マイナビニュースマイナビ

「ビッグデータ」関連記事一覧

202 件中 141~160件目を表示中

なぜ今、IoTが注目されているの? (後編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [5] なぜ今、IoTが注目されているの? (後編)

今IoT(Internet of Things)が注目される2つの理由を理解したまさこさん、「それって、ビッグデータにも関係してくるのでは?」と、いいところに気がついたようです。

クラウド

なぜ今、IoTが注目されているの? (中編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [4] なぜ今、IoTが注目されているの? (中編)

技術の進歩によって環境が整った今だからこそ、「あらゆる情報」をコンピュータに接続するIoTの世界が現実的になったことに納得した2人。「じゃあ、今IoTが注目されているのは新技術がすごいから? 」と思いきや、本質は技術的なことではないとハナちゃんは言っています。

ソリューション

[講演レポート提供]野球界を変えたデータ分析手法「セイバーメトリクス」 - 専門家が語る、勝つために必要な観点

[講演レポート提供]野球界を変えたデータ分析手法「セイバーメトリクス」 - 専門家が語る、勝つために必要な観点

第9回マイナビスペシャルセミナーでは、データに基づく野球の構造・戦略分析活動に取り組む岡田 友輔氏が登壇。野球界を"変えた"と言われる分析手法「セイバーメトリクス」について説明するとともに、分析結果を最大限に活かすための取り組みについて、具体的な事例を交えた解説が繰り広げられた。

データ分析

データ分析、3つの成功パターンとは? - ガートナー 情報活用サミット

データ分析、3つの成功パターンとは? - ガートナー 情報活用サミット

ガートナージャパンは5月24日~25日、年次イベント「ガートナー ビジネス・インテリジェンス、アナリティクス&情報活用 サミット2016」を開催した。同社のリサーチ マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏によるセッション「データ分析をビジネスにつなげる組織の実際」では、データ分析によってビジネス上の成果を得るために押さえるべきポイントについて、事例を交えた解説が繰り広げられた。

データ分析

セキュアなIoTドローンが飛ぶ! 次世代Javaの世界観が示されたJava Day Tokyo 2016

セキュアなIoTドローンが飛ぶ! 次世代Javaの世界観が示されたJava Day Tokyo 2016

5月24日、Javaをテーマにした国内最大級のカンファレンス「Java Day Tokyo 2016」が東京都品川区の東京マリオットホテルで開催された。米OracleでJava SE/ME 開発部門 シニア・ディレクターを務めるBernard Traversat氏や、Java EE エバンジェリストのDavid Delabassee氏をはじめ、国内外の著名エンジニアが集い、Javaの最新技術が披露された。

開発ソフトウェア

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは?  - 第5回IoT/M2M展 春

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは? - 第5回IoT/M2M展 春

5月11~13日に開催された「第5回IoT/M2M展 春」。その専門セミナーに、アビームコンサルティング 製造ビジネスユニット 執行役員 プリンシパルの永井善彦氏が登壇し、「今、IoTはどうなっているのか? ~海外・国内におけるIoTビジネスモデル変革の現状と今後の課題~」と題する講演を行った。本レポートでは、その内容をダイジェストでお届けする。

クラウド

分析の上流コンサルティングにも注力! Teradataが事業戦略を発表

分析の上流コンサルティングにも注力! Teradataが事業戦略を発表

日本テラデータは5月19日、同社の事業戦略を発表した。新製品・サービスを下半期より提供するほか、30年以上にわたって提供してきたDWH・分析ソリューションのナレッジを活かし、上流工程のコンサルティングサービスも展開していく。

データ分析

なぜ今、IoTが注目されているの? (前編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [3] なぜ今、IoTが注目されているの? (前編)

ここは、中堅出版社マイマイ出版の情報システム部。まさこさんは、部長から来期のIT事業計画に「IoT」というキーワードを入れて作るように指示されて、何だか困っているみたいです。

ソリューション

企業経営の考えが変わる!? - セルフサービスBIに注目せよ

【特別企画】企業経営の考えが変わる!? - セルフサービスBIに注目せよ

ビジネス環境が劇的に変化する中、市場のニーズを正しく把握し、一歩先んじた手を打つことが強く求められている。そんな中、経営層を中心に関心が高まっているのは、データ分析作業だ。その中でも、とりわけ注目を集めるのがTableau Japanの「セルフサービスBI」だ。マジック・クアドラントで4年連続リーダーに選ばれるその理由を探った。

データ分析

ストーリーに乗せたエクスペリエンスこそすべて - Adobe Forum基調講演

ストーリーに乗せたエクスペリエンスこそすべて - Adobe Forum基調講演

アドビシステムズは27日、カスタマー・エクスペリエンスに関するカンファレンス「Adobe Marketing Cloud Customer Experience Forum 2016」を都内で開催した。当日はAdobe製品担当者やパートナー企業によるセッションが行われ、デジタル時代のカスタマー・エクスペリエンスに関する取り組み事例が多数紹介された。本稿では基調講演の模様をレポートする。

マーケティング

京大病院がんセンターのデータ解析事例に見る予測医療と個別化医療の可能性

京大病院がんセンターのデータ解析事例に見る予測医療と個別化医療の可能性

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、「ビッグデータからの予測医療と個別化医療」と題した講演に、京都大学大学院医学研究科 臨床システム腫瘍学 特定教授の奥野恭史氏が登壇。京大病院がんセンターにおけるビッグデータの解析事例を紹介しながら、予測医療と個別化医療の可能性について言及した。

データ分析

IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の溝上敏文氏が登壇。「Watsonと医療の世界」と題されたセッションでは、IBMがAI技術を用いて医療の世界にどう貢献していくのかが語られた。

データ分析

Fintech戦略で企業がすべきこと - MFクラウドExpo2016

Fintech戦略で企業がすべきこと - MFクラウドExpo2016

マネーフォワードは4月21日、クラウドビジネスに取り組む企業が集う年次イベント「MFクラウドExpo2016」を開催した。本稿では、満員御礼となったマネーフォワード 取締役 Fintech研究所長 瀧 俊雄氏による講演「2016年度のFintech戦略」の模様をお届けする。

クラウド

30万人を擁する日立グループの人財部門は、なぜBIツールを導入したのか!?

【特別企画】30万人を擁する日立グループの人財部門は、なぜBIツールを導入したのか!?

株式会社 日立製作所は、海外拠点を含めたグループ会社数は約900社、社員数約30万人の日本有数の規模を持つ企業だ。同社は、グローバルな人事情報共有のために人財データベースの分析を行っているが、当時使用していたツールは、IT部門がスクラッチで構築したもので、分析面での機能が人事管理部門の求めるレベルに達していないという課題があり、今回、レポーティング・ダッシュボード・分析など、多彩な機能を持つビジネスインテリジェンス(BI)を新たに導入した。

データ分析

Androidの父が語るAIとロボット工学がもたらす近未来-新経済サミット2016

Androidの父が語るAIとロボット工学がもたらす近未来-新経済サミット2016

新経済連盟は4月7日、8日、グローバルカンファレンス「新経済サミット2016」を開催した。2013年の初開催から数え、3回目の開催となる同カンファレンスには、今年も世界の新経済/産業を牽引する多くの起業家やイノベーターが集結し、金融やIT、医療などさまざまなテーマで活発な議論を交わした。本稿では、8日に行われた"Androidの父"アンディ・ルービン氏による基調講演の模様をお届けする。

クラウド

「ソーシャルICT革命」を目指し、組織体制を強化 - NICTが新中長期計画を発表

「ソーシャルICT革命」を目指し、組織体制を強化 - NICTが新中長期計画を発表

NICT(情報通信研究機構)は4月6日、第4期中長期計画を発表した。新計画は、平成28年度から5年間を視野に入れた活動方針をまとめたもので「戦略的研究開発の強化」、「オープンイノベーションの拠点機能強化」、「グローバル展開の強化」の3つの柱で構成される。

ソリューション

「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(後編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [2] 「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(後編)

前回、ハナちゃんから「『ビッグデータ』とは、他の普通のデータと同じ処理方式では扱いきれないデータのこと」と聞き、少しビッグデータのことがわかりかけてきたまさこさん。でも今度は、新しい疑問が湧いてきたようです。

ソリューション

「ビッグデータは最優先事項」が約2倍に、セルフサービスBIにおける調査レポートを発表 - ITR

【特別企画】「ビッグデータは最優先事項」が約2倍に、セルフサービスBIにおける調査レポートを発表 - ITR

企業の意思決定を支えるBIツール。ここ数年、従来型BIツールに比べて操作性とデータの視覚化を重視した「セルフサービスBIツール」という製品が話題となっている。従来型BIツールとセルフサービスBIツールの最も大きな違いは、データ分析の専門家やIT部門に頼らずに、利用者が自らデータ分析やレポートの作成が行える点である。

データ分析

「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(前編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [1] 「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(前編)

IT業界では日々、新しい用語が生まれています。それらの言葉の意味について、何となく"わかっているつもり"で過ごしてしまっていませんか? 本連載では、架空の情報システム部を舞台に、2人と1匹のドタバタトリオが曖昧になりがちなIT用語の正しい意味を探っていきます。

ソリューション

【インタビュー】 IoTの影響はERPにも! 「ポストモダンERP」でデジタルビジネス時代に備えよ - ガートナー 本好氏

【インタビュー】 IoTの影響はERPにも! 「ポストモダンERP」でデジタルビジネス時代に備えよ - ガートナー 本好氏

「ERPの分野では現在、"ポストモダンERP"と呼ばれる考え方が注目を浴びています。それは、"モダンERP"に位置づけられる従来のスイート型製品の課題を解決するべく登場している新しいERP像です」――ガートナー ジャパンの本好 宏次氏は、ERP市場の現状についてこのように語る。

業務アプリケーション

202 件中 141~160件目を表示中

202 件中 141~160件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る