「標的型攻撃」関連記事一覧

78 件中 61~78件目を表示中

マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに

【特別企画】マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに

標的型攻撃は完全防御が難しく、「多層防御」と呼ばれる複合的なセキュリティへの取組みが何よりも大切だと言われている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、この標的型攻撃の防御に対する取組みとして"着実"な前進を促すであろうセキュリティにおける2つのサービスを提供する。

セキュリティ

セキュリティ対策の第一歩 - 重要なファイルを簡単に暗号化! -

【特別企画】セキュリティ対策の第一歩 - 重要なファイルを簡単に暗号化! -

マイナンバー制度や電子帳簿保存法の改正の影響で、企業が抱える機密情報は今後ますます増加していくことが予想される。企業はこれからどういったセキュリティシステムを構築していくべきなのだろうか。

セキュリティ

【情報漏えい】知ってるつもりが、一番危険 - 手口、被害、対策が15分で解るWebセキュリティガイド

【特別企画】【情報漏えい】知ってるつもりが、一番危険 - 手口、被害、対策が15分で解るWebセキュリティガイド

個人情報漏洩が日々ニュースとなっている。言うまでもなく流失/流出したデータを取り戻すことは現実的ではなく、組織の信用も一気に失墜する。情報社会の悪夢的側面といえるだろう。では、このような事態に陥らないためには、どのような対策を講じていけばよいのか。2014年に起こったサイバー攻撃の被害の傾向を踏まえながら、Webセキュリティについて一から考えていく。

セキュリティ

「サイバーキルチェーン3.0」とは? ベストオブブリードの技術を生かしたウォッチガードが導き出す最適解

【特別企画】「サイバーキルチェーン3.0」とは? ベストオブブリードの技術を生かしたウォッチガードが導き出す最適解

2013年12月、何者かが米国の小売チェーンTarget社のネットワークに侵入し、4000万人分のクレジットカード情報が漏えいした。また2014年1月には、米国のホームセンターチェーンであるMichaels社の決済システムからデータが漏えい。さらに2014年5月には、米国のオークションサイトであるeBayの個人情報が不正アクセスにより漏えいし、1億4500万ユーザーが影響を受ける可能性があると発表された。このように、セキュリティの脅威は拡大し続けている。こうした脅威にいかに対応していくのか。

セキュリティ

【2014年総括】セキュリティ脅威動向からみる最重要課題「半数近くの企業で深刻な被害を発見」- ラック

【特別企画】【2014年総括】セキュリティ脅威動向からみる最重要課題「半数近くの企業で深刻な被害を発見」- ラック

12月11日に都内で開催されたセミナー「大企業のための情報漏洩対策セミナー~情報漏洩が起こる事を想定した対策を講じる~」にて、情報セキュリティのトップ企業であるラックの講演内容を紹介する。2014年の総括ともいえる、セキュリティ脅威動向と最重要課題は、2015年のセキュリティ対策を検討する上で一見の価値ありだ。

セキュリティ

限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

【特別企画】限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

ネットワーク技術の発展に伴い、サイバー攻撃の脅威も増すようになってきている。そして、その脅威から身を守るためのサイバーセキュリティも企業のビジネス活動を成功させるために、その必要性を増しつつある。しかし、これまで企業が導入してきたファイアウォールは、すでに適切に対応することが困難となっており、その有効性は急激に低下している。

セキュリティ

パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

【特別企画】パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。

セキュリティ

未知のマルウェアの爆発的な増加と感染被害の拡大に企業はどう対処すべきか

【特別企画】未知のマルウェアの爆発的な増加と感染被害の拡大に企業はどう対処すべきか

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、ハードウェア/ソフトウェアの両面において常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「マイナビニュースITサミット -大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意- 」と題するセミナーが都内で開催された。

セキュリティ

Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

【特別企画】Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

世界規模で100万にもおよぶコンピューターへの感染、インターネットバンキングのパスワード窃取による1億ドルを越えると推測される損失も懸念されるZeusの亜種GameOver。米司法省や米国連邦捜査局をはじめ、各国機関も連携するなど大規模な活動停止作戦が行われている。コマンド&コントロール(C&C)によるDDoS攻撃など複雑な構造で被害を拡大させている。セキュリティベンダーであるWebsenseが、このGameOverに関する考察をオフィシャルブログに掲載している。

セキュリティ

『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

【特別企画】『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

より高度化、凶悪化したインターネット上の脅威が、企業にとって深刻なセキュリティリスクとなりつつある。こうした脅威への対応は、企業での利用が広がるスマートデバイスにも必要だ。

セキュリティ

【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

【特別企画】【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

増え続けるネットワーク・セキュリティの課題に対し、企業が信頼性を失うことなく事業を継続していくには、何が必要なのだろうか?インターネット・セキュリティのリーディングカンパニーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(以下、チェック・ポイント社) シニア・システムズ・エンジニア 安藤 正之氏から、拡大を続ける脅威の現状と、それに対する効果的な対策が語られた。

セキュリティ

【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

【特別企画】【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

巧妙化・深刻化する標的型攻撃。その根底には、人の心の隙を狙って情報入手を行うソーシャルエンジニアリングがある。標的型攻撃に対処するためには、まずソーシャルエンジニアリングについての理解が必要だ。

セキュリティ

【標的型攻撃の正しい怖がり方と対処方法】最近の事件から学ぶ、攻撃手口と運用留意点

【特別企画】【標的型攻撃の正しい怖がり方と対処方法】最近の事件から学ぶ、攻撃手口と運用留意点

「標的型攻撃とはどのようなものなのか」。2014年2月28日に開催された「2014年版!標的型攻撃対策セミナー」において、ソフトバンク・テクノロジー株式会社 技術統括 プラットフォーム&データソリューション本部 シニアセキュリティエヴァンジェリスト 辻 伸弘 氏による基調講演「標的型攻撃対策再入門」が行われた。本記事では、当日の講演にて解説された、標的型攻撃の正体と対処方法について紹介する。

セキュリティ

情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは

【特別企画】情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは

マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。ここでは、今回のセミナーの協賛企業でもあるハンモックの藤田英雄氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。

セキュリティ

標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

【特別企画】標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る! ネットワーク次世代技術総覧セミナー」と題したそのセミナーでは「標的型攻撃の現状と必要な対策」について、次世代セキュリティ技術の専門メーカーであるファイア・アイ株式会社の橋本賢一郎氏が、実際の標的型攻撃をデモで紹介しながら、その対策を熱く語った。

セキュリティ

30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

【特別企画】30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

FireEye MPS の名前を世に広く知らしめたのは、2009 ~2010 年にかけてIT 業界を狙った、通称「Operation Aurora」と呼ばれる大規模な標的型攻撃だ。この攻撃ではIE6 の脆弱性が突かれ、Googleをはじめ30社を超える企業でアカウント情報を盗まれるなどの被害が出た。Googleが中国からの全面撤退を発表したことでも記憶に残っている方は多いだろう。

セキュリティ

標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

【特別企画】標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

サイバー攻撃の中でも近年特に問題になっている「標的型攻撃」には、ステルス性(隠匿性)が非常に高いものが多い。そのため、攻撃の前段階はおろか、攻撃自体が終わっても気付かない企業も珍しくない。しかし現在は、ありとあらゆる情報がデータで記録されている時代である。何百億円と投資して得た研究成果や、数十億円規模に及ぶビッグプロジェクトの実予算もサーバ上に残されている。

セキュリティ

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

【特別企画】便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題したセミナーが3月12日に開催された。最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートが語るセミナーで、パロアルトネットワークス マーケティング部長である菅原継顕氏は「モダンマルウェアの脅威と対策~脅威はアプリケーションからやってくる~」と題した講演を行った。

セキュリティ

78 件中 61~78件目を表示中

78 件中 61~78件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る