マイナビニュースマイナビ

「ビッグデータ」関連記事一覧

198 件中 41~60件目を表示中

コスト50%の削減も夢ではない、Cohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージとは

【特別企画】コスト50%の削減も夢ではない、Cohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージとは

バックアップやアーカイブなど、大量のデータを保存するために利用されるセカンダリストレージ。しかし、AI、IoT、ビッグデータなど、急増するデータ量に対応するため、逐次的にシステムが追加されてしまい、それぞれがサイロ化してしまうという問題が生じている。このセカンダリストレージのサイロ化問題を解消するソリューションとして大きな注目を集めている存在が、米Cohesity社が提供するハイパーコンバージド型※の統合セカンダリストレージだ。2018年10月11日に開催された「Cohesity Secondary Storage Day 2018(主催:株式会社ネットワールド)」では、米Cohesity社の主要メンバーが揃い、Cohesity社が提供するソリューションの特徴と、将来の展望について紹介された。

サーバ/ストレージ

トップデータサイエンティスト2人が語る! 日本のAI/機械学習の将来展望

トップデータサイエンティスト2人が語る! 日本のAI/機械学習の将来展望

DataRobot Japanは11月27日、年次カンファレンス「AI Experience 2018 Tokyo」を開催した。本稿では、「データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞経験者であり、元大阪ガスで現在は滋賀大学にてデータサイエンス学部長 教授 兼 データサイエンス教育研究センター副センター長として教鞭をとる河本薫氏と、日本航空 Web販売部1to1マーケティンググループ アシスタントマネージャーの渋谷直正氏によるパネルディスカッションの模様をお届けする。

データ分析

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは損な仕事!? AIを活かすために - Dell Technologies Forum

データサイエンティストは泥臭い仕事をやっているのにも関わらず、周囲からの期待が高く、求められることが多すぎる。海外では、離職率の高い職種になっているという。

ソリューション

「ANAにしてよかった」を実現するためのデジタルマーケティング施策とは?

「ANAにしてよかった」を実現するためのデジタルマーケティング施策とは?

9月4日、5日に開催された「Adobe Symposium 2018」では、ANAから永山 裕氏が登壇。「ANAが考えるデジタルマーケティングから顧客体験向上への変革」と題し、同社が考えるデジタルマーケティングの在り方と顧客体験向上へ向けての施策が語られた。

マーケティング

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IDC Japanは9月5日、年次イベント「IDC AI and IoT Vision Japan 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの鳥巣悠太氏による講演「IoT競争の焦点は『データエコシステム/Data as a Service』になる~データマネタイズに関わるエコシステムの現状と展望」の模様をレポートする。

データ分析

技術力だけでは商品は売れない!? CX中心の開発に軸足を移すカシオ計算機

技術力だけでは商品は売れない!? CX中心の開発に軸足を移すカシオ計算機

9月5日、都内にて開催された「Adobe Symposium 2018」では、カシオ計算機 コーポレートコミュニュケーション部の道蔦聡実氏が登壇。「技術から顧客体験中心の開発へ~カシオが実践するデータを活用した新たなアプローチ~」と題し、カシオで今起きている変革について語られた。

マーケティング

目指すはExperience Maker!「Adobe Symposium 2018」に見るCX最新動向

目指すはExperience Maker!「Adobe Symposium 2018」に見るCX最新動向

アドビ システムズ(以降、アドビ)は9月3日~5日、都内にて「Adobe Symposium 2018」を開催した。今年で9回目となる同カンファレンスでは「顧客体験をビジネスの中心に(Make Experience Your Business)」をテーマに、アドビの最新テクノロジーをはじめ、顧客体験向上に取り組む先進企業の事例やパートナーの取り組みが数多く紹介された。

マーケティング

[講演レポート提供]キリンに学ぶ! ブランド価値を創造するデジタルマーケティング戦略

[講演レポート提供]キリンに学ぶ! ブランド価値を創造するデジタルマーケティング戦略

スマートフォンの普及により、消費者の行動にも変化が起きている今、いずれの企業においてもデジタルマーケティングへの取り組みは必須の課題であり、頭を悩ませている担当者は多いだろう。第87回IT Search+スペシャルセミナーでは、キリン デジタルマーケティング部 山中啓司氏が登壇。データを活用し、同社が試行錯誤して取り組んできた施策の数々について具体的な事例を挙げながら解説した。

マーケティング

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

米Tableau Softwareは8月7日、誰もが簡単にあらゆるデータをビジュアル分析できるBIツール「Tableau」の最新バージョン「Tableau 2018.2」をリリースした。これを受けて、日本法人のTableau Japanが新機能に関する記者発表会を開催したので、その様子をお伝えする。

データ分析

ITの力で流通を変える! 小売業がリアル店舗で挑むデジタル変革

ITの力で流通を変える! 小売業がリアル店舗で挑むデジタル変革

マクニカとマクニカネットワークスは7月12~13日、年次カンファレンス「Macnica Networks DAY 2018」を都内にて開催した。「リアル店舗小売企業のデジタルトランスフォーメーション挑戦事例紹介」と題し、トライアルホールディングス/ティー・アール・イーの西川晋二氏が登壇したセッションでは、小売業の実店舗におけるDX挑戦事例が紹介された。

マーケティング

有名開発者が小売にAIを使うとこうなった - 元ソニー & 最年少MS認定者の事例

有名開発者が小売にAIを使うとこうなった - 元ソニー & 最年少MS認定者の事例

AIにより大きく変わる可能性を秘めたビジネスとして注目されている小売業。2人の著名エンジニアが、画像認識や販売データを活用した売り場最適化に挑戦した。

ソリューション

データドリブンで改革が進むYahoo! ショッピングの裏側

データドリブンで改革が進むYahoo! ショッピングの裏側

ヤフーが運営するECサイト「Yahoo! ショッピング」は、データドリブンでユーザー満足度の向上に取り組んでいる。満足度を上げるポイントは、データを活用した1 on 1マーケティングによるパーソナライズだ。「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」では、ヤフーのデータディレクター兼CDO-boardを務める宇治野達季氏が登壇。Yahoo! ショッピングのデータプラットフォーム整備から、データ活用のエコシステム構築まで、同社が押し進めた改革の一部始終を語った。

データ分析

未来の買い物体験はすぐそこに - テクノロジーで劇変する小売業

未来の買い物体験はすぐそこに - テクノロジーで劇変する小売業

6月13~15日、幕張メッセにて年次カンファレンス「Interop Tokyo」が開催された。その基調講演には、アリババクラウドのジャパンゼネラルマネージャーを務めるユニーク・ソング氏が登壇し、アリババの考える"新しい小売り業の姿"について語った。

マーケティング

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

現在のBI/アナリティクス分野では、多くの洗練されたケイパビリティ(能力)が続々と登場している。6月14日~15日にかけて行われた「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」では、ガートナー リサーチ ディレクター カーリー・アイディーン氏が「BIとアナリティクスの動向:洞察の自動生成へ」と題した講演で、企業がアナリティクス能力の成熟度を高めるためのフレームワークについて解説した。

データ分析

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

データ分析

進化する自動運転! AIとセンシング技術が生み出す新たな可能性

進化する自動運転! AIとセンシング技術が生み出す新たな可能性

ガートナー ジャパンは4月25日~27日、「ITインフラストラクチャ、オペレーション・マネジメント & データセンター サミット 2018」を開催。本稿では、デンソーアイティーラボラトリ CTO 岩崎弘利氏によるゲスト基調講演「Autonomous car as a sensor -自動運転を実現するセンシング技術-」の模様をレポートする。

ソリューション

RPA導入における4つの懸念点とその成功事例を多数紹介 - 日本型ホワイトカラーの働き方改革

【特別企画】RPA導入における4つの懸念点とその成功事例を多数紹介 - 日本型ホワイトカラーの働き方改革

ホワイトカラーの生産性を向上させる手段の1つとして、注目されているのが「RPA(Robotic Process Automation)」だ。RPAは単に作業の生産性を高める役割を果たすだけでなく、導入時の業務見直しや再整理のプロセスを通して、業務そのものの改革や働き方改革につながると期待されている。RPAによって企業はどう変わるのか。ここではRPA活用の課題とメリットについて紹介しよう。

業務アプリケーション

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoTによってデータを収集し、AIで分析することでさまざまな課題を解決していこうという流れが生まれている。なかでも注目されているのが「スマートシティ」構想と、「スポーツアナリティクス」だ。5月18日に都内にて開催された「SAS Forum Japan 2018」では、SAS Institute Japanの高田俊介氏から、すでに始まっている世界各国の取り組みが紹介された。

データ分析

「4D Analytics」がビジネス成果にもたらす価値とは? - 米テラデータ COO

「4D Analytics」がビジネス成果にもたらす価値とは? - 米テラデータ COO

テラデータは2018年4月、センサデータ分析を強化する「4D Analytics(4次元分析)」を発表した。「データ駆動型ビジネス」への移行が叫ばれるなか、同社は顧客にどのような価値を提供していくのか。米テラデータでCOOを務めるオリバー・ラッゼスバーガー氏に話を聞いた。

データ分析

柔軟な分析環境で顧客ビジネスを支援する――日本テラデータ

柔軟な分析環境で顧客ビジネスを支援する――日本テラデータ

日本テラデータは5月23日、東京都内においてプライベートカンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2018」を開催した。「データ活用とその分析を最大限ビジネスに活かす方法について、ビジネスおよびITの視点から学ぶイベント」と位置付けられた今回は、650名超が参加。顧客企業12社によるデータ活用の個別セッションは、立ち見も出る盛況ぶりを見せた。

データ分析

198 件中 41~60件目を表示中

198 件中 41~60件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る