マイナビニュースマイナビ

「SaaS」関連記事一覧

98 件中 81~98件目を表示中

「初期投資削減」でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

【特別企画】「初期投資削減」でニーズ拡大。顧客満足度を上げるクラウド型コールセンターとは?

コールセンター業務の利用範囲が広がりを見せている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、このコールセンターのニーズに応えるため手軽にはじめられるクラウド型コールセンター「AQStage IPコールセンタサービス」を市場に投入した。

マーケティング

50,000社以上が導入 - 電話会議サービスでおさえるべきポイントは?

【特別企画】50,000社以上が導入 - 電話会議サービスでおさえるべきポイントは?

電話・Web会議サービスを展開するプレミアコンファレンシング(PGi)。同社は、フォーチュン100社の75%、世界各地で50,000社以上にサービスを提供。 日本市場では15年前からサービスを提供しており豊富な実績があるうえ、高い成長力と顧客ニーズへの柔軟な対応力が評価されている。

業務アプリケーション

「アソビゴコロとテクノロジー」を駆使し、かかわる人すべてに「楽しい」を届ける

【特別企画】「アソビゴコロとテクノロジー」を駆使し、かかわる人すべてに「楽しい」を届ける

「アソビゴコロとテクノロジー」を駆使し、かかわる人すべてに「楽しい」を届ける―― そんなモットーを掲げるクリエイティブカンパニー「ソノリテ」では、マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」のコンサルティングサービス「テラスク365」を展開している。

ソリューション

成長企業が使っているGoogle Apps(Gmail)のメールセキュリティ術とは?

【特別企画】成長企業が使っているGoogle Apps(Gmail)のメールセキュリティ術とは?

メールソリューションのオンプレミス型からクラウド型への移行が進んでいる。しかし、クラウド型のサービスそのままだと、誤送信やデータの安全な保護が難しいケースもある。そんな時に活躍するのが、クラウド型メールサービスと連携可能なトランスウエアの誤送信対策ソリューションやメールアーカイブサービスだ。

セキュリティ

クライアントPC保護の新常識~中堅・中小企業にこそ求められる次世代型マルウェア対策~

【特別企画】クライアントPC保護の新常識~中堅・中小企業にこそ求められる次世代型マルウェア対策~

本稿では、主に従業員1,000人未満の中堅企業、同300人未満の中小企業の情報システム担当者に向けて、マルウェア1対策製品の選定にまつわる基本的な考え方についてまとめたホワイトペーパーを紹介する。

セキュリティ

基幹業務もオンプレミスからクラウドへ業務効率と事業継続性を同時に高めるポイントとは

【特別企画】基幹業務もオンプレミスからクラウドへ業務効率と事業継続性を同時に高めるポイントとは

企業がビジネスを展開するにあたり、必要不可欠なのが基幹システム。従来はオンプレミス環境で構築する企業が多かったが、最近ではこの基幹システムのクラウド化に注目が集まっている。ではなぜ注目されているのかを紹介する。

業務アプリケーション

導入実績56万社!「奉行シリーズ」で基幹業務をクラウド化

【特別企画】導入実績56万社!「奉行シリーズ」で基幹業務をクラウド化

オンプレミス環境へのこだわりが企業の成長を止める基幹業務のクラウド化で業務効率の向上と事業継続性を確保。数ある情報システムの中でも、企業の経営や事業展開に必要不可欠なのが基幹システムだ。企業にとって極めて重要なデータが含まれることから、従来はオンプレミス環境で構築するのが通例だった。しかし近年、この基幹システムをクラウド化する企業が増えてきている。その理由とは何かをご確認いただきたい。

業務アプリケーション

セキュアに! 多様なデバイスで! 社内PCにアクセスできる「GoToMyPC」 - アセンテック【Business Confernce 2014】

【特別企画】セキュアに! 多様なデバイスで! 社内PCにアクセスできる「GoToMyPC」 - アセンテック【Business Confernce 2014】

スマートデバイスを活用するといっても、オフィスのPCで使っている既存アプリケーションを"そのまま"外出先で利用する方法は限られる。有力な方法として、自席のPCやサーバ上の仮想PCの画面を、外出先からリアルタイムにアクセスするリモートPCアクセス・サービスが挙げられる。

仮想化

わずか半日で、SaaSと既存システムの連携が完了! 既存システムとの連携を事前検証するサービスも提供

【特別企画】わずか半日で、SaaSと既存システムの連携が完了! 既存システムとの連携を事前検証するサービスも提供

クラウドを導入するにあたっては、既存の基幹システムと連携させる作業が必要で、時間もコストもかかる。こうした課題を解決し、迅速かつ安価にSaaSとオンプレミスシステムを連携させられる、新世代システム連携ソリューションに注目が集まっている。

ソリューション

評価されるWeb会議システムとは? 比較検討の結果見えてくる選定ポイント

【特別企画】評価されるWeb会議システムとは? 比較検討の結果見えてくる選定ポイント

ジャパンメディアシステム株式会社が提供するWeb会議システム「LiveOn」。2013年9月に開催された「ASP・SaaS・クラウドアワード2013」において、その優れた性能が評価され、支援業務系グランプリを受賞している。本ホワイトペーパーでは、具体的に比較評価した結果を示しながら「LiveOn」が持つ特長と、Web会議システムに大切な「音質」と「安定性」について解説していこう。

業務アプリケーション

クラウド利用で露呈した運用上の課題と対策とは

【特別企画】クラウド利用で露呈した運用上の課題と対策とは

「Salesforce.com」に代表されるSaaS型のクラウドアプリケーションは、今やすっかりビジネスの現場に根付いた感がある。しかし一方で、クラウドの利用が広まるにつれ、その運用上の課題も露呈しつつあるようだ。その最たるものの1つが、基幹システムとの連携という問題だ。

ソリューション

貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

【特別企画】貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

サイバー攻撃は活発になる一方だ。セキュリティ関連の製品/サービスを手がける三和コムテックのソリューション営業部Webセキュリティグループ副部長、岡山大氏は「Webを設置している企業はすべてサイバー攻撃に備える必要があります」と警告する。岡山氏は続けてこう言い放つ。「あなたの会社のWebサイトが、1年も前に侵入されてしまったのに、今もそれに気がついていない可能性があるのです」

セキュリティ

クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

【特別企画】クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

グループウェアの選定時に抑えるべきポイントは「コスト×機能」! 競争の激しい現在のビジネス環境を勝ち抜くために欠かせないのが、社内での円滑な情報連携だ。必要な情報を、必要とする社員の全てが共有できるようにすることで、あらゆる業務の効率性や柔軟性が増し、ひいては全社的な競争力の向上へとつながるのである。

業務アプリケーション

これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

【特別企画】これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

場当たり的に導入したセキュリティ製品。これらのポイントソリューションが、セキュリティ製品の導入コスト、IT管理者の管理コストなどを増加させていることをご存知だろうか? IT 管理者が不在、あるいは社員による兼任の場合、コストの増加だけでなく、セキュリティのリスクも出てくるかもしれない。複雑になった ITインフラはこのままではどんどん "浪費家" になっていくだろう。

セキュリティ

より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

【特別企画】より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

クラウドの活用に関してはさまざまな課題が残されている。中でも、「パフォーマンスが予測できない」「安全性が不透明」「データ転送が遅い」という障壁は、ビジネスへの影響が大きい。これらを解決しないかぎり、安心してクラウドを活用することは難しいだろう。本稿では、ネットワークのさまざまな課題を解決するためにリバーベッドが提供するソリューションを紹介しよう。

ネットワーク機器

今のグループウェアのままでいいと思ってませんか? ビジネス環境の変化で新たなグループウェアが必要に

【特別企画】今のグループウェアのままでいいと思ってませんか? ビジネス環境の変化で新たなグループウェアが必要に

グローバル化の進展やテクノロジーの進歩などによりビジネスを取り巻く環境が大きく変化した今、企業には新たな環境への速やかかつ的確な対応が迫られている。そのような中、これからの企業のソリューションに特に求められる要素は、「モバイル対応」、「企業内クラウド構築」、「グローバル化に伴う統合的な管理対応」の3つだといえる。これら3つの要素をすべてカバーしている"グローバルグループウェア"をハンビロが提供しているので紹介しよう。

業務アプリケーション

会社でCc付きメールが氾濫していませんか? やってはいけない! 電子メールでの社内情報共有

【特別企画】会社でCc付きメールが氾濫していませんか? やってはいけない! 電子メールでの社内情報共有

メールを使った情報共有でよく使われる機能に"Cc"があるが、安易なCcの利用こそが業務効率化の阻害要因となっているのである。通常、業務上のメールは必ず目を通すものだが、「とりあえず」Ccを付けることが社内での習慣となってしまうと、自分の業務とは関係のないメールも大量に送りつけられるようになる。それらのメールにいちいち目を通していたのでは、本来すべき業務にまで支障をきたしてしまうのだ。本稿では、それら問題の解決につながる、業務の効率化のための22機能を標準搭載したグループウェアをご紹介する。

業務アプリケーション

企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

【特別企画】企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

3月12日に開催されたセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対処すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」では、企業が晒される脅威について各分野のエキスパートが解説。実践的な対処方法も紹介された。この中で、特にウェブサイトのセキュリティについて語ったのは、日本ベリサイン SSL製品本部 SSLプロダクトマーケティング部 上席部長である安達徹也氏だ。

セキュリティ

98 件中 81~98件目を表示中

98 件中 81~98件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
人生を豊かにするパラレルキャリア~VUCA時代に新しい生き方を選ぶ理由とは~
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る