「生産管理」関連記事一覧

26 件中 21~26件目を表示中

「個別受注品」の"最大の課題" - コンサルティングのプロが語る解決の糸口「タクト管理」とは

【特別企画】「個別受注品」の"最大の課題" - コンサルティングのプロが語る解決の糸口「タクト管理」とは

昨今の製造業は、大量生産品の製造を中国や東南アジアなどにシフトし、日本国内では専門性の高い「個別受注品」の生産がトレンドとなっている。その代表的な存在は「造船」や「大型重機」などが挙げられ、近年では半導体やバイオなどの分野においても個別受注品が増加しているという。そして、このような個別性の高い機械製造業では、主に3つの問題が発生する。

ソリューション

従来品とはナニが違う? 6カ国語対応の生産管理システムで業務はどう見える化できるのか

【特別企画】従来品とはナニが違う? 6カ国語対応の生産管理システムで業務はどう見える化できるのか

現在、海外へ進出する企業が増えているが、生産効率の把握のしづらさや生産性向上の難しさが大きな課題になっている。海外では文化や商習慣など、日本とは大きく違う部分が多々あり、生産管理という面では把握しきれない部分があるのが実情だ。そんな中、株式会社システムエグゼがクラウドで提供する「EXEX(エグゼクス)生産管理」が注目を浴びている。

クラウド

一対多のコミュニケーションにおける落とし穴を解決、多店舗運営企業に情報共有の"術"を伝授

【特別企画】一対多のコミュニケーションにおける落とし穴を解決、多店舗運営企業に情報共有の"術"を伝授

多店舗を運営する企業は、そもそも構造的な課題を抱えている。本部と店舗が一対多の関係性になるからだ。例えば、本部から指示をメールで伝えたとしても、店舗側に内容が伝わっているか、きちんと実践しているかを確認するのは難しい。こうした一対多のコミュニケーションで起こりやすい落とし穴は数多くあり、結果として業績に影響を与えてしまうことも多いのが実情なのだ。

ソリューション

日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

【特別企画】日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

日本企業で使われる業務システムは、必要に応じて都度、導入・刷新されてきたものが多い。中堅以上の企業ともなれば、システム規模が大きくなることから、異なるシステム間のデータ・マスタを連携し、整合性を保つことが大きな課題となる。システムをシームレスに連携させ、真の意味で全体最適化を実現するには何が必要か?スーパーストリームの取締役 CTO(最高技術責任者) 山田誠氏に話を伺った。

ソリューション

より簡単に、さらにわかりやすく"実行管理""ERP"の一体化で企業全体の効率を改善

【特別企画】より簡単に、さらにわかりやすく"実行管理""ERP"の一体化で企業全体の効率を改善

「業務部門の入力不可が高いと言われる」、「間違いが多くてデータを信用できない」といった声がよく現場から寄せられることからもわかるように、工場とERPのギャップに悩む企業は多い。そうしたなか、あらゆるメーカーや販売企業が、業務の生産性を高めるとともに変化に迅速に対応できるように支援し、そして販売から調達、生産、納品に至るまで全社のプロセスを可視化できる強固なERPソリューションが、インフォアジャパンが提供する「Infor SyteLine」である。

業務アプリケーション

納期厳守を実現! 成功に導く、生産スケジューラ導入のポイントとは?

【特別企画】納期厳守を実現! 成功に導く、生産スケジューラ導入のポイントとは?

「生産スケジューラ」の導入は、特に製造業の分野において、生産と経営の全体最適化をもたらすために有効なソリューションである。本記事では、国内シェア58.4%を誇る生産スケジューラのトップブランド「Asprova」を例に、生産と経営を最適化するための生産スケジューラ活用術について紹介する。

業務アプリケーション

26 件中 21~26件目を表示中

26 件中 21~26件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る