マイナビニュースマイナビ

「講演レポート」関連記事一覧

820 件中 61~80件目を表示中

コロナ禍対応から生産性向上へ - キッコーマンの働き方改革が目指すもの

コロナ禍対応から生産性向上へ - キッコーマンの働き方改革が目指すもの

4月22日に開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業務改革Day 2021 Apr.」で、キッコーマン 人事部 常務執行役員 CHO 人事部長 松﨑毅氏は、同社の働き方改革について「制度の活用は進展したが、人事/労務管理対応、そして今後はいかに生産性向上に結び付けていくかが大きな課題」と現状を説明。これまでの施策や展望を紹介した。

ソリューション

ジョブ型雇用の時代、総務部に期待される「思考」と「行動」とは

ジョブ型雇用の時代、総務部に期待される「思考」と「行動」とは

コロナ禍をきっかけに、働く場所や時間、タイミングなど、業務を遂行する上でのさまざまな選択権限が組織から個人へシフトした。これにより、ジョブ型の就業制度への注目度も高まっている。こうした流れの中、社内の人材をサポートする総務部は、どのような考え方の下、何をすべきなのだろうか。

ソリューション

女性登用の先駆者・アフラックが取り組むダイバーシティ推進と働き方改革

女性登用の先駆者・アフラックが取り組むダイバーシティ推進と働き方改革

1974年に米国から日本へ進出し、日本で初めてがん保険の提供を開始したアフラック。日本での創業50周年を迎える2024年に向けて「Aflac VISION2024」を掲げ、「生きる」を創るリーディングカンパニーへの飛躍を目指す。そのために同社が取り組んでいるのが、ダイバーシティ推進と、働き方改革に向けた「アフラック Work SMART」だ。

ソリューション

今こそ「真の働き方改革」を - ポイントは社員と企業のエンゲージメント

今こそ「真の働き方改革」を - ポイントは社員と企業のエンゲージメント

真の働き方改革は、社員と会社の双方に意義がある。その成果となる生産性の向上を、社員は生活の質改善、企業は収益向上で分かち合い、両者はエンゲージメントの向上で結ばれる――GEや住生活グループ(現・LIXILグループ)で長年人事を担当してきたpeople first 代表取締役 八木洋介氏は、こう語る。4月22日に開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業務改革Day 2021 Apr.」で八木氏は、コロナ禍で炙り出されたビジネス上の課題を踏まえながら、バックオフィス部門がなすべきことについて問題提起した。

ソリューション

生協の宅配はDXでどう変わるのか? 国内最大級の消費者組織の取り組み

生協の宅配はDXでどう変わるのか? 国内最大級の消費者組織の取り組み

日本生活協同組合連合会(以下、日本生協連)は4月13日、2020年度業績報告とコロナ禍における社会的取り組み、生協のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する「DX-CO・OPプロジェクト」などに関する記者発表会を実施した。

ソリューション

強いチームに必要な「3つの要素」とは何か? 変化に打ち勝つ組織のつくり方

強いチームに必要な「3つの要素」とは何か? 変化に打ち勝つ組織のつくり方

2月25日に開催されたマイナビニュースフォーラム「働き方改革Day 2021 Feb. ニューノーマルのマネジメント、変化を生き抜く個人と組織のあり方」では、クロスリバー 代表/キャスター Caster Anywhere 事業責任者 越川慎司氏と、サイバーエージェント 常務執行役員 CHO 曽山哲人氏が、変化に打ち勝つ強いチームをつくるために必要な3つの要素について対談した。

ソリューション

なぜ「DX or Die」なのか? - SOMPOが本気で挑むDXの意義と展望

なぜ「DX or Die」なのか? - SOMPOが本気で挑むDXの意義と展望

SOMPOホールディングスは今、大きな変革の時を迎えている。変革を主導するのはグループCDO 執行役常務の楢﨑浩一氏だ。同氏は「DX or Die」というフレーズを掲げ、SOMPOホールディングスのDXを強力に推進している。2月15日に開催されたWebセミナー「withコロナの成長に向けたデジタライゼーションと経営」に登壇した楢﨑氏は、SOMPOホールディングスにおけるDXの意義と展望について語った。

ソリューション

【対談】なぜ古い体質の大企業がDXを実現できたのか - 楠木建氏×楢﨑浩一氏

【対談】なぜ古い体質の大企業がDXを実現できたのか - 楠木建氏×楢﨑浩一氏

デジタルによる組織やビジネスモデルの革新をDXと呼ぶ。ここ数年、耳にすることが増えたキーワードだが、さまざまな因習にとらわれて実践に移せない企業も多い。そんな中、保険という古い体質の業界でDXを強力に推進しているのがSOMPOホールディングスだ。2月15日に開催されたWebセミナーでは、同社のDXを推進するグループCDO 執行役常務の楢﨑浩一氏と、一橋ビジネススクール 教授 楠木建氏による対談が実施された。

ソリューション

ジョブ型人事に後継者育成、自律的成長......人材戦略から考えるカゴメの制度改革

ジョブ型人事に後継者育成、自律的成長......人材戦略から考えるカゴメの制度改革

2月25日に開催された「マイナビニュースフォーラム 働き方改革 Day 2021 Feb.」では、「ニューノーマルのマネジメント、変化を生き抜く個人と組織のあり方」をテーマに掲げ、変化に対応して成果を出し続ける組織の構築方法や成功のコツについて、有識者による講演が多数繰り広げられた。本稿では、カゴメ 常務執行役員CHOの有沢正人氏が登壇した特別講演の模様をレポートする。

ソリューション

「出社する必要がない会社」のつくり方 - テレワーク成功企業が語る"秘訣"

「出社する必要がない会社」のつくり方 - テレワーク成功企業が語る"秘訣"

ワーキングスタイルとして「SAWS(Six Apart Working Style)」を策定し、テレワーク導入を進めたシックス・アパート。その結果、厚生労働省による「輝くテレワーク賞」など多くの賞を獲得したテレワーク成功企業の1つだ。同社の従業員は30名だが、「人数が少ないから成功できたのではない。大企業でもテレワークはできる」と代表取締役 古賀早氏は断言する。

ソリューション

リモートワークは"武器"になる - 日本MS 西脇氏が考える、ニューノーマル時代の働き方

リモートワークは"武器"になる - 日本MS 西脇氏が考える、ニューノーマル時代の働き方

時代の変化に合わせて常に働く場所やコミュニケーションツールを見直してきたリモートワークの先駆者は、ニューノーマル時代における働き方や組織づくりをどう見ているのだろうか。2月25日に開催されたマイナビニュースフォーラム「働き方改革Day 2021 Feb. ニューノーマルのマネジメント」にて、日本マイクロソフト エバンジェリスト・業務執行役員 西脇資哲氏が解説した。

ソリューション

三菱ケミカルの人事制度改革は、どうやって社内の理解を獲得してきたか?

三菱ケミカルの人事制度改革は、どうやって社内の理解を獲得してきたか?

2月25日に開催されたマイナビニュースフォーラム「働き方改革Day 2021 Feb. ニューノーマルのマネジメント、変化を生き抜く個人と組織のあり方」では、三菱ケミカル 取締役 常務執行役員 総務部・広報部・人事部 所管 中田るみ子氏が、同社の人事制度改革に関するこれまでの取り組みについて紹介した。

ソリューション

"同時代性の罠"を見破れ! -『逆・タイムマシン経営論』著者が語る本質の見極め方

"同時代性の罠"を見破れ! -『逆・タイムマシン経営論』著者が語る本質の見極め方

ソフトバンクの孫正義氏が命名したとされる経営手法「タイムマシン経営」。このタイムマシン経営に対して、「逆・タイムマシン経営」を提唱するのが、一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授の楠木建氏だ。2月15日に開催されたWebセミナー「withコロナの成長に向けたデジタライゼーションと経営」では、この楠木氏が基調講演に登壇し、逆・タイムマシン経営論について解説した。

ソリューション

デジタル活用で企業改革を進めるカインズ - ポイントは「成功体験を捨てる」こと

デジタル活用で企業改革を進めるカインズ - ポイントは「成功体験を捨てる」こと

2月12日に開催されたリテールガイド×マイナビニュース共催セミナー「リテールDX 2021 - どのようにデジタル活用して『事業改革を進める』べきか?」では、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推し進めるカインズの代表取締役社長 高家正行氏が、小売流通業界向け情報サイト『リテールガイド』編集長/リテール総合研究所 代表取締役 竹下浩一郎氏を聞き手に、自社の取り組みについて紹介した。

マーケティング

「やらないのはリスク」- ローカルビジネスを成功させる情報発信の秘訣

「やらないのはリスク」- ローカルビジネスを成功させる情報発信の秘訣

決まった地域商圏内に顧客が存在するローカルビジネスにおいて、何より重要なのは「その商圏内で選ばれる」ことだ。選ばれるには日頃からの顧客とのコミュニケーションが欠かせないものの、時間や予算、人材などのコストは有限だ。2月2日に開催された「ローカルビジネスカンファレンス2021」では、ローカルビジネスにおけるコミュニケーションに焦点を当てた解説が行われた。

ソリューション

「おせちのイメージ」から脱却せよ! 鈴廣かまぼこが取り組むDX施策

「おせちのイメージ」から脱却せよ! 鈴廣かまぼこが取り組むDX施策

150年以上の歴史を持つ鈴廣かまぼこだが、老舗ゆえの課題も抱えている。それは、顧客の老齢化だ。さらにコロナ禍が重なったこともあり、同社は将来への危機感を募らせていたという。2月2日に開催された「ローカルビジネスカンファレンス 2021」では、鈴廣蒲鉾本店 デジタルマーケティング推進担当部長 松井孝成が登壇。次の時代を見据えて取り組んだDX施策について解説を行った。

ソリューション

特定社労士が解説! 新しい働き方に合わせた労務管理スタイル

特定社労士が解説! 新しい働き方に合わせた労務管理スタイル

この1年の間に新型コロナ感染症対策としてリモートワークが急激に普及し、人々の働き方には大きな変化があった。これからの働き方を考える上では、どのような労務管理が必要なのだろうか。2月3日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「労務管理が支える『働き方改革』適応法~New Normal時代の労務対応~」にて、特定社会保険労務士である社会保険労務士法人スマイング 代表社員 成澤紀美氏が解説した。

ソリューション

大成建設の田辺氏が語る、「今の建設テックに足りない大切なこと」

大成建設の田辺氏が語る、「今の建設テックに足りない大切なこと」

2000年代に急激な進化を果たしたIT技術と、それを可能にした発想と思想を私たちはどれだけ理解できているだろうか。「この15年の変化を消化せずに未来を作ろうとすると、最新技術を使って1990年代のOA化と同じやり方をしてしまう」と語るのは、大成建設 建築本部建築部企画室ICT業務改革推進担当チームリーダ 田辺要平氏だ。

ソリューション

横河電機CMOが語る、VUCA時代のデジタルセールス&マーケティングの在り方

横河電機CMOが語る、VUCA時代のデジタルセールス&マーケティングの在り方

VUCAの時代に新型コロナウィルス感染症の影響が加わり変化が加速するなか、BtoBビジネスにおいても営業スタイルやマーケティングの在り方が大きな変曲点を迎えている。特に日本固有の商習慣やモノ作りに最適化した組織で事業を続けている企業は、この変化を受け入れるための改革が急務だ。そのためにやるべきは、「マーケティングの重要性を認知し、強化すること」だと横河電機 マーケティング本部 常務執行役員 マーケティング本部 本部長兼 CMO 阿部剛士氏はいう。

マーケティング

ワークライフバランスの先駆者が語る、ニューノーマル時代とその仕事術

ワークライフバランスの先駆者が語る、ニューノーマル時代とその仕事術

新型コロナウイルスが社会に大きな混乱を与え、各企業がDXを進めるなか、雇用や働き方はどう変わるのか。コロナ禍以前から家族の介護に追われながらも、東レにて破綻会社の再建やさまざまな事業改革に取り組み、取締役、東レ経営研究所社長を歴任するなど高い成果を上げてきた佐々木常夫氏が、マイナビニューススペシャルセミナーにてニューノーマル時代の仕事術について解説した。

ソリューション

820 件中 61~80件目を表示中

820 件中 61~80件目を表示中

ページの先頭に戻る