マイナビニュースマイナビ

「フレームワーク」関連記事一覧

103 件中 41~60件目を表示中

デジタルテクノロジーで消費者にユニークな体験を提供 - 電通グループ事例ご紹介

【特別企画】デジタルテクノロジーで消費者にユニークな体験を提供 - 電通グループ事例ご紹介

消費者との相互コミュニケーションを通じ、ビジネスを成功に導こうという新しいソリューションサービスが登場した。電通レイザーフィッシュの「次世代コミュニケーションプラットフォーム」である。最新のデジタルテクノロジーを活用した同サービスには、顧客にユニークな体験をもたらすコマース基盤や分析機能が用意されている。

マーケティング

Hadoopを社内に取り入れるチャンス!ユーザー・エクスペリエンスを考慮した設計でビッグデータ・アナリティクスを実現

【特別企画】Hadoopを社内に取り入れるチャンス!ユーザー・エクスペリエンスを考慮した設計でビッグデータ・アナリティクスを実現

大規模データの分散処理には欠かせない"Hadoop"。Apacheプロジェクトのオープンソースとして、日々改良が重ねられるこのフレームワークは、もはや欠かすことができない。まだ創生期にあるといは言え、その価値はITの世界では広く認識されはじめている。もはや"導入するか、しないか?"という問いは過去のものになりつつあるのだ。そんなHadoopにも課題がないわけではない。

データ分析

ユニットテスト用モック作成ツール「EasyMock」によるメソッド呼び出し検証

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [61] ユニットテスト用モック作成ツール「EasyMock」によるメソッド呼び出し検証

前回に引き続き、ユニットテストに利用するためのモックオブジェクトを簡単に作成することができる「EasyMock」について紹介する。

開発ソフトウェア

ユニットテストのためのモックを簡単に作成できる「EasyMock」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [60] ユニットテストのためのモックを簡単に作成できる「EasyMock」

ユニットテストを行う際に、対象のクラスが他のオブジェクトに依存している場合、その依存するオブジェクトの状態に応じて実行結果が変わってしまうため、正しく動作しているかどうか確認するのが難しくなるという問題が発生する。これを回避するには、そのオブジェクトの動作をシミュレートする「モックオブジェクト」を作成し、実際のオブジェクトの代わりにテストに利用するという手法が一般的である。

開発ソフトウェア

スタンドアロンでのTymeleafテンプレートの利用

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [59] スタンドアロンでのTymeleafテンプレートの利用

前回に引き続き、Javaアプリケーション用テンプレートエンジン「Thymeleaf」の使い方を紹介する。標準の文法セットである「Standard Dialects」に用意された文法として#{●●●}と${●●●}、そして*{●●●}という3種類を取り上げたが、Standard Dialectsにはもうひとつ「@{●●●}」という記述方法が存在する。これはURL形式の文字列を生成するための構文である。

開発ソフトウェア

Java用テンプレートエンジン「Thymeleaf」の標準文法セットを利用する

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [58] Java用テンプレートエンジン「Thymeleaf」の標準文法セットを利用する

前回はJavaアプリケーション向けののテンプレートエンジン「Thymeleaf」を紹介した。Webアプリケーション開発でテンプレートエンジンを利用するメリットは、見た目のデザインとロジックを記述するコードが分離できるという点にある。その点、前回示したhello.htmlの例は、単にテキスト部分を別ファイルに抜き出しただけなので、ロジックの分離という観点には触れていない。

開発ソフトウェア

XHTML/XML/HTML5をサポートしたテンプレートエンジン「Thymeleaf」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [57] XHTML/XML/HTML5をサポートしたテンプレートエンジン「Thymeleaf」

「Thymeleaf」は、XHTMLとHTML5、そしてXMLをサポートしたJavaアプリケーション向けののテンプレートエンジンである。テンプレートエンジンとは、テンプレートと呼ばれる雛形と、個別に用意された入力データを合成して、その結果を出力するソフトウェアの総称。見た目を記述するコードと、ロジック/データを記述するコードが分離できることや、共通部分のコード量を減らすことができるなどといったメリットがある。

開発ソフトウェア

「renderSnake」をサーバサイドで利用する

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [56] 「renderSnake」をサーバサイドで利用する

前回は、Javaプログラムから単純メソッド呼び出しだけで直感的にHTMLコードを生成することができるライブラリ「renderSnake」を紹介した。今回はこれを、サーバサイドでServletと連携させて利用する方法を解説する。

開発ソフトウェア

直感的なHTMLコードの生成が可能な「renderSnake」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [55] 直感的なHTMLコードの生成が可能な「renderSnake」

「renderSnake」は、JavaプログラムでHTMLコードを生成するためのライブラリである。複雑な手続きを必要とせずに、単純メソッド呼び出しだけで直感的にタグを出力できることや、少ないメモリ使用量で軽量に動作するため様々なアプリケーションに組み込んで利用できることなどが大きな特徴。

開発ソフトウェア

「PrimeFaces」でUIとサーバ側のManagedBeanを連携させる

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [54] 「PrimeFaces」でUIとサーバ側のManagedBeanを連携させる

今回は、JSF(JavaServer Faces)コンポーネント・スイートの「PrimeFaces」を用いて、UIコンポーネントとサーバ側のManagedBeanオブジェクトを連携させる例を紹介する。具体的には、フォームから入力されたメッセージをサーバ側のオブジェクトに記録し、その内容をテーブルでページに表示するというアプリケーションを作ってみる。

開発ソフトウェア

収録数は100以上! JSF用軽量コンポーネントスイート「PrimeFaces」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [53] 収録数は100以上! JSF用軽量コンポーネントスイート「PrimeFaces」

「PrimeFaces」は、JSF(JavaServer Faces)を利用したWebアプリケーション開発向けの軽量コンポーネント・スイートである。位置づけとしては以前紹介した「OpenFacesと同様にJSFベースのコンポーネント・フレームワークということになるが、100以上のコンポーネントと、30以上の組込みUIテーマを持つスキンフレームワークを備え、高度な設定を必要とせず簡単に使える点が大きな特徴とされている。

開発ソフトウェア

Googleが開発した高速圧縮ライブラリ「Snappy」をJavaで使う

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [52] Googleが開発した高速圧縮ライブラリ「Snappy」をJavaで使う

「Snappy」はGoogle社が開発した高速圧縮/伸長(解凍)ライブラリである。もともとは「Zippy」という名称で知られていたものだが、BSD Licenseに基づいてオープンソース化され、誰でも利用できるようになった。ZippyはBigTableやMapReduceから内部的なRPC処理にいたるまで、Google社内のあらゆるプロジェクトで利用してきた実績を持つ。

開発ソフトウェア

JSFコンポーネントライブラリ「OpenFaces」でグラフを表示する

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [51] JSFコンポーネントライブラリ「OpenFaces」でグラフを表示する

今回は、前回紹介したOpenFacesを用いて、Webページにグラフを表示する方法を解説する。OpenFacesではグラフを表示するためのカスタムタグとしてタグが用意されている。このタグを用いることで、サーバ側のBacking Beanのプロパティとグラフの値を関連付けて表示することができる。

開発ソフトウェア

Ajaxを利用したJSFコンポーネントライブラリ「OpenFaces」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [50] Ajaxを利用したJSFコンポーネントライブラリ「OpenFaces」

「OpenFaces」は、Ajaxによるサーバとの非同期な通信を利用したJSF(JavaServer Faces)コンポーネント・フレームワークである。WebアプリケーションにおいてAjaxを利用する場合、通常であればJavaScriptを記述する必要がある。単にJavaScriptを利用するだけであればそれほど難しくないが、JSFを並用するとなると少々話が複雑になってくる。

開発ソフトウェア

Java用RIAフレームワーク「Vaadin」でのイベント処理

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [49] Java用RIAフレームワーク「Vaadin」でのイベント処理

前回では、Java用のWebアプリケーションフレームワーク「Vaadin」を用いて入力フォームをレイアウトする例を紹介した。今回は、それに対してボタンがクリックされた場合のイベント処理を追加してみる。

開発ソフトウェア

Java用RIAフレームワーク「Vaadin」を利用したWebアプリケーション開発

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [48] Java用RIAフレームワーク「Vaadin」を利用したWebアプリケーション開発

「Vaadin」は、JavaのコードのみでAjaxを利用したリッチなWebアプリケーションを開発することができるRIAフレームワークである。前回の記事は、このVaadinをNetBeansにおいて利用する方法を紹介した。今回は実際にコードを書いてUIコンポーネントを配置してみよう。

開発ソフトウェア

GWTベースのJava用RIAフレームワーク「Vaadin」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [47] GWTベースのJava用RIAフレームワーク「Vaadin」

今回はJavaアプリケーション向けのRIAフレームワークである「Vaadin」を紹介する。Vaadinは、JavaによるWebアプリケーション開発において、JavaのコードだけでAjaxを利用したリッチなUIを実現するためのフレームワークである。

開発ソフトウェア

「StringSearch」による文字クラス/ミスマッチ文字を含む文字列検索

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [46] 「StringSearch」による文字クラス/ミスマッチ文字を含む文字列検索

文字列検索ライブラリの「StringSearch」を利用すれば、Javaプログラムにおいてさまざまなアルゴリズムによる文字列検索を行うことができるようになる。前回ではこのライブラリの基本的な使い方と、ワイルドカードを利用した文字列検索のやり方を解説したので、今回はそれに引き続き、文字クラスを使った検索と、ミスマッチ文字を含んだ検索について紹介したい。

開発ソフトウェア

Javaライブラリ「StringSearch」による文字列検索

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [45] Javaライブラリ「StringSearch」による文字列検索

前回は、高速な文字列検索アルゴリズムを実装したJava用ライブラリである「StringSearch」について、サポートされるアルゴリズムと対応するクラスについて紹介した。今回は、StringSerachを使って実際に文字列検索を行う方法を解説する。

開発ソフトウェア

高速な文字列検索を実現するJavaライブラリ「StringSearch」

【連載】攻略! ツール・ド・プログラミング [44] 高速な文字列検索を実現するJavaライブラリ「StringSearch」

Johann Burkard氏が公開しているStringSearchは、高速な文字列検索アルゴリズムを実装したJava用ライブラリである。BNDM法や、BMH法とその派生、Bit-parallel手法といった複数のアルゴリズムをサポートしている点が特徴。いずれのアルゴリズムを利用する場合でも基本的な使い方は共通しているため、用途によって簡単に使い分けることができる。

開発ソフトウェア

103 件中 41~60件目を表示中

103 件中 41~60件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る