「RPA」関連記事一覧

関連キーワード:

33 件中 1~20件目を表示中

最大300%のROI達成も。RPAの対象に財務・経理業務が最適な理由

【特別企画】最大300%のROI達成も。RPAの対象に財務・経理業務が最適な理由

事業を滞りなく運営するだけでなく、より大きな企業成長を果たす意味でも、バックオフィス業務を自動化することは重要といえよう。本稿では、特に財務・経理における受発注業務に注目。オートメーション・エニウェアのホワイトペーパー「RPAとO2C」「RPAとP2P」から、同業務の自動化が企業にどのような好影響をもたらすのかを解説したい。

業務アプリケーション

1300社の調査データから考える、アフターコロナの働き方でRPAが果たすべき役割

1300社の調査データから考える、アフターコロナの働き方でRPAが果たすべき役割

6月19日にオンライン開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「RPA業務自動化への道のり-実践企業が明かす成功プロセスと注意点」では、RPAを活用することで感染症対策と業務効率化を両立するためのポイントについて、企業1300社に対する各種調査データの分析結果を基に、ノークリサーチ シニアアナリスト 岩上由高氏が解説した。

業務アプリケーション

「デジタルワークフォース(RPA2.0)」の実現へ

【特別企画】「デジタルワークフォース(RPA2.0)」の実現へ

従業員の生産性向上や業務効率の改善を目指し、RPAを導入する企業が増えている。しかし、現行のRPAツールの多くは、対応するアプリケーションが少なかったり、開発のハードルが高かったりなど、幾つかの課題を抱えている。本稿では、企業を支える新たな労働力として「デジタルワークフォース(RPA 2.0)」を取り上げ、RPAを導入した企業が持つ課題とそれを解決するためのソリューションを紹介する。

業務アプリケーション

「RPAの管理」において解決すべき6つの課題とは

【特別企画】「RPAの管理」において解決すべき6つの課題とは

RPAを導入し大きな成果を挙げる企業が増える中、一部の部門だけではなく、複数部門や全社での活用など、より大規模なRPAの実現を目指す企業も増えています。しかし、大規模なRPA環境では、企業全体のロボットの管理と運用が求められるため、稼働監視、セキュリティやガバナンスなど、以下のような課題を解決する必要があります。

業務アプリケーション

昭和リースが語る! やってみて初めてわかった「RPA導入のコト」

昭和リースが語る! やってみて初めてわかった「RPA導入のコト」

2月27日に開催された「RPA・デジタルワークフォースカンファレンス2019」(主催:Blue Prism)では、ビジネスの現場におけるRPA/AI活用の最新事例が多数紹介された。そのなかから、本稿では、昭和リース 営業サポート部門 オペレーション企画管理部 部長 藤本 裕哉氏による講演「完全内製で実現したRPA化への取り組みと効果」の模様をレポートする。

ソリューション

AIがRPAに与えるインパクトとは - Blue PrismのCTOが説くRPAの「その先」

AIがRPAに与えるインパクトとは - Blue PrismのCTOが説くRPAの「その先」

RPAという言葉が普及する前から、金融機関の定型業務自動化を支援していた英Blue Prism。その共同創立者でCTOを務めるデビッド・モス氏に、RPAはAIやMLを組み込むことでどのような進化を遂げるのか、お話を伺った。

業務アプリケーション

Web-EDIの受注業務をRPAで自動化し働き方改革を推進

【特別企画】Web-EDIの受注業務をRPAで自動化し働き方改革を推進

専用環境を必要とせず、Webブラウザを通じて手軽に取引が可能なWeb-EDIは、急速に普及してきた。さらに2024年に迫った固定電話網からIP網への切り替えによって、EDI取引への移行が各業界で推奨/検討されている。そんななか注目されているのが、企業間取引を支援するEDI/FAX統合サーバー「Biware EDI Station 2」だ。

業務アプリケーション

現在進行形でRPA導入プロジェクトに挑む楽天が率直に語った「実体験」

現在進行形でRPA導入プロジェクトに挑む楽天が率直に語った「実体験」

Blue Prismは2月27日、「RPA・デジタルワークフォースカンファレンス2019」を都内にて開催した。経営層はもとより、業務部門/IT部門、バックオフィス部門まで、RPA導入に関心を抱く全ての層を対象にした同カンファレンスでは、Blue Prismが考えるRPA活用のあるべき姿が語られたほか、RPA導入に取り組む企業の事例が多数紹介された。そのなかから本稿では、2017年からRPA導入の検討を開始し、2018年4月~12月で100個超のロボットを開発、現在進行系で取り組みを進める楽天の事例講演の模様をレポートする。

ソリューション

リクルートのRPA導入で苦労したこと、うまくいったこと

リクルートのRPA導入で苦労したこと、うまくいったこと

近年、人手不足を背景にRPAへの期待が高まっている。RPAが向いているシーン、向いていないシーンが存在するなか、導入責任者は何を基準に判断するべきだろうか。今回、リクルートの業務部門と調整しながらRPAの導入を推進してきた野川 幸毅氏と赤塚 諭氏にお話を伺った。

ソリューション

RPAは大規模活用まで織り込んだツール選定が重要

【特別企画】RPAは大規模活用まで織り込んだツール選定が重要

現在、RPA(ロボットによる業務の自動化)へ投資している日本企業は全体の46%、今後12カ月以内に投資を検討している企業は51%にのぼるという。そうした情報システム部門や現場の方の悩みは「どのツールを導入するのが最適なのか?」だろう。

業務アプリケーション

茨城県が挑戦したRPA導入! 自治体が変わるために必要なコト

茨城県が挑戦したRPA導入! 自治体が変わるために必要なコト

1月30日、RPAソリューションを提供するUiPath社は「UiPathForward Japan 2019」を開催し、来場者と共に多くの導入事例を共有した。本稿では、茨城県知事 大井川和彦氏の講演「茨城県庁とグローバルIT企業のRPA活用における業務改革への挑戦」の内容から、茨城県がRPA導入の実証実験から得られた成果について紹介する。

ソリューション

KDDIが挑んだ「現場主導」のRPA導入 - 必須事項は「教育」と「体制整備」

KDDIが挑んだ「現場主導」のRPA導入 - 必須事項は「教育」と「体制整備」

UiPath社は1月30日、年次カンファレンス「UiPathFoward Japan 2019」を開催した。本稿では「現場を輝かせるEUC開発」と題した講演に登壇したKDDIの近藤裕司氏(技術統括本部 運用本部 運用システム開発部 iProvi開発グループ グループリーダー)の話から、RPA導入アプローチに利用者自身がロボットを開発することを選択した企業の取り組みを紹介する。

ソリューション

損保ジャパン日本興亜の業務改革! RPAの積極導入で得た価値創出時間

損保ジャパン日本興亜の業務改革! RPAの積極導入で得た価値創出時間

RPAソリューションを提供するUiPathは1月30日、年次ユーザーカンファレンス「UiPathFoward Japan 2019」を開催した。本稿では、損保ジャパン日本興亜 業務改革推進部 リーダーの齋藤隆史氏が登壇した講演「損保ジャパン日本興亜におけるRPA活用」から、同社がどのように業務改革を進めているかについてレポートする。

ソリューション

日立製作所が取り組む働き方改革 - 実現を目指す「3つの姿」

日立製作所が取り組む働き方改革 - 実現を目指す「3つの姿」

ガートナー ジャパンは11月12日~14日、年次カンファレンス「Gartner Symposium/ITxpo 2018」を開催した。本稿では、日立製作所 働き方改革ソリューション推進本部 部長 荒井達郎氏による講演「働き方改革で取り組むべき真の課題」の模様をレポートする。

ソリューション

AI時代の労働はこう変わる! -「働かなくていい時代の働き方」とは?

AI時代の労働はこう変わる! -「働かなくていい時代の働き方」とは?

11月22日に開催された「RPA DIGITAL WORLD 2018」では、基調講演に幻冬舎の編集者で実業家の箕輪 厚介氏、XEED代表/経営コンサルタントの波頭 亮氏、浄土宗善立寺副住職で寺院デジタル化エバンジェリストの小路 竜嗣氏という個性豊かな3名が登壇。ベーシックインカムとロボットAI時代における働き方について、パネルディスカッションを行った。

ソリューション

RPAの「先」にあるもの

【連載】はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは? [6] RPAの「先」にあるもの

前回は、RPAの業務継続性を検討する上で網羅すべき観点について説明しました。RPAが停止する原因の大半はアプリケーションエラーであること、RPAにおいては数分程度のダウンタイムが許容されない状況はほとんど発生せず、待機用のマシンを用意しておけば十分なことなどをお伝えしました。最終回となる今回は、RPAの今後について考えてみます。

ソリューション

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

現在、多くの企業がRPA(Robotic Process Automation)の導入に動き始めている。11月12~14日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」の最終日、ガートナー シニア ディレクター アナリスト 阿部恵史氏による講演「CIOが知るべきRPAの現実と導入成功への戦略」が行われた。

業務アプリケーション

実績が証明するRPAの実力 - レガシーな日本企業にもたらす可能性とは?

実績が証明するRPAの実力 - レガシーな日本企業にもたらす可能性とは?

NTTコミュニケーションズが10月4日、5日に開催した年次カンファレンス「NTT Communications Forum 2018」では、NTTアドバンステクノロジ 代表取締役社長 木村丈治氏が登壇。「AI・ロボティクスによるITシステムの変革」と題し、同社が提供するRPAツール「WinActor」を紹介すると共に、業務改善のポイントについて語った。

業務アプリケーション

RPAは止まるのが前提!?

【連載】はじめてのRPA導入 - 真の有効活用の指針とは? [5] RPAは止まるのが前提!?

前回は、RPAを適用すべき業務エリアの正しい選び方について説明しました。RPAプロジェクト成功には、「業務分析の実施」「業務プロセスの見直し」「プロジェクトのガバナンス確保」の3つの要素が必要であることをお伝えしました。5回目となる今回は、RPAの業務継続性に対する考え方について解説します。

ソリューション

本格的な人手不足に備えよ! 柱となるのは「デジタルワークフォース」

本格的な人手不足に備えよ! 柱となるのは「デジタルワークフォース」

10月4日、アイ・ティ・アールは「ポスト2020を見据えた持続的成長のシナリオ」をテーマに掲げた年次カンファレンス「IT Trend 2018」を開催した。本稿では、同社 取締役/シニア・アナリスト 舘野真人氏の講演「デジタルワークフォース活用のビジョンと戦略」で解説された内容と、ITエグゼクティブに向けて語られた提言を紹介する。

ソリューション

33 件中 1~20件目を表示中

33 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る