支えるサービスとは

今や大人気のオンライン英会話サービスの先駆けとして、急速にビジネスを成長させてきたレアジョブ。ビジネス拡大に伴うシステム刷新プロジェクトにおいて同社が選んだITインフラが、「さくらのクラウド」と「さくらの専用サーバ」だった。

データセンター

アプリ開発 / 運用のキーワード「新世代APM」とは? - 導入効果を事例で解説

【特別企画】アプリ開発 / 運用のキーワード「新世代APM」とは? - 導入効果を事例で解説

皆さんは、「新世代APM」という言葉をご存知だろうか――。ここでいうAPMは「Application Performance Management」の略称。ライフサイクル全般にわたってアプリケーションのパフォーマンスを管理しようというコンセプトになる。そのAPMに対して"新世代"という言葉を付けた「新世代APM」は、時代に合せるかたちでこれまでの考え方をアレンジしたものとご理解いただければよいだろう。では、新世代APMとは具体的にどういったもので、どのような技術要素によって実現されているのか。詳細はPDFでご確認いただきたい。

開発ソフトウェア

大正時代創業の老舗糸店がMouseProを導入した理由──サーバとPCで業務効率化を実現

【特別企画】大正時代創業の老舗糸店がMouseProを導入した理由──サーバとPCで業務効率化を実現

1923年創業、糸と紐の製造卸業を営む田口糸店のメイン商材は、洋服に値札やタグをつけるための糸だ。そのほか、酒や茶を装飾する房飾りや紐、包装用リボン、レストランメニューの装飾紐など、各種糸・紐を扱っている。天然素材の糸や紐を製造から手がけるほか、他社から仕入れた糸等を需要に合わせて加工販売することも多いという。そんな田口糸店が、マウスコンピューターの法人向けブランド「MousePro」のサーバソリューションを新たに導入した。

サーバ/ストレージ

大規模化・複雑化するデータセンター運用管理の最適解

【特別企画】大規模化・複雑化するデータセンター運用管理の最適解

クラウド/仮想化時代の本格的な到来で、企業のIT運用管理者の負担はむしろ増している。仮想化を駆使した社内データセンターのプライベートクラウド環境は、運用管理対象となるIT機器の台数増加とITインフラの複雑化が進行し、管理工数の増大や、セキュリティ対策の不十分、エネルギーコストの増大を招いている。そうした様々な課題に対応するため、ATENジャパンが提供するデータセンター統合運用管理ソリューションをチェックしてみよう。

データセンター

宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

事業継続

業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE

【特別企画】業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE

近年、企業におけるモバイルデバイス活用の需要が拡大しているが、その目的として一番大きいのがコミュニケーションの強化だろう。外出先で手軽にメールの送受信が可能なほか、グループウェアを活用すれば社内のデータの閲覧・編集、必要に応じての報告書の作成・提出までモバイルデバイスから行える。このように、今まで社内の端末に縛られていた作業が、外出先から済ませられるメリットは大きい。

業務アプリケーション

スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

【特別企画】スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

スマートフォンやタブレットなどは、外出が多い社員にとって大変便利なもの。しかし、高い利便性を持つからこそ紛失・盗難に遭った際のセキュリティリスクも増大する"諸刃の剣"といえる。そこで注目を集めているのが、モバイルデバイスを管理するための「MDM(Mobile Device Management)」である。

業務アプリケーション

セキュアで高信頼な有線/無線LANネットワーク - FutureNet WXR-250&FutureNet RAシリーズ

【特別企画】セキュアで高信頼な有線/無線LANネットワーク - FutureNet WXR-250&FutureNet RAシリーズ

店舗やパブリックスペース、生産現場、会議室など、さまざまなシーンにおいてフレキシブルなネットワークアクセスを実現する無線LAN。市場には低価格ながら高性能・多機能なルータ/AP製品が多数揃う中、企業のIT担当者は、セキュリティリスクの拡大や、ユーザーのアクセス形態の多様化といった昨今の課題にこたえながら要件を満たす製品を選定する必要があります。ここでは、既存の有線LAN環境とシームレスに統合しながら、セキュアでフレキシブルな無線LAN環境を構築する際の課題やポイントを、典型的なユースケースを示しながら紹介・解説いたします。

ネットワーク機器

企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

【特別企画】企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

企業や団体のWebサイトへの不正アクセスや、なりすましによる個人情報漏えい事件が多発するなど、サイバー攻撃は日増しにその凶悪化の度合いを高めている。そうしたなか、公開鍵暗号技術と電子署名を使って高度な情報セキュリティ基盤を実現する技術として改めてPKI(Public Key Infrastructure)に注目が集まっている。

セキュリティ

インメモリ連想技術を備えたQLIKVIEWが実現する「解の探索」とは

【特別企画】インメモリ連想技術を備えたQLIKVIEWが実現する「解の探索」とは

日々蓄積される膨大なデータの中から、ビジネス向上につながる情報をいかにして発見・抽出し価値につなげていけるか――。この成否によって企業の経営は大きく変わってくる。去る12月20日に開催された「売上・反応アップに効くBI導入事例セミナー」(主催:マイナビ/協賛:クリックテック・ジャパン)では、クリックテック・ジャパン マーケティングマネージャー 安部知雄氏が登壇。独自のインメモリ連想技術によって従来のBIツールではなしえなかった「関連性の見える化」を可能にする同社のBIソリューション「QlikView」の紹介を中心に、データへの精緻な分析で企業経営がどのように変革していくのかについて解説した。

データ分析

VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

【特別企画】VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

20台のサーバーをVMwareで仮想化。タミヤでは、Backup ExecでVMware上のバックアップを 統合、バックアップの高速化と簡素化を実現しています。

事業継続

NTT Com、決め手は「マルウェア判定の明確さと、判定理由のわかり易さ」 - FFR yarai analyzer事例

【特別企画】NTT Com、決め手は「マルウェア判定の明確さと、判定理由のわかり易さ」 - FFR yarai analyzer事例

「評価したポイントは、マルウェア判定の明確さと、その判定の理由を具体的にレポートに表示してくれることでした」――NTTコミュニケーションズ、先端IPアーキテクチャセンタの田中 恭之氏は、yarai analyzer導入当時を振り返りこのように語る。

セキュリティ

最先端のコンテナ型データセンターを支えるPDUを活用したリモート管理

【特別企画】最先端のコンテナ型データセンターを支えるPDUを活用したリモート管理

国内における商用ISP(Internet Services Provider)の草分けであり、目まぐるしく変わるインターネットの歴史の中でも、常にリーディング・カンパニーとしての役割を果たしてきたインターネットイニシアティブ(IIJ)。同社は2011年4月、島根県松江市に商用として国内初となる外気冷却コンテナユニットによるデータセンター「松江データセンターパーク」を開設。その先進性と機能性が評価され、松江データセンターパークは「2012年グッドデザイン賞(グッドデザイン・ベスト100)」をはじめ、「グリーンITアワード2012 商務情報政策局長賞」、「グリーン・グリッド データセンター・アワード2012 特別賞」など、数々のアワードを受賞している。このデータセンターの要ともいえるのが、インテリジェントPDUを活用した遠隔での運用管理の仕組みだ。今回は、その概要をレポートする。

データセンター

キッチンウェアのル・クルーゼ、人気の秘密は緻密なデータ分析にあり

【特別企画】キッチンウェアのル・クルーゼ、人気の秘密は緻密なデータ分析にあり

実用性とデザインの美しさを兼ね備えたキッチンウェアで知られるル・クルーゼ(Le Creuset)。フランス伝統のブランドが日本でも若い世代を中心に絶大な支持を集めるに至った"勝因"の1つに、緻密なデータ分析から導き出した独自の販売戦略がある。去る12月20日に開催された「売上・反応アップに効くBI導入事例セミナー」(主催:マイナビ/協賛:クリックテック・ジャパン)に登壇した仏ル・クルーゼ アジア IT ディレクターのダニエル・トラスク氏は、氏が主導した同社日本法人におけるBIプロジェクトの詳細を語った。

データ分析

iPad 800台導入にも対応! マイナビの無線LANを支えるアルバネットワークス

【特別企画】iPad 800台導入にも対応! マイナビの無線LANを支えるアルバネットワークス

従業員約1800人を抱えるマイナビでは、今年8月に地方営業所を含む全国22拠点での全面的な無線LAN環境を導入した。BYOD促進による社員の業務効率向上と、来客者に対する通信環境の整備、さらには将来の社内ネットワーク全面無線化も視野に入れた運用ノウハウの蓄積が目的である。導入作業が終盤にさしかかる頃には、社員に対して約800台のiPadを配布するという当初は想定していなかった施策も展開されたが、管理の手間を増やすことなく、また通信障害を起こすこともなく、社員の業務効率向上を実現している。

ネットワーク機器

815 件中 801~815件目を表示中

815 件中 801~815件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る