マイナビニュースマイナビ

「講演レポート」関連記事一覧

820 件中 801~820件目を表示中

標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

【特別企画】標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る! ネットワーク次世代技術総覧セミナー」と題したそのセミナーでは「標的型攻撃の現状と必要な対策」について、次世代セキュリティ技術の専門メーカーであるファイア・アイ株式会社の橋本賢一郎氏が、実際の標的型攻撃をデモで紹介しながら、その対策を熱く語った。

セキュリティ

次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

【特別企画】次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る!ネットワーク次世代技術総覧セミナー」において行われた、A10ネットワークスによる「次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション」では、最新のADC技術を検証することによって、次世代ADCが目指す方向性を浮き彫りにした。

ネットワーク機器

諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

【特別企画】諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

国産汎用機からの脱却、レガシーマイグレーションを滞りなく成功させるには、もちろん綿密な計画や準備が欠かせない。異なるプラットフォームへと移行するのだから、これは当然のことだ。

ソリューション

レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

【特別企画】レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

国産汎用機をなかなか手放せないという真情はわかるが、その「レガシー」をいつまでも使い続けていられるだろうか。まさか「オープンプラットフォームの時代と言われるようになってからも久しく使い続けてこられたのだから、今後もまだ大丈夫」などと楽観的な希望を抱き、そこに安住してはいないだろうか。

ソリューション

レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

【特別企画】レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

オープンプラットフォームが企業の基幹系にも採用されるようになったのは、もう10年以上も前のことだ。しかし、日本国内のITユーザーを見渡せば、少なからぬ数の企業が国産汎用機を「レガシー」として今でも使い続けている。このレガシーシステムに対して、エンドユーザーはどのように考えているのだろうか。

ソリューション

実店舗の強みを生かしたECで、書店の未来を切り拓く──HON、工藤氏

【特別企画】実店舗の強みを生かしたECで、書店の未来を切り拓く──HON、工藤氏

10月24日に都内で開催されたセミナー「実践企業トップが語る! O2O最前線セミナー」の基調講演に登壇したのは、HONの代表取締役社長、工藤淳也氏だ。同氏は、「Amazonの一人勝ちにはさせない、ジュンク堂のネット戦略と書店の未来」というテーマを掲げ、Eコマース、店舗、物流といった小売のインフラすべてを改革し、新しいO2Oのかたちを生み出した丸善&ジュンク堂ネットストアの取り組みを紹介。実店舗を持つことの強みを生かしたECの可能性を示した。

Webサイト構築

国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

【特別企画】国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、ウルシステムズ 主席コンサルタント、桜井賢一氏が「まだ間に合う!? 構築事例に学ぶリアルタイム・ビッグデータの世界」と題してセッションを行った。そこでは、同社が手がけたリアルタイム・ビッグデータの取り組み事例を踏まえ、その成功のポイントとともに今後のさまざまな可能性が示された。

データ分析

リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏

【特別企画】リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォーメション・マネジメント事業部 ビッグデータ/DWHソリューションズ 上級ITスペシャリストの野嵜 功氏が登壇。「ストリーム・コンピューティングの可能性 ~データを分析するコンピュータから空気を読むコンピュータへ~」と題するこのセッションでは、従来のビッグデータをもう一歩進めたリアルタイム・ビッグデータの可能性が示された。

データ分析

「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

【特別企画】「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

9/27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の基調講演に登壇したのは、「会社を変える分析の力(講談社現代新書)」の著者、大阪ガスのビジネスアナリシスセンター所長、河本薫氏。同氏は、「会社を変える分析の力」というテーマのもと、大阪ガスのデータ分析にかかわるこれまでの取り組み内容や、優れたデータ分析者に求められる資質などについて持論を展開した。

データ分析

高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

【特別企画】高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

9月27日、東京都千代田区のマイナビルームにて『今そこにある危機を具体的に洗い出し、対策をまとめて解説! ネットワーク・セキュリティ・インフラの全貌』と題したセミナーが開催された。セミナーの後半では、F5ネットワークスジャパン シニアソリューションマーケティングマネージャの帆士敏博氏が登壇。「外部攻撃対策」「BYOD」「ハイブリッドクラウド認証」という3つのテーマに基づくソリューションを紹介した。

セキュリティ

なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか

【特別企画】なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか

オープン系システムが当然のように使われるようになった最近では、「レガシーマイグレーション」という言葉を耳にする機会も以前と比べてかなり少なくなった。とはいえ、いままさに国産汎用機から新たな環境にいかに移行すべきか悩んでいる企業も多いのではないだろうか。とりわけ中堅企業の場合、コストや人員、そして時間の制約もあり、長年使い続けてきた国産汎用機をベースとした業務システムを一度捨て去り、オープン系システム上に再構築するというのは、かなり勇気がいることだろう。

ソリューション

企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

【特別企画】企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

3月12日に開催されたセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対処すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」では、企業が晒される脅威について各分野のエキスパートが解説。実践的な対処方法も紹介された。この中で、特にウェブサイトのセキュリティについて語ったのは、日本ベリサイン SSL製品本部 SSLプロダクトマーケティング部 上席部長である安達徹也氏だ。

セキュリティ

メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

【特別企画】メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

3月12日に開催されたセキュリティセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」において、サイバーソリューションズ 代表取締役社長である秋田健太郎氏は「現場が求める真のメールセキュリティは何だ!?」と題した講演を行った。企業が行うべきセキュリティ対策について各分野のエキスパートが語るセミナーにおいて、秋田氏は各種メールソリューションを企業に提供する立場から、セキュアなメール環境を構築するために本当に必要な心構えについて語った。

セキュリティ

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

【特別企画】便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題したセミナーが3月12日に開催された。最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートが語るセミナーで、パロアルトネットワークス マーケティング部長である菅原継顕氏は「モダンマルウェアの脅威と対策~脅威はアプリケーションからやってくる~」と題した講演を行った。

セキュリティ

次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

【特別企画】次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

「次の10年に必要な企業のIT基盤」を提供すべく日本IBMが2012年に発表したのが、同社がエキスパート・インテグレーテッド・システムと呼ぶ製品ファミリー「IBM PureSystems」である。ここではマルチハイパーバイザ環境に代表される高度な仮想化/クラウド活用を支えるIaaS基盤「IBM PureFlex System」の特徴とアドバンテージが示された。

サーバ/ストレージ

マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

【特別企画】マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」の活用に注目が集まっている。IBMが提案するのは、同仮想化基盤への移行に加えて、VMwareなど既存の仮想化環境と共存させて仮想マシンの可用性向上やDR(災害対策)システムの構築などを図る「マルチハイパーバイザ」環境である。

仮想化

「RHEV 3.1」が実現するコスト削減と経営課題解決

【特別企画】「RHEV 3.1」が実現するコスト削減と経営課題解決

Linuxディストリビューターとしての長年の実績を基に、現在はオープンソースの仮想化ソフトウェアにも注力するレッドハット。同社が提供するオープンソースの仮想化ソリューション「Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)」の特徴と、導入/移行で得られるメリットが紹介された。

仮想化

仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

【特別企画】仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げる中で、ビジネスニーズに即したシステム基盤をいかにして構築・活用していくかのポイントが示された。

仮想化

インメモリ連想技術を備えたQLIKVIEWが実現する「解の探索」とは

【特別企画】インメモリ連想技術を備えたQLIKVIEWが実現する「解の探索」とは

日々蓄積される膨大なデータの中から、ビジネス向上につながる情報をいかにして発見・抽出し価値につなげていけるか――。この成否によって企業の経営は大きく変わってくる。去る12月20日に開催された「売上・反応アップに効くBI導入事例セミナー」(主催:マイナビ/協賛:クリックテック・ジャパン)では、クリックテック・ジャパン マーケティングマネージャー 安部知雄氏が登壇。独自のインメモリ連想技術によって従来のBIツールではなしえなかった「関連性の見える化」を可能にする同社のBIソリューション「QlikView」の紹介を中心に、データへの精緻な分析で企業経営がどのように変革していくのかについて解説した。

データ分析

キッチンウェアのル・クルーゼ、人気の秘密は緻密なデータ分析にあり

【特別企画】キッチンウェアのル・クルーゼ、人気の秘密は緻密なデータ分析にあり

実用性とデザインの美しさを兼ね備えたキッチンウェアで知られるル・クルーゼ(Le Creuset)。フランス伝統のブランドが日本でも若い世代を中心に絶大な支持を集めるに至った"勝因"の1つに、緻密なデータ分析から導き出した独自の販売戦略がある。去る12月20日に開催された「売上・反応アップに効くBI導入事例セミナー」(主催:マイナビ/協賛:クリックテック・ジャパン)に登壇した仏ル・クルーゼ アジア IT ディレクターのダニエル・トラスク氏は、氏が主導した同社日本法人におけるBIプロジェクトの詳細を語った。

データ分析

820 件中 801~820件目を表示中

820 件中 801~820件目を表示中

ページの先頭に戻る