マイナビニュースマイナビ

「ビッグデータ」関連記事一覧

202 件中 121~140件目を表示中

NEC、自社グループの基幹システムにSAP HANAを採用 - データ量を4分の1に [事例]

NEC、自社グループの基幹システムにSAP HANAを採用 - データ量を4分の1に [事例]

NECは9月13日、自社グループの基幹システムにSAPのインメモリデータベース「SAP HANA」を採用し、2016年5月より本番稼働を開始したと発表した。

仮想化

HRテクノロジー大賞の受賞企業が決定! - オラクル、日立、ワークデイなど20社

HRテクノロジー大賞の受賞企業が決定! - オラクル、日立、ワークデイなど20社

ProFutureは9月12日、「第1回 HRテクノロジー大賞」の受賞企業が決定し、10月4日に授与式を開催すると発表した。HRテクノロジー大賞は、日本のHRテクノロジーや人事ビッグデータ分析に関する優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化・発展に貢献することを目的として今年創設されたもの。審査は6つの審査評価基準に沿って行われ、応募総数49事例の中から、20事例が選出された。

ソリューション

コニカミノルタ、複合機事業にSASのビッグデータ分析ツールを導入 [事例]

コニカミノルタ、複合機事業にSASのビッグデータ分析ツールを導入 [事例]

SAS Institute Japanは8月30日、コニカミノルタジャパンがビッグデータ分析ツール「SAS Analytics」を導入したと発表した。

データ分析

DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較

【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 [3] DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較

連載の最終回となる本稿では、DWH(RDBMS)と新しいテクノロジーでもあるHadoopとの特徴について比較解説することにしたい。

データ分析

転換点を迎えるHadoop技術、調査で見えた「SanDisk InfiniFlash」という最適解

【特別企画】転換点を迎えるHadoop技術、調査で見えた「SanDisk InfiniFlash」という最適解

増加する構造化データや非構造化データから価値を抽出し、物事の本質を見抜くことは、今やさまざまな組織にとって欠かせないスキルだ。特にIoTをはじめとした、クラウドアプリケーションによって今までになくデータが増加しており、超巨大規模の効率的なビッグデータインフラストラクチャを実現する新技術が求められている。

サーバ/ストレージ

未来予測を可能にするデータ分析には何が必要か? - Adobe Data Driven Forum

未来予測を可能にするデータ分析には何が必要か? - Adobe Data Driven Forum

アドビ システムズは8月3日、「Adobe Marketing Cloud Data Driven Forum 2016」をJPタワーホール&カンファレンスにて開催した。同イベントでは、来日した米アドビのAdobe Analytics 担当シニア ディレクターや、パートナー企業各社が技術解説や事例紹介などさまざまなセッションを実施。ここでは、その中から「ここまで進化したAdobe Analytics & Marketing Cloud ~デジタル時代にもとめられるデータ基盤のすがた~」と題して行われた講演の内容をダイジェストでお届けする。

マーケティング

ソフトバンクがSanDisk InfiniFlashを採用 - SanDisk初の大容量オールフラッシュ[事例]

ソフトバンクがSanDisk InfiniFlashを採用 - SanDisk初の大容量オールフラッシュ[事例]

ウエスタンデジタルコーポレーションは8月16日、オールフラッシュストレージプラットフォーム「SanDisk InfiniFlash」がソフトバンクのソフトウェア・デファインド・ストレージ基盤に採用されたことを発表した。

サーバ/ストレージ

ANAがデジタルから目指す最高のおもてなし - Adobe Data Driven Forum

ANAがデジタルから目指す最高のおもてなし - Adobe Data Driven Forum

アドビ システムズが8月3日に開催した「Adobe Marketing Cloud Data Driven Forum 2016」では、有識者によるセッションが多数行われ、データ活用に向けた先進的な取り組みや顧客事例の数々が紹介された。本稿では、全日本空輸 マーケティング室 マーケットコミュニケーション部 デジタルマーケティングチーム アシスタントマネージャー 永山裕氏によるセッション「デジタルでも5つ星を目指して ~『おもてなし』を実現するためのデータドリブンマーケティング~」のもようをお届けする。

マーケティング

顧客体験至上主義の今、データは何を物語るのか? - Adobe Data Driven Forum

顧客体験至上主義の今、データは何を物語るのか? - Adobe Data Driven Forum

アドビ システムズは8月3日、「Adobe Marketing Cloud Data Driven Forum 2016」をJPタワーホール&カンファレンスにて開催した。本稿では、アドビシステムズ 代表取締役社長 佐分利ユージン氏と、米アドビシステムズ Adobe Analytics プロダクトマーケティング担当シニアディレクター、ジェフ・アレン氏によるKEYNOTEセッションのもようをお届けする。

マーケティング

新潟地方交通共済協同組合、ビッグデータを活用した情報サービスを導入 [事例]

新潟地方交通共済協同組合、ビッグデータを活用した情報サービスを導入 [事例]

富士通マーケティングと富士通交通・道路データサービス(FTRD)は8月10日、新潟地方交通共済協同組合に、道路利用団体向けのビッグデータ分析サービス「FUJITSU インテリジェントデータサービス 急ブレーキ多発地点情報提供サービス(急ブレーキ多発地点情報提供サービス)」を提供したと発表した。

データ分析

コーナーストーンAPAC責任者が語るタレントマネジメント成功の秘訣とは?

コーナーストーンAPAC責任者が語るタレントマネジメント成功の秘訣とは?

企業競争が激化する今、いずれの企業も優秀な人材の獲得や育成に日々、奔走していることだろう。企業規模や業種にかかわらず、人材活用に関する悩みは尽きないものだ。そこで今回は、世界191カ国の企業約2,670社にタレントマネジメントソリューション「コーナーストーン」を提供するコーナーストーンオンデマンドで日本とAPACのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるフランク・リッチャルディ氏に、日本企業がタレントマネジメントを成功させるために今、何をすべきなのかについて話を伺った。

業務アプリケーション

[講演レポート提供]IoT時代突入を前に、企業が意識すべき2つのポイントとは?

[講演レポート提供]IoT時代突入を前に、企業が意識すべき2つのポイントとは?

7月25日に開催された第16回マイナビニュース スペシャルセミナーでは、「勝てる! ビジネス戦略のススメ ~IoTから始まる"創造的破壊"を前に、企業は何をすべきか~」と題し、KPMGコンサルティングの原 宏治氏が登壇。豊富な経験と独自の調査結果を基に、これから激戦を迎えるビジネス市場で"勝てる企業"になるために必要な施策について解説がなされた。

ソリューション

[講演資料提供]IoT時代を前に学ぶべき「創造的破壊」の成功パターン - 戦略コンサルが明かす世界事例

[講演資料提供]IoT時代を前に学ぶべき「創造的破壊」の成功パターン - 戦略コンサルが明かす世界事例

マイナビニュース スペシャルセミナー 第16回 『勝てる! ビジネス戦略のススメ』では、KPMGコンサルティング 取締役の原 宏治 氏が登壇。製造業を中心に数多の企業の経営戦略立案に関わってきた原氏が、IoT時代の本格的到来を前に、破壊的イノベーターの戦略と自社での実践方法について解説した。

ソリューション

Hadoopの特徴と低コスト、高速性の秘密を知る

【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 [2] Hadoopの特徴と低コスト、高速性の秘密を知る

前回、ビッグデータが注目される理由と、新しいデータ活用基盤であるHadoopの必要性について解説した。続く本稿では、新しいテクノロジーであるHadoopとはどのようなものかについて言及することにする。Hadoopというと難しいモノと思われ、取っつきにくく思われる方も多いと思うが、実は理にかなっていて難しく無いことが理解できると思われる。

データ分析

OpenStack導入「成功の鍵」を握るのは? - OpenStack Days Tokyo

OpenStack導入「成功の鍵」を握るのは? - OpenStack Days Tokyo

7月6日、7日の2日間にわたって開催された「OpenStack Days Tokyo 2016」では、伊藤忠テクノソリューションズ クラウドイノベーションセンター エキスパートエンジニア、中島倫明氏とソリニア Senior Architectの東隆宏氏が、「OpenStackの導入を検討している方へ ~OpenStackの成功の秘訣と失敗談~」と題した講演を行った。

クラウド

ビッグデータが注目される理由と新しいデータ活用基盤の必要性

【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 [1] ビッグデータが注目される理由と新しいデータ活用基盤の必要性

世界中の企業がビッグデータ活用に心血を注いでいる。その理由をIT投資の見地から端的に言えば、ITの軸がユーザー部門の側へと大きくシフトしていることが挙げられる。すなわち、基幹系や業務系といった従来ながらのバックオフィスの仕事を支えるITから、直接"お金"を稼ぐ、業務効率を上げる、製品品質を向上させる、市場投入への時間を短縮させるといった攻めのITへと、IT投資の趨勢は変わってきているのである。

データ分析

具体的な取り組みは未だ10社に1社! IoTをいち早くビジネス化するためには?

【特別企画】具体的な取り組みは未だ10社に1社! IoTをいち早くビジネス化するためには?

今回マイナビニュースでは、15年以上にわたりBI事業を行うウイングアーク1stによる、IoTビジネス推進のポイントについて解説した資料を掲載している。IoTをビジネス化するための考え方や"リアルタイム"の情報を集めて見える化する方法について紹介しており、悩める担当者の助けとなるだろう。

データ分析

開発経験から学んだ、IoT/ビッグデータ/AI連携で必須のインフラ要件とは?

【特別企画】開発経験から学んだ、IoT/ビッグデータ/AI連携で必須のインフラ要件とは?

近年、IoTについて見聞きすることが増えている。この理由は、IoTに最適なデータ通信網やサービスの充実に加え、デバイスやセンサーの小型化・多様化、インダストリー4.0のような産学官連携での業界育成の動きなどが活発なためだ。一方でITインフラは、これらのIoTやビッグデータ、AIが登場する以前のIT環境への対応を前提としている。ビッグデータをどう活用するかといった問題以前に、大量データの処理と保存に課題を抱えているのが現実だ。では、IoT/ビッグデータ/AI連携時代のITインフラとは、どのような要件を備えているべきなのだろうか。

サーバ/ストレージ

変化を恐れず、積極的に自らを破壊せよ! - AWS Summit Tokyo

変化を恐れず、積極的に自らを破壊せよ! - AWS Summit Tokyo

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、6月1日から3日間にわたり、年次イベント「AWS Summit Tokyo 2016」を都内で開催。初日には、イベント初の「Enterprise Day」が開催され、AWSクラウドを利用している企業の事例などが披露された。

クラウド

パルコのIoTが捕らえた顧客行動のリアル - AWS Summit Tokyo

パルコのIoTが捕らえた顧客行動のリアル - AWS Summit Tokyo

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは6月1日から3日間にわたり、「AWS Summit Tokyo 2016」を開催した。同イベントはAWSクラウドに関するさまざまな事例、最新技術、活用方法を紹介する年次カンファレンス。会場では100を超えるセッションが実施され、AWSクラウドの最新動向が語られた。本稿では、3日目に行われた講演「PARCOが進めるIoTとデータ活用事例」をレポートする。

クラウド

202 件中 121~140件目を表示中

202 件中 121~140件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る