マイナビニュースマイナビ

「ビッグデータ」関連記事一覧

198 件中 181~198件目を表示中

高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?

【特別企画】高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?

Hadoopを活用したアナリティクスの運用は容易ではない。Hadoopを使いこなし、狙いどおりのアナリティクスを実現するために高度なITスキルが要求されるからだ。SAS Institute Japan(以下、SAS)が提言するのが、「Hadoopの存在を意識させない」ソリューションとして「SAS on Hadoop」を提供している。

データ分析

PB級以上のデータを解析する高い可用性と耐障害性を持つシステムとは?

【特別企画】PB級以上のデータを解析する高い可用性と耐障害性を持つシステムとは?

ビッグデータは、これまで注視していなかったデータから新しい価値やチャンスを見いだせるようになるものとして注目されている。この潮流に乗り遅れまいと、多くの企業がさまざまな取り組みを行っている。しかし、INTHEFORESTの代表取締役社長兼CTOを務めるITアーキテクトの冨田和孝氏は、ビッグデータとして活用しようとしている"それ"は「ほんとうにビッグデータなのか、見つめなおしてほしい」と警鐘を鳴らす。

データ分析

ペタバイト級のデータが突きつけるストレージアーキテクチャの刷新

【特別企画】ペタバイト級のデータが突きつけるストレージアーキテクチャの刷新

企業が扱うべきデータ量は、特に情報系システムで扱う非構造化データを中心に爆発的な増加を続けている。"ビッグデータ"というキーワードに代表されるように、データを分析して知見を引き出す手法が進化し、捨てられていたデータが"宝の山"とみなされるようになった結果、すぐに使うあてのないデータでも消去することは考えられなくなりつつある。

サーバ/ストレージ

どのようなテクノロジーを用いるにしても通信のトラフィックの最適化が重要 - リバーベッドテクノロジー【Business Conference 2014】

【特別企画】どのようなテクノロジーを用いるにしても通信のトラフィックの最適化が重要 - リバーベッドテクノロジー【Business Conference 2014】

スマートデバイス時代の通信においては、距離に伴う通信の遅延がネックとなってくる。距離による遅延の問題は、どれだけ帯域幅のある回線を用いても単純には解消されず、改善には限界があることをご存じだろうか。

ネットワーク機器

専門知識がなくとも、顧客の購買行動は予測できる! 348万円ではじめるビッグデータ解析

【特別企画】専門知識がなくとも、顧客の購買行動は予測できる! 348万円ではじめるビッグデータ解析

顧客の購買動向は、過去の購買パターンを分析することで見えてくる...こうしたデータマイニングには、専門的な知識が必要とされる、だが、「データマイニング スターターパック」を利用することで、それを3日で習得できるようになるという。

データ分析

マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ

【特別企画】マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ

インターネットの浸透やそれに伴うソーシャルメディアの急速な台頭などにより、個人の嗜好が多様化・複雑化するなか、企業に蓄積されるマーケティングデータは量・種類ともに増え続けている。そこで現在注目を集めているのがプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)だ。

データ分析

600万枚の紙をデータ情報化! ビッグデータ活用で新ビジネス到来

【特別企画】600万枚の紙をデータ情報化! ビッグデータ活用で新ビジネス到来

ビジネスのIT化が進んだ今日、企業で取り扱う扱う業務データは量・種類ともに増え続けている。しかしその一方で、多くの企業では契約書や稟議書等の文書や図面などで電子化できていない、紙ベースの書類も依然として大量に存在し続け、保管、管理、活用に課題を抱えているのが現実ではないだろうか。

業務アプリケーション

初めてのビッグデータ活用は、3ステップで! 中堅・中小企業にも実践できる活用ノウハウ

【特別企画】初めてのビッグデータ活用は、3ステップで! 中堅・中小企業にも実践できる活用ノウハウ

「データ活用と言っても。何から手を付ければいいのかわからない」「そもそも我が社にそんなデータがあるのだろうか」という場合でも、プロのサポート次第で結果が得られる。エス・アンド・アイ株式会社(以下、S&I)では3ステップを通して、基本的なデータ活用のノウハウを提供している。

データ分析

専門知識がなくとも顧客の将来の購買行動を予測する方法とは

【特別企画】専門知識がなくとも顧客の将来の購買行動を予測する方法とは

「ビッグデータ」というキーワードを頻繁に耳にするようになって久しいが、では実際にビッグデータの恩恵を受けている企業が、果たしてどれだけあるのだろうか?ビッグデータ分析で華々しい成果を挙げた企業の事例が大々的に紹介される一方で、多くの企業は初歩的なデータ分析にすら着手できていないか、もしくは着手したものの、思ったほどの効果を上げられずにいるのが実情ではないだろうか。

データ分析

ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

【特別企画】ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

昨今のビッグデータ活用への機運の高まりから注目されるようになったのが、「データ・サイエンティスト」と呼ばれる人材だ。明確な定義があるわけではないが、数理統計に基づいた分析センスとスキルに加え、ビジネスやITに関する知識も持ち合わせ、戦略的なデータ活用を主導していくリーダーというのが、大まかなイメージだ。

データ分析

中堅・中小企業にとってのビッグデータ活用は、競争力強化に有効!?

【特別企画】中堅・中小企業にとってのビッグデータ活用は、競争力強化に有効!?

ITのメガトレンドの象徴として"ビッグデータ"というキーワードは広く企業に浸透した。だが、大規模な基幹システムやデータウェアハウスなどのデータ基盤を運用している大企業はさておき、中堅・中小企業にとっては、データソースや分析の実装という観点でまだまだ実感が乏しいというのが率直なところではないだろうか。「そもそも我が社にビッグデータと言えるような情報はあるのか?」「まともに分析もやったことのない我々の手に負えるものではない」と、検討以前の段階で立ち止まっている企業は少なくない。

データ分析

セルフBIをiPadで極める! まずはツール選定から...ポイントはいつでも / どこでも / ほしいデータを / わかりやすく

【特別企画】セルフBIをiPadで極める! まずはツール選定から...ポイントはいつでも / どこでも / ほしいデータを / わかりやすく

ITの発達により、企業のデータベースには様々なデータが毎日のように集まってくる。昨今、ビッグデータが注目を集めているように、これからは大量のデータを、如何に有効活用するかが重要になっていくことだろう。その為には、必要な時に、必要な場所で、必要なデータにアクセスできる必要がある。それも、一目で分かりやすいものとして。インフラジスティックス・ジャパンが送る「ReportPlus」は、それらを可能にする優れたソリューションである。

データ分析

国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

【特別企画】国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、ウルシステムズ 主席コンサルタント、桜井賢一氏が「まだ間に合う!? 構築事例に学ぶリアルタイム・ビッグデータの世界」と題してセッションを行った。そこでは、同社が手がけたリアルタイム・ビッグデータの取り組み事例を踏まえ、その成功のポイントとともに今後のさまざまな可能性が示された。

データ分析

リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏

【特別企画】リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォーメション・マネジメント事業部 ビッグデータ/DWHソリューションズ 上級ITスペシャリストの野嵜 功氏が登壇。「ストリーム・コンピューティングの可能性 ~データを分析するコンピュータから空気を読むコンピュータへ~」と題するこのセッションでは、従来のビッグデータをもう一歩進めたリアルタイム・ビッグデータの可能性が示された。

データ分析

「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

【特別企画】「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

9/27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の基調講演に登壇したのは、「会社を変える分析の力(講談社現代新書)」の著者、大阪ガスのビジネスアナリシスセンター所長、河本薫氏。同氏は、「会社を変える分析の力」というテーマのもと、大阪ガスのデータ分析にかかわるこれまでの取り組み内容や、優れたデータ分析者に求められる資質などについて持論を展開した。

データ分析

導入初年度から21億円のコスト削減! 高額で一部の社員しか使えない「旧態依然」のBIツールに決別を

【特別企画】導入初年度から21億円のコスト削減! 高額で一部の社員しか使えない「旧態依然」のBIツールに決別を

"ビッグデータ"だ"BI "だと言われても、日々の業務に追われる多くのビジネスマンにとっては、「自分にはあまり関係のない世界」というのが本音なのではないか。それも無理のないことだ。本当の意味で、ビッグデータ活用を行っていると言える企業はまだまだごく一部である。旧来のBIツールは、経営判断のために上層部向けに導入されていることが多く、現場の社員が使いこなせるような代物ではないからだ。

データ分析

TwitterやFacebookの膨大な情報を収集 / 分析し、新たなビジネスに役立てろ! ビッグデータ活用術

【特別企画】TwitterやFacebookの膨大な情報を収集 / 分析し、新たなビジネスに役立てろ! ビッグデータ活用術

TwitterやFacebookなど、SNS上にある膨大な情報を収集/分析し、新たなビジネスに役立てる、いわゆる「ビッグデータ活用」が広がりを見せている。自社製品に関するツイートやツイートしたユーザーの属性といった情報は、企業にとって貴重なデータとなるはずだ。とはいえ、SNS上にある情報を収集するツールは多数存在する。重要なのはそのデータを集約し、適切なアプリケーションで活用できるか否かである。SNSデータの活用で注目されるのが、データ連携ソフトウェアだ。

データ分析

次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

【特別企画】次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

「次の10年に必要な企業のIT基盤」を提供すべく日本IBMが2012年に発表したのが、同社がエキスパート・インテグレーテッド・システムと呼ぶ製品ファミリー「IBM PureSystems」である。ここではマルチハイパーバイザ環境に代表される高度な仮想化/クラウド活用を支えるIaaS基盤「IBM PureFlex System」の特徴とアドバンテージが示された。

サーバ/ストレージ

198 件中 181~198件目を表示中

198 件中 181~198件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る