マイナビニュースマイナビ

「ビッグデータ」関連記事一覧

198 件中 1~20件目を表示中

アルコール市場をデータマーケティングで立て直す! サントリーのRaaS戦略

アルコール市場をデータマーケティングで立て直す! サントリーのRaaS戦略

若者のアルコール離れが進む昨今、酒類メーカーが岐路に立たされている。そもそも日本は人口自体が減少傾向にあり、そうした中で売上を回復するには抜本的にマーケティング戦略を変革する必要がある。12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」に登壇したサントリー酒類 広域営業本部兼推進本部 部長の中村直人氏は、サントリーが今まさに取り組むデータを活用したマーケティング変革について語った。

マーケティング

コマツが実践する顧客目線のDX「ダントツバリュー」、成功の鍵は?

コマツが実践する顧客目線のDX「ダントツバリュー」、成功の鍵は?

来年に創立100周年を迎える小松製作所(以下、コマツ)。建設機械/鉱山機械メーカーとしてモノづくりに邁進してきた同社は、経済産業省と東京証券取引所が発表する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」企業のなかから、デジタル時代を先導する企業として「DXグランプリ2020」に選定された。コマツは、オールドエコノミーの一角である製造業界でいかにしてデジタルを活用し、価値創造を実現しているのか。12月3日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」にて、コマツ/Immersive Technologies Vice President 浅田寿士氏が、同社の取り組み事例について紹介した。

ソリューション

ワークマンが実践する「しない経営」- データ活用で目指す組織の進化

ワークマンが実践する「しない経営」- データ活用で目指す組織の進化

作業服のワークマンのビジネスが好調である。2020年3月期は対前年同期比で37.8%の増収を記録し、コロナ禍に見舞われた2021年3月期もプラス成長を維持する見通しだ。12月3日から4日にかけて行われた「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」では、急成長の立役者であるワークマン 役員席 専務取締役 土屋哲雄氏が登壇し、「データ経営を武器に成功を遂げた、ワークマンのアウトドアウェア進出」と題した講演を行なった。

ソリューション

先進事例にみる、BigQueryをもっと活用するためのヒント

【特別企画】先進事例にみる、BigQueryをもっと活用するためのヒント

企業のデータ活用とともに、分析基盤としてのクラウド導入も広がりを見せている。これを受けて主要クラウドベンダー各社が、DBやDWH、ETLなど分析基盤に必要な機能を、サービスとして拡充。とりわけ、Google Cloudの提供するBigQueryは、市場で高いプレゼンスを得るサービスだ。本稿ではこのBigQuery をよりいっそう活用するためのヒントとして、2つの事例を紹介したい。

クラウド

データ活用の成果を最大化するには? 村田製作所の取り組みと人材育成

データ活用の成果を最大化するには? 村田製作所の取り組みと人材育成

製造業におけるデータ分析および活用の重要性が高まっている。だが、品質改善につながるデータとはどんなものなのか、現場との連携や人材育成はどう進めればいいのか――など、課題は山積みだ。11月25日にオンラインにて開催された「SAS Forum Japan 2020」では、村田製作所の高田哲史氏と吉富玄氏が登壇。同社におけるデータ分析/活用の取り組みと、データ活用に必要な人材の育成方法について講演を行った。

データ分析

人、テクノロジー、プロセス、......どのデータレディネスがビジネスインパクトの引き金になるのか

【特別企画】人、テクノロジー、プロセス、......どのデータレディネスがビジネスインパクトの引き金になるのか

データを活用した成功例が、あらゆるメディアで報じられている。しかし、ケースごとに、取り組みで注力した分野、強化したデータレディネス(対応力)はバラバラだ。個人のスキル、組織力、テクノロジー、プロセス、ガバナンス、......データ活用を構成するこれらのデータレディネスのうち、どこに注力することが、ビジネスインパクトに繋がるのか。

データ分析

ダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニック

【特別企画】ダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニック

多くの分析プロジェクトでは、空間データが必要となる。マップとデータの照合は、今日のデータ分析において極めて重要なスキルだ。ここでは、Tableauのホワイトペーパー「Tableauマップでダッシュボードの価値を高める10の方法」より、実際の適用例を交えながらダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニックを紹介する。

データ分析

新生Dell Technologiesを象徴する、「Dell EMC PowerStore」

【特別企画】新生Dell Technologiesを象徴する、「Dell EMC PowerStore」

2020年5月に全世界で一斉リリースされた「Dell EMC PowerStore(以下、PowerStore)」は、新生Dell Technologiesの象徴ともいえる製品だ。PowerStoreは一体どのような特徴を持つのか。同製品をポートフォリオに備え、Dell Technologiesはどんな価値を企業へ提供しようとしているのか。リリース間もないPowerStoreについて、その詳細と同社の構想をDell Technologiesの担当者インタビューから紐解いていく。

ストレージ

入場者数は右肩上がり! Jリーグが実践するデジタルマーケティング戦略

入場者数は右肩上がり! Jリーグが実践するデジタルマーケティング戦略

2月27日に開催された「デジタルマーケティングを味方につける~戦略立案と実践方法~」では、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) コミュニケーション・マーケティング本部 集客・視聴推進グループマーケティング担当オフィサー 濱本秋紀氏が登壇。Jリーグのデジタルマーケティング戦略とその具体的な実施例を明かした。

マーケティング

なぜLINEスタンプのレコメンドは的確なのか? サービスを支えるAIの力

なぜLINEスタンプのレコメンドは的確なのか? サービスを支えるAIの力

コミュニケーションアプリとして認知されている「LINE」だが、いまやさまざまなサービスを内包する巨大プラットフォームに成長している。2月13日に開催された第136回IT Search+スペシャルセミナーでは、LINE社の執行役員 AI事業統括/LINE BRAIN室 室長の砂金信一郎氏が登壇。同社が取り組む「AI×データ活用」について語った。

マーケティング

未来のクルマはここまでできる! データ活用が後押しする自動車社会の発展

未来のクルマはここまでできる! データ活用が後押しする自動車社会の発展

12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、日産自動車総合研究所 モビリティ・サービス研究所 エキスパートリーダー 上田哲郎氏が、最新のコネクティッドカー技術や今後の展望などについて解説した。

ソリューション

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

オリジナル商品やメーカーとのコラボ商品を多数販売し、特にスモールマス分野でヒットを飛ばしているECサイト「LOHACO」。数多くのヒット商品はどのようにして生み出されたのか。12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム2019 Winter for データ活用」に登壇したアスクル ECマーケティングディレクター 成松岳志氏が語った。

マーケティング

日本の農業を「もうかる農業」へ! クボタが挑むスマート農業

日本の農業を「もうかる農業」へ! クボタが挑むスマート農業

12月13日に都内で開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、クボタ 特別技術顧問 工学博士 飯田 聡氏が登壇。「農業を強いビジネスに! クボタの次世代ビジョン」と題し、担い手農家が直面する課題の解決に向けたデータ活用や、自動化/無人化による超省力化、軽労化技術などについて語った。

ソリューション

国内大企業とベンチャー、各々のフィールドで進むモバイル活用

国内大企業とベンチャー、各々のフィールドで進むモバイル活用

App Annie Japanは10月11日、都内にて「Mobile Leaders Summit」を開催した。「モバイルのチカラを全ての方に」をテーマに掲げた同イベントでは、さまざまな業界におけるモバイル活用事例や課題解決のヒントが多数紹介された。

ソリューション

デジタル活用で観客動員増! JリーグとDeNAベイスターズ、それぞれの戦略

デジタル活用で観客動員増! JリーグとDeNAベイスターズ、それぞれの戦略

第130回IT Search+スペシャルセミナーでは、Jリーグデジタル プラットフォーム戦略部の部長、笹田賢吾氏と、横浜DeNAベイスターズ 事業本部 経営・IT戦略部の部長、林裕幸氏が登壇。「観客動員数を伸ばし続ける、プロスポーツ組織のデジタルマーケティング」と題し、パネルディスカッションが繰り広げられた。

マーケティング

部門独自のデータ活用を成功に導く方法

【特別企画】部門独自のデータ活用を成功に導く方法

データ活用にあたっては多くの場合、「データの統合」が壁として立ちはだかる。企業全体の取り組みならまだしも、LOB(事業部門)等が部門独自の取り組みとしてこれを進める場合、十分なITスキル、ITリソースが無い状況で今挙げた壁に臨まねばならない。本稿では、LOB(事業部門)におけるデータ活用をテーマにして、オラクルのクラウドサービスを用いた「データ活用の現実的な実践手法」を紹介する。

データ分析

データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

【特別企画】データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

組織内に散在するデータを統合、一元管理することで、業務効率は飛躍的に向上する。さらに、そのデータの分析結果から何かしらのインサイトが得られれば、他にはない事業価値の創造も可能となる。しかし実際は、「使いこなすのが大変」「運用できる人がいない」「コストがかかる」などの理由から導入に踏み切れていない企業も多いのではないだろうか。

データ分析

ITと業務の両面でサポートできるパートナーを選ばなければ、営業支援システムは失敗する!?

【特別企画】ITと業務の両面でサポートできるパートナーを選ばなければ、営業支援システムは失敗する!?

変わり続ける顧客をとらえるために、重要な役割を担うのが営業支援システム(SFA、Sales Force Automation)。しかし、営業支援システムは導入するだけでは不十分。「IT」だけでなく「業務」の面でもさまざまな取り組みが必要となる。取り組みをうまく進めるためにも営業支援システムのノウハウのあるベンダー選びは重要だ。

ソリューション

鍵はデータ活用! デジタル事業基盤の構築でDXに挑む日立物流

鍵はデータ活用! デジタル事業基盤の構築でDXに挑む日立物流

インフォマティカ・ジャパンは9月6日、「Informatica World Tour 2019 データとAIが切り拓く、DXの新時代。」を都内にて開催した。その特別講演には日立物流 IT戦略本部 担当本部長の佐野直人氏が登壇。「デジタル事業基盤によるロジスティクス・イノベーション」と題した講演を行った。

ソリューション

時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

【特別企画】時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

時代は情報経済の時代となり、データはすべての企業にとって最も重要な資産となっている。業界やビジネスを問わず、競争に勝つためにはデータ駆動型の戦略が不可欠だ。売上増加、収益性、顧客満足度などの事業目標を達成するための意思決定における、データへの依存度が高まっている。

データ分析

198 件中 1~20件目を表示中

198 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る