マイナビニュースマイナビ

「フレームワーク」関連記事一覧

103 件中 21~40件目を表示中

いまさら聞けないインターネットの仕組み

【連載】基礎の基礎から学ぶ、Webプログラミング超入門 [1] いまさら聞けないインターネットの仕組み

本連載では全10回にわたって非エンジニアやインターネット初心者の方に向けて普段触っているWebサイトの裏側はどうなっているのか、どう作られているのかについてわかりやすく解説していきます。第1回は、「インターネットの仕組み」と「Webの変遷」について説明します。

開発ソフトウェア

de:code 2017、Web上で手軽に使える本格AIサービスが多数登場

de:code 2017、Web上で手軽に使える本格AIサービスが多数登場

de:code 2017では、MicrosoftとしてAIへの対応を進めていることを全面的にアピール。ビジュアルなインタフェースで利用できるAIサービスも多数紹介された。本稿ではその一部を紹介。リンクも張ってあるのでぜひ試してほしい。

クラウド

APIの見える化 - Prometheus/Swagger

【連載】APIエコノミーの作り方 [8] APIの見える化 - Prometheus/Swagger

今回はPrometheusを使ったAPIの監視方法と、Swaggerを使ったドキュメンテーションについて紹介します。

開発ソフトウェア

HoloLens入学式の裏にあったドワンゴ開発者の苦闘

HoloLens入学式の裏にあったドワンゴ開発者の苦闘

4月5日に東京都港区のニコファーレで開催された「平成29年度 N高等学校ネット入学式」。インフラ開発を担当したドワンゴにとって、このイベントは非常に大きなチャレンジであった。

開発ソフトウェア

APIの見える化 - Zipkin、Kibanaの環境準備

【連載】APIエコノミーの作り方 [7] APIの見える化 - Zipkin、Kibanaの環境準備

マイクロサービスアーキテクチャは、小さなAPIの組み合わせにより構築されます。一つのリクエスト対して複数のAPIが呼ばれるため、どのAPIにて障害が発生したか切り分けが複雑になりがちです。今回はAPIの見える化を取り扱います。

開発ソフトウェア

API組み合わせの勘所

【連載】APIエコノミーの作り方 [6] API組み合わせの勘所

APIエコノミーは新しい分野ではありつつも、少しずつAPI Gatewayパターンのようなベストプラクティスに相当するものも出てきています。今回はAPIの組み合わせていく上での勘所を紹介します。

開発ソフトウェア

Swagger Codegenを使ったコード自動生成のポイント

【連載】Swagger入門 - 初めてのAPI仕様管理講座 [3] Swagger Codegenを使ったコード自動生成のポイント

今回はSwagger Codegenを紹介します。Swagger Codegenを使うと、Swagger Spec仕様を記述したYAMLやJSONファイルからAPIコンシューマのドライバコードやAPIプロバイダのスタブコードを自動生成できます。Swagger UIと合わせて使うと、仕様を記述するだけでドキュメントもコードも自動生成可能です。

開発ソフトウェア

Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(2) 視線入力を実現する

【連載】VRコンテンツの作り方 [13] Unityで汎用スマホ向けVRアプリを作る(2) 視線入力を実現する

前回に引き続き、Google VR SDKを利用したVRアプリの実装を進めていきます。今回は入力部分を実装します。

開発ソフトウェア

レガシーモダナイゼーション7つの手法とAPIの活用シーン

【連載】APIエコノミーの作り方 [2] レガシーモダナイゼーション7つの手法とAPIの活用シーン

APIを活用した経済圏の構築方法について解説している本連載。2回目は、レガシーモダナイゼーションがテーマです。APIを用いた「リインタフェース」についてご紹介しましょう。

開発ソフトウェア

UnityでGear VR用アプリを作る(3) 注視カーソルの実装

【連載】VRコンテンツの作り方 [11] UnityでGear VR用アプリを作る(3) 注視カーソルの実装

今回は、"延長戦"というかたちで、Unityが出している「VR Samples」というアセットから必要最低限のスクリプトを取り込み、uGUI(UnityのデフォルトのGUI)のボタン入力を実装する流れを紹介したいと思います。

開発ソフトウェア

[講演レポート提供]「HTML5 Experts.jp」編集長が語る! 非エンジニア向け次世代Web技術の勘所

[講演レポート提供]「HTML5 Experts.jp」編集長が語る! 非エンジニア向け次世代Web技術の勘所

11月2日に行われた第27回マイナビニュース スペシャルセミナーでは、「HTML5 Experts.jp 編集長 白石俊平が解説! 次世代Web技術がもたらすインパクト」と題し、オープンウェブ・テクノロジー CEOであり、Web技術情報メディア「HTML5 Experts.jp」編集長を務める白石俊平氏が登壇。非エンジニアにもわかりやすく、インターネットやモバイルといったWeb技術の最新動向について解説した。

開発ソフトウェア

[講演資料提供] ただのWebサイトが気付けばアプリに!? 事業者必見、1年後のWebの世界

[講演資料提供] ただのWebサイトが気付けばアプリに!? 事業者必見、1年後のWebの世界

今Webの世界で起きているイノベーション、その特徴を端的に表すと「より速く」「よりパワフルに」「よりシームレスに」の3語になると白石氏は説明する。

開発ソフトウェア

マイクロサービスは銀の弾丸か(2) - 「9つの特徴」5~9

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [9] マイクロサービスは銀の弾丸か(2) - 「9つの特徴」5~9

最終回の今回は、マイクロサービスの「9つの特徴」のうちの後半5つを説明した後、マイクロサービスの適用シーンについてまとめたいと思います。

開発ソフトウェア

58四半期連続成長の秘訣とは? 米Red Hat CEOが来日会見

58四半期連続成長の秘訣とは? 米Red Hat CEOが来日会見

レッドハットは10月6日、同社主催の技術カンファレンス「RED HAT FORUM 2016 Tokyo」に伴い来日していた米Red Hat 社長兼CEOのJames Whitehurst氏による記者発表会を開催。同社の業績や今後の方針について解説した。

開発ソフトウェア

DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較

【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 [3] DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較

連載の最終回となる本稿では、DWH(RDBMS)と新しいテクノロジーでもあるHadoopとの特徴について比較解説することにしたい。

データ分析

OpenStackコミット実績は世界6位 - NEC Cloud System OSS構築モデルの新版発表

OpenStackコミット実績は世界6位 - NEC Cloud System OSS構築モデルの新版発表

日本電気(NEC)は6月2日、クラウド基盤構築・運用支援ソリューション「NEC Cloud System(OSS構築モデル)」に関して、マルチデータセンター機能などを強化した2ndリリースの提供を開始したと発表した。

仮想化

事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手

事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手

日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)は5月25日、年次総会および研究発表会を開催。その中で、JDMC 理事の金井 啓一氏が、データマネジメントに関わるコンテンツを整備していくプロジェクト「データマネジメントコンテンツ開発プロジェクト(仮称)」を発足することを明かした。

データ分析

セキュアなIoTドローンが飛ぶ! 次世代Javaの世界観が示されたJava Day Tokyo 2016

セキュアなIoTドローンが飛ぶ! 次世代Javaの世界観が示されたJava Day Tokyo 2016

5月24日、Javaをテーマにした国内最大級のカンファレンス「Java Day Tokyo 2016」が東京都品川区の東京マリオットホテルで開催された。米OracleでJava SE/ME 開発部門 シニア・ディレクターを務めるBernard Traversat氏や、Java EE エバンジェリストのDavid Delabassee氏をはじめ、国内外の著名エンジニアが集い、Javaの最新技術が披露された。

開発ソフトウェア

古い業務システムの再生方法 - スマートデバイス対応が業務効率を改善する

【特別企画】古い業務システムの再生方法 - スマートデバイス対応が業務効率を改善する

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスが急速に普及し、業務システムとして役立てようという動きが加速しているが、単なる業務効率化やコスト削減だけではなく、"会社の成長に結びつけたい"という考えからマルチデバイスへの改修を行うのだろう。だが、実際には改修を行うには費用が発生する。この問題を出来るだけ最小限にするにはどうするべきか。その仕組みを紹介する。

業務アプリケーション

導入の基礎から運用のコツまで - 今すぐ「OpenStack」を使いこなす方法とは?

【特別企画】導入の基礎から運用のコツまで - 今すぐ「OpenStack」を使いこなす方法とは?

クラウド基盤を実現するOSSとして、現在、活発な開発とコミュニティ運営が行われているプロジェクトの1つが「OpenStack」である。しかし、OpenStackに関する基礎的な知識はあるものの「次のステップをどう進めればいいか」「本番環境での利用に問題がないか」と不安に感じている方もいるだろう。一口に「OpenStackを動かしたい」というニーズがあったとしても、それに必要なシステム構成には「ステップ」がある。どんなニーズに、どのような構成が良いのか、OpenStackの基礎からニーズに応じたハードウェア構成まで理解するためにはどういった手法があるのか。

ソリューション

103 件中 21~40件目を表示中

103 件中 21~40件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る