マイナビニュースマイナビ

「働き方改革」関連記事一覧

152 件中 81~100件目を表示中

RPAの課題と今後

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン [7] RPAの課題と今後

さまざまな形態のRPAについて解説してきた本連載も最終回。今回は、新技術や労働現場の動向も踏まえながら、今後の展開について考えていきたいと思います。

開発ソフトウェア

UCCグループ、国内事業会社の経費管理基盤に「Concur Expense」を採用 [事例]

UCCグループ、国内事業会社の経費管理基盤に「Concur Expense」を採用 [事例]

コンカーは5月9日、UCCグループの国内事業会社の経費管理基盤として「Concur Expense」が採用されたと発表した。稼働開始は、2019年1月の予定。

ソリューション

それぞれの課題はビデオ会議システムでどう解決されたのか? 2社が事例を解説!

それぞれの課題はビデオ会議システムでどう解決されたのか? 2社が事例を解説!

シスコシステムズでは4月11日、働き方改革をテーマに掲げたカンファレンス「Cisco Collaboration Summit 2018」を都内にて開催した。本稿では、最新のコラボレーションソリューションを導入した代々木アニメーション学院、およびリクルートテクノロジーズによる事例講演の模様をレポートする。

業務アプリケーション

公益・一般法人の発行物の制作現場が抱える"属人化"問題とその解決法

【特別企画】公益・一般法人の発行物の制作現場が抱える"属人化"問題とその解決法

一般的に、印刷出版と聞けば書店に並ぶ商業出版物をイメージするだろう。だが、出版物の定義は「書物や図版などを印刷(複製)して販売、もしくは配布するもの」とされている。つまり、公益法人・一般法人(以下、法人)などが制作する機関誌や報告書(例えば会員向けの広報や決算報告書など)も出版物に含まれる。ペーパーレス化が進む昨今、紙の印刷物は削減される傾向にある。だが、紙の印刷物を望む会員を始めとするステークホルダーも多く、簡単にすべてをなくすことはできない。そこで今、求められるものは、印刷出版物の制作現場における業務効率化とコスト削減である。

業務アプリケーション

チームスピリット、クラウド型テレフォニーサービス「BIZTEL」を導入 [事例]

チームスピリット、クラウド型テレフォニーサービス「BIZTEL」を導入 [事例]

リンクは1月18日、チームスピリットがリンクのクラウド型テレフォニーサービス「BIZTEL(ビズテル)」を導入した事例を公開した。

業務アプリケーション

IT投資に対する日本企業の意識は4年でどう変わったか? - JEITAらが調査

IT投資に対する日本企業の意識は4年でどう変わったか? - JEITAらが調査

電子情報技術産業協会(JEITA)のソリューションサービス事業委員会は1月15日、IDC Japanと共同で実施した「2017年 国内企業の『IT経営』に関する調査」の結果を発表した。

ソリューション

Yahoo! JAPANと京都工芸繊維大学NEO、働き方の社会実験に「Zoom」を採用 [事例]

Yahoo! JAPANと京都工芸繊維大学NEO、働き方の社会実験に「Zoom」を採用 [事例]

NECネッツエスアイは12月26日、同社の提供するビジュアルコミュニケーションツール「共創ワークソリューション Zoom」が、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)本社内にあるオープンコラボレーションスペース「LODGE(ロッジ)」で2018年1月15日から2月6日まで実施される社会実験「"はたらく"のつなぎかた」に採用されたと発表した。

業務アプリケーション

事例で学ぶ、コミュニケーション基盤刷新でワークスタイルを変える方法

【特別企画】事例で学ぶ、コミュニケーション基盤刷新でワークスタイルを変える方法

テレビショッピングを中心に「ショップジャパン」ブランドを展開するオークローンマーケティングは、伝統的なテレビショッピングに頼らないオムニチャネル戦略を実施することで、最良な顧客体験を提供する通販企業。同社では子会社も含め、国内はもちろん海外にもオフィスを展開しており、これらの拠点同士で円滑なコミュニケーションを実現するため、以前からビデオ会議システムを活用してきた。しかし、長年の利用によりトラブルが発生しても部材の調達が難しく、性能的にも限界を迎えていたため、新たなコミュニケーションを構築することになった。

業務アプリケーション

悪しき慣習を排除せよ! 日本企業の「働き方」を本気で変えるには?

悪しき慣習を排除せよ! 日本企業の「働き方」を本気で変えるには?

ウイングアーク1stは11月14日、年次イベント「ウイングアークフォーラム 2017」を都内にて開催した。本稿では、「働き方」トラックに登壇した日本マイクロソフト テクノロジーセンター センター長 澤円氏が、同社の働き方改革ビフォー・アフターを交えながら語った講演「『働き方改革』を本気で進めるために必要なこと、教えます。~ワークスタイルのリアル~」の模様をお届けする。

ソリューション

リアルタイムでの在庫管理を実現! 倉庫業務の効率化を販売管理システムが実現

【特別企画】リアルタイムでの在庫管理を実現! 倉庫業務の効率化を販売管理システムが実現

本稿では、倉庫業務での業務効率化に貢献するICTソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。

業務アプリケーション

ブロックチェーンで「奪われる仕事」と「価値が高まる仕事」は何か?

ブロックチェーンで「奪われる仕事」と「価値が高まる仕事」は何か?

ガートナー ジャパンは10月31日~11月2日、都内で「Gartner Symposium/ITxpo 2017」を開催した。11月2日に行われたゲスト基調講演には、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問 一橋大学名誉教授 野口悠紀雄氏が登壇。「ブロックチェーン革命」と題し、ブロックチェーンの可能性やこれからの関わり方について論じた。

ソリューション

たった2ヶ月間のモバイル環境改善で、なぜ80%以上のコスト削減効果を実現できたのか

【特別企画】たった2ヶ月間のモバイル環境改善で、なぜ80%以上のコスト削減効果を実現できたのか

公的および企業年金基金向けを中心とした運用サービスを提供しているセイリュウ・アセット・マネジメント。同社のビジネスはここ数年で大きく拡大し、現在の運用資産残高は約900億円に到達。独立系の運用会社としては日本で唯一、公的運用機関の資金を受託しているという点からも、顧客からの大きな信頼を得ていることが伺える。そんな同社で課題となっていたのが、業務遂行に必要なモバイル環境の整備だった。

業務アプリケーション

三菱ふそうがDXを進める2つの要因とは - Microsoft Tech Summit 2017

三菱ふそうがDXを進める2つの要因とは - Microsoft Tech Summit 2017

Microsoft Tech Summit 2017の基調講演では、米マイクロソフト プレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏が登壇。マイクロソフトが考えるデジタル革新について解説した。三菱ふそうトラック・バスのDX事例や、MRを活用した近未来ワークプレイス像などが具体例も紹介されたのでお伝えしよう。

業務アプリケーション

労働時間をあと3時間減らすには? 働き方を変革するITの「使いどころ」

労働時間をあと3時間減らすには? 働き方を変革するITの「使いどころ」

ワークスタイル変革に取り組む企業にとって最大の課題は、「残業時間の削減」であろう。10月31日~11月2日にかけて開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2017」では、ガートナー ジャパン リサーチ部門 バイスプレジデント 志賀嘉津士氏が「ワークスタイル変革にCIOとIT部門はいかに取り組むべきか」と題した講演に登壇。作業内容に応じて就労時間を分割して捉え、それぞれにどのようなITを適用すれば効率化できるかが示された。

ソリューション

専門弁護士に聞く、働き方改革に必要な「努力目標」と「至上命令」の違い

【特別企画】専門弁護士に聞く、働き方改革に必要な「努力目標」と「至上命令」の違い

2016年9月27日に政府が開催した「働き方改革実現会議」では「働き方改革は成長戦略の一丁目一番地」と明言されている。それに伴い、2019年には過重労働規制などを含む「改正労働基準法」も施行される予定だ。その際、一部の分野には猶予期間があるが、ほとんどの企業では待ったなしの対応を求められる。本稿で提供するPDFでは、働き方改革の実施において対応が不可避となる企業の「法的義務」について、労働法務が専門分野の石嵜・山中総合法律事務所の弁護士、橘 大樹氏が解説している。ここでは、その一部を紹介しよう。

業務アプリケーション

なぜ資生堂はBoxでワークスタイル変革を実現できたのか

【特別企画】なぜ資生堂はBoxでワークスタイル変革を実現できたのか

世界88の国と地域で事業を展開し、化粧品メーカーとして日本・アジアでNo.1、世界第5位の規模を誇る資生堂グループ。同社は、国内外のグループ会社を含めた「One SHISEIDO」としての組織の相互連携を強化するため、新たな情報共有基盤として、エンタープライズに特化したセキュアなクラウド型コンテンツ管理サービス「Box」を導入した。

業務アプリケーション

[講演レポート提供]AI活用が成功への近道! 成長したい企業に贈る「正しい働き方改革」のススメ

[講演レポート提供]AI活用が成功への近道! 成長したい企業に贈る「正しい働き方改革」のススメ

9月6日に行われた第54回IT Search+スペシャルセミナーでは、クロスリバー 代表取締役社長 CEO 越川慎司氏が登壇。かつて日本マイクロソフトで役員としてofficeビジネスを統括していた越川氏は、多くの企業の働き方改革を支援してきた。その経験を元に起業し、現在はクラウドとAIを駆使した働き方改革の推進支援を行っている。講演では、本当の意味で成果が得られる働き方改革の在り方について、さまざまな視点から解説が繰り広げられた。

ソリューション

現場の声から始める働き方改革!従業員の声から浮き彫りになった課題とは

【特別企画】現場の声から始める働き方改革!従業員の声から浮き彫りになった課題とは

「一億総活躍社会」の実現に向けて「働き方改革」が政府により推進されている。その背景にあるのが、労働人口の減少や少子高齢化、長時間労働だ。効率的で多様な働き方を推進することで、働きたい人が働ける社会を実現し、従業員の生産性向上と、個々人が仕事と暮らしの調和をとれるよう環境を整備していくことが、今、企業に求められている。

ソリューション

4つの着眼点から考える‼中堅・中小企業で実現できる奉行流働き方改革とは?

【特別企画】4つの着眼点から考える‼中堅・中小企業で実現できる奉行流働き方改革とは?

一億総活躍社会の実現のため日本政府が進めている「働き方改革」。いま企業には、大切な資産である「人財」に寄り添い、働きやすい環境を整備していくことが求められている。「ワーク・ライフ・バランスの改善」「長時間労働の是正」「ダイバーシティ推進」など、取り組むべき課題は多い。なかでも、「長時間労働」は生産性やモチベーションの低下を招く要因であり、今や深刻な社会的問題として、取り締まりを強化するための法改正を国は進めている。

業務アプリケーション

運用・保守業務を効率化し情シスの作業負荷を軽減する販売管理システム

【特別企画】運用・保守業務を効率化し情シスの作業負荷を軽減する販売管理システム

本稿では、情シス部門の課題を解決するICTソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。

業務アプリケーション

152 件中 81~100件目を表示中

152 件中 81~100件目を表示中

ページの先頭に戻る