マイナビニュースマイナビ

「ビッグデータ」関連記事一覧

198 件中 61~80件目を表示中

SBIホールディングス、グループ全体のデータ管理基盤に「MapR」を採用 [事例]

SBIホールディングス、グループ全体のデータ管理基盤に「MapR」を採用 [事例]

マップアール・テクノロジーズは4月23日、SBIホールディングスがSBIグループ全体のデータ管理基盤に「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」(以下、MapR)を採用したと発表した。

データ分析

「Sensei」は優秀な仮想分析官 - Adobeの分析製品担当が語るAIのメリット

「Sensei」は優秀な仮想分析官 - Adobeの分析製品担当が語るAIのメリット

Adobe Systemsが、AIによる製品の差別化に注力している。では、同社のAIフレームワーク「Adobe Sensei」は、顧客データ分析においてどのような役割を担うのか。3月に米国で開催された年次カンファレンス「Adobe Summit 2018」にて、Adobe Analytics Cloudグループ製品マネジャー ベン・ゲインズ氏に話を聞いた。

マーケティング

[講演レポート提供]どうすれば観客は増えるのか? B.LEAGUEが挑むデジタルマーケティング戦略

[講演レポート提供]どうすれば観客は増えるのか? B.LEAGUEが挑むデジタルマーケティング戦略

第74回IT Search+スペシャルセミナーでは、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」躍進の立役者でもある事務局長の葦原一正氏が登壇。その成長を支えるデジタルマーケティングの実態とそこに至るまでの数々の挑戦について、スポーツ事業の実情を交えながら解説を繰り広げた。

マーケティング

圧倒的なCXを顧客に提供するためのビッグデータ活用のポイントは「共有」

圧倒的なCXを顧客に提供するためのビッグデータ活用のポイントは「共有」

2月19~20日に都内で開催されたガートナー ジャパン主催のイベント「カスタマー・エクスペリエンス サミット 2018」では、CRITEO 国内セールス部門統括 コマーシャル・ディレクター 小野良一氏が、「顧客の購買体験を最大化する『データ共有』とは」というテーマで講演を行った。

マーケティング

なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

【特別企画】なぜクラウドでDWHが有効なのか-クラウド化の特徴とメリットを解説

企業内には売り上げデータや生産管理データなど、さまざまなデータがあり、いわゆるデータウェアハウス(Data Ware House、以下DWH)という明確なものではなくとも、長期間にわたり大量のデータが集約されているデータベースシステムが、自組織内に少なくとも1つや2つはあるはずだ。一般的に、DWHはその名のとおりデータの"倉庫"としてデータが蓄積され、売り上げ推移や傾向など組織内でさまざまな切り口での分析やデータ抽出といった用途で利用されている。データ量の爆発的増加などにより、組織の中ではDWHシステムの維持や運用のための専門的な知識を持つITスタッフなど人的リソースが必要となり、大きなコストがかかるようになってきた。また、オンプレミスのDWHシステムを購入して利用する場合、数年に1回は必ずハードウェアやソフトウェアの更新による入れ替えも必要だ。このように近年では、DWHに関する運用やコストなどの問題が多くの企業で顕在化している。

クラウド

FFG、リアルタイム分析ソリューション「SAS RTDM」を導入 [事例]

FFG、リアルタイム分析ソリューション「SAS RTDM」を導入 [事例]

SAS Institute Japan(以下、SAS)は1月22日、ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)がSASのリアルタイムアナリティクス・ソリューション「SAS Real-Time Decision Manager(SAS RTDM)」を導入したと発表した。

データ分析

第二のシリコンバレー!? イスラエルのスタートアップがすごい理由

第二のシリコンバレー!? イスラエルのスタートアップがすごい理由

イスラエル企業と日本企業をつなぐコンサルティングサービスを提供するジャコーレは1月18日、イスラエルの技術コンサルティング企業であるBavilon(バビロン)と提携したと発表した。これにより、両社は共同でテクノロジーの脆弱性調査やサイバーセキュリティ強化支援サービス、日本企業が海外のテクノロジー企業に投資する際のデューデリジェンスサービスなどの提供を開始する。発表会では、併せてイスラエルのハイテクスタートアップ事情と、今、日本企業がイスラエル企業に着目すべき理由について解説された。

セキュリティ

モノづくりの現場で活用されるIoTの今 - トヨタ自動車、ISIDの取り組み

モノづくりの現場で活用されるIoTの今 - トヨタ自動車、ISIDの取り組み

PTCは2017年12月12日、都内にてイベント「PTC Forum Japan 2017」を開催した。「フィジカルとデジタル融合の追求」をテーマに掲げた同イベントの基調講演には、トヨタ自動車と電通国際情報サービス(ISID)が登壇し、ユーザー企業・ビジネスパートナーの立場から、それぞれの取り組みを紹介した。

ソリューション

IT投資に対する日本企業の意識は4年でどう変わったか? - JEITAらが調査

IT投資に対する日本企業の意識は4年でどう変わったか? - JEITAらが調査

電子情報技術産業協会(JEITA)のソリューションサービス事業委員会は1月15日、IDC Japanと共同で実施した「2017年 国内企業の『IT経営』に関する調査」の結果を発表した。

ソリューション

テクノロジーの進化で開かれる、デジタルマーケティングの新地平とは?

テクノロジーの進化で開かれる、デジタルマーケティングの新地平とは?

デジタル領域の4テーマについて、各回1テーマで4回にわたり開催された「Fujitsu Insight 2017」。「デジタルマーケティング」にフォーカスして行われた11月29日の基調講演・特別講演には、前グーグル日本法人の名誉会長で村上憲郎事務所 代表取締役の村上憲郎氏が登壇した。

マーケティング

日本ウォーターシステム、データ分析プラットフォーム「Qlik Sense」を採用 [事例]

日本ウォーターシステム、データ分析プラットフォーム「Qlik Sense」を採用 [事例]

アシストは12月12日、大塚商会が提案し、アシストが製品および技術支援を提供したセルフサービス型分析プラットフォーム「Qlik Sense」を日本ウォーターシステムが採用したと発表した。

データ分析

日発販売、ウイングアーク1stのBI製品群でデータ分析・活用を推進 [事例]

日発販売、ウイングアーク1stのBI製品群でデータ分析・活用を推進 [事例]

ウイングアーク1stは11月8日、日発販売がBI基盤として集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」および情報活用ダッシュボード「MotionBoard」、帳票基盤ソリューション「SVF」を導入し、データ分析・活用を推進していることを発表した。

データ分析

イージェーワークス、データ活用基盤に「Paxata」を採用 [事例]

イージェーワークス、データ活用基盤に「Paxata」を採用 [事例]

アシストは10月31日、同社が国内総販売代理店を務めるデータ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata(パクサタ)」(開発元:米Paxata)のクラウドサービス「Paxata Cloud Powered by アシスト」が、イージェーワークスに採用されたと発表した。

データ分析

[講演資料提供] 8つの重要メニューとは? Google アナリティクス入門講座

[講演資料提供] 8つの重要メニューとは? Google アナリティクス入門講座

用語から解説する、わかりやすい入門講座として好評を博している『Google アナリティクス入門講座』。5回目の開催となった10月4日のセミナーは、登壇者がWACUL マーケティングマネジャーの鐙谷 直貴氏に代わっての講演となりました。

マーケティング

飛行機に乗る本当の目的は? ANAが追求する「デジタル世界のおもてなし」

飛行機に乗る本当の目的は? ANAが追求する「デジタル世界のおもてなし」

9月14日、15日の2日間にわたって行われた「Adobe Symposium 2017」では、東急エージェンシー マーケティングイノベーションセンター データドリブンマーケティング局 プラットフォームソリューション部 データサイエンティスト 飯塚久哲氏とANA マーケティング室マーケットコミュニケーション部の石川圭太氏が登壇。Target Finderの特徴や、ANAが導入に至った経緯が語られた。

マーケティング

11月7日、Cloudera World Tokyo 2017開催 - 米国から創業者ら来日

11月7日、Cloudera World Tokyo 2017開催 - 米国から創業者ら来日

11月7日(火)、東京都港区のANAインターコンチネンタルホテル東京にて、Clouderaが主催する年次カンファレンス「Cloudera World Tokyo 2017」が開催される。今年のテーマは『ビジネスを成功させる「データの力」』だ。

データ分析

自動運転の実用化に向けて「乗り越えるべき課題」と「ビジネス創出のヒント」

自動運転の実用化に向けて「乗り越えるべき課題」と「ビジネス創出のヒント」

9月7日、8日の2日間にわたって都内で開催された、東陽テクニカ主催による「東陽ソリューションフェア 2017」。初日の基調講演には、日本自動車研究所 ITS研究部 部長 谷川浩氏が登壇した。同氏は、「日本自動車研究所における自動運転に関する取組み」と題し、日本自動車研究所(JARI)が取り組む認識・判断DBやセキュリティ対策、安全設計といった委託研究事業の概要を紹介するとともに、自動運転の開発に必要な大量データの獲得や自動バレーパーキング実用化に向けた取り組みなどに関する最新のトピックスについて言及した。

ソリューション

最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

【特別企画】最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

金融サービス企業ではほかの業界よりも、より早くより積極的にデータソリューションへの投資を行っている。しかし、金融サービスデータは、維持費の高い多数のリポジトリのサイロ内に断片化される傾向も。そのため、レポートの品質は疑わしいものとなり、作成にも時間を要してしまう。このような柔軟性の欠如により、詐欺行為、不正取引の摘発、規制リスクに関する照会に対して、迅速な対応ができていない企業が多い。先進的な金融サービス企業では、Hortonworks Data Platformの採用により、これらの課題に対応し、リスクを最小限に抑え、営業利益を向上させている。ここでは、そんな事例の一部を紹介しよう。

データ分析

楽天イーグルス、SaaS型マーケティングプラットフォーム「b→dash」を採用 [事例]

楽天イーグルス、SaaS型マーケティングプラットフォーム「b→dash」を採用 [事例]

フロムスクラッチは9月20日、同社のSaaS型マーケティングプラットフォーム「b→dash」が、プロ野球パ・リーグの「東北楽天ゴールデンイーグルス(以下、楽天イーグルス)」を運営する楽天野球団に採用されたことを発表した。

マーケティング

スポーツの代表チームは、どんなデータを分析しているのか - Watson Summit 2017

スポーツの代表チームは、どんなデータを分析しているのか - Watson Summit 2017

競技スポーツにおいては、アナリティクス活用にはまだまだ課題が多いのが現状だ。そうした課題にどう対応しているのかについて、河合氏が自らの大学の研究成果を交えながら、展望を示した。

データ分析

198 件中 61~80件目を表示中

198 件中 61~80件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る