「Gartner」関連記事一覧

130 件中 81~100件目を表示中

目指すは「機械学習の民主化」- Googleが考えるビッグデータ・AI活用の在り方

目指すは「機械学習の民主化」- Googleが考えるビッグデータ・AI活用の在り方

Googleは過去15年にわたりビッグデータ基盤を構築してきた。この取り組みが今、新しいビジネス価値を生み出す機械学習の領域にシフトしつつある。本稿では、5月23日から24日にかけて開催された「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2017」にてグーグル・クラウド・ジャパン Google Cloud パートナービジネスマネージャ 山本圭氏が講演した「データが拓くビジネスの未来~Google Cloudの機械学習技術とともに~」の概要をお届けする。

クラウド

機械学習の自動化でどこまでできるのか? 解説とデモで示された「DataRobot」の領分

機械学習の自動化でどこまでできるのか? 解説とデモで示された「DataRobot」の領分

ガートナー ジャパンは5月23日~24日、年次カンファレンス「データ&アナリティクスサミット 2017」を都内にて開催した。「予測起点でビジネスを加速する ~機械学習を自動化するプラットフォーム『DataRobot』~」と題して行われたセッションには、新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL) ITインフラソリューション事業本部 事業企画推進部 エキスパート 長谷川 祐介氏と同社 ITインフラソリューション事業本部 寺田 洋介氏が登壇。今、注目を集める機械学習プラットフォーム「DataRobot」の解説とデモを行った。

ソリューション

「戦略に貢献する評価指標」を作成するために着目するべきポイントとは?

「戦略に貢献する評価指標」を作成するために着目するべきポイントとは?

ガートナー ジャパンは5月23日から24日、年次カンファレンス「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2017」を開催した。「意味のある評価指標を作成する」と題したセッションに登壇したガートナー リサーチ部門 バイスプレジデント カート・シュレーゲル氏は、企業のアナリティクスリーダーに向けて、どうすればうまくパフォーマンス評価指標を作成できるかについて説明した。

ソリューション

企業はAIにどう取り組むべきか? 人工知能の「リアリティ」を探る

企業はAIにどう取り組むべきか? 人工知能の「リアリティ」を探る

ガートナー ジャパンは5月23日~24日、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2017」を開催した。ここでは、2日目に行われたバイスプレジデント兼最上級アナリストの亦賀忠明氏によるセッション「人工知能のリアリティ」の内容をレポートする。

ソリューション

原点を思い出せ! 2020年に向けたエンドユーザーコンピューティングとは?

原点を思い出せ! 2020年に向けたエンドユーザーコンピューティングとは?

4月26日から28日にかけて東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017」。27日、「エンドユーザー・コンピューティング・トレンド2017」というテーマで講演を行ったのは、ガートナー ジャパン リサーチ部門 主席アナリストの針生恵理氏だ。講演では、エンドユーザーコンピューティングについて、企業が押さえておくべき重要なトレンドなどについて語られた。

ソリューション

今こそスマートテクノロジー! 導入で失敗しないためのポイントは?

今こそスマートテクノロジー! 導入で失敗しないためのポイントは?

4月26日から28日にかけて東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017」。ガートナー ジャパン リサーチ部門の主席アナリスト、蒔田佳苗氏のセッション「スマート・マシンのあるワークプレース:考えるべき『人』の視点」では、ワークプレースへのスマートマシンテクノロジーの普及を背景に、そうしたテクノロジーの導入検討で押さえるべき「人に関する考察」の視点から議論が繰り広げられた。

ソリューション

デジタルビジネスへの大転換期! 2020年を見据え、企業は今何をなすべきか?

デジタルビジネスへの大転換期! 2020年を見据え、企業は今何をなすべきか?

4月26日から28日にかけて、東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017」。初日のオープニング基調講演に登壇したのは、ガートナー ジャパン リサーチ バイスプレジデント 兼 最上級アナリスト、亦賀忠明氏だ。氏の講演では、「未来志向:2020年に向けたテクノロジ、ビジネス、人材のシナリオ」というテーマの下、2020年を視野に入れた企業が、改めてどのような経営戦略・IT戦略を策定し、実行していくべきかについて語られた。

開発ソフトウェア

クラウド時代のアプリケーション基盤はどう選ぶ? サービス選定「7つの切り口」

クラウド時代のアプリケーション基盤はどう選ぶ? サービス選定「7つの切り口」

近年、アプリケーションプラットフォームとしてクラウドを選択する企業が増えている。だが同時に、クラウドの採用を決めたは良いものの、ベンダーの選定に頭を悩ませている――そんな企業も多いことだろう。3月16~17日に開催された「エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017」では、ガートナー ジャパン リサーチ ディレクターの飯島公彦氏が登壇し、クラウドファースト時代のアプリケーションプラットフォーム選択のポイントについて語った。

クラウド

ダメなのはシステムのせいじゃない! 成果が上がるSFA導入の検討プロセス

ダメなのはシステムのせいじゃない! 成果が上がるSFA導入の検討プロセス

2月21日~22日にかけて開催された「ガートナー カスタマー 360 サミット 2017」でセッションに登壇したガートナー ジャパン リサーチディレクター 川辺 謙介氏は、「営業支援ロードマップと企業目標を連携させる方法」と題し、SFA導入を成功に導くためのポイントについて、事例とともに解説した。

マーケティング

見えてきたAIの課題 - 業種を越えたIoT環境を実現するには何が必要か?

見えてきたAIの課題 - 業種を越えたIoT環境を実現するには何が必要か?

ガートナー ジャパンは3月16~17日、「エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017」を開催。同イベントのソリューション・プロバイダー・セッションでは、NTTデータ ビジネスソリューション事業本部 次世代技術戦略室 室長 谷中一勝氏が登壇。「"NTTDATA Enterprise IoT and AI"進化するIoTとAIのテクノロジーはどんな顧客価値を、いま生み出そうとしているのか」と題した講演を行った。

ソリューション

現実を見定めよ! SaaS ERPを利用するなら解消しておくべき「7つの誤解」

現実を見定めよ! SaaS ERPを利用するなら解消しておくべき「7つの誤解」

ガートナー ジャパンは3月16~17日、「エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017」を東京都内にて開催。セッションに登壇したガートナー ジャパン リサーチ ディレクターの本好宏次氏は、「SaaS ERPをめぐる誤解を解く」と題し、クラウド型ERPに対して企業が抱きがちな誤解と、クラウド型ERPを活用していく際のポイントについて解説した。

業務アプリケーション

MA導入に成功した企業・失敗した企業  - その分岐点はどこにあったのか?

MA導入に成功した企業・失敗した企業 - その分岐点はどこにあったのか?

2月21日~22日にかけて開催された「ガートナー カスタマー 360 サミット 2017」で登壇したフロムスクラッチ Corporate Strategy Div. 執行役員 三浦將太氏は、162社を対象に行ったアンケートの調査結果を基に、「One to Oneマーケティングを実現するMAの真実」と題した講演を行った。

マーケティング

ガートナーのCRMアナリストらが語る! 世界のマーケティング事情と日本の課題

ガートナーのCRMアナリストらが語る! 世界のマーケティング事情と日本の課題

ガートナー ジャパンは2月21日、22日の2日間にわたり、「ガートナー カスタマー 360 サミット 2017」を開催した。2日目となる22日のスーパーセッションでは「ここがおかしい、日本企業のアプローチ」と題したディスカッションを実施。ガートナーのアナリストら4名が登壇し、日本におけるIT投資の現状と課題、海外から見たマーケティングや営業の特異さについて語られた。

マーケティング

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

データ分析

激変期のストレージ業界、製品選びには注意も必要 - ガートナーが振り返る2016年

激変期のストレージ業界、製品選びには注意も必要 - ガートナーが振り返る2016年

「これまで20年近くストレージ市場を見てきましたが、ここまで大きく、しかも一気に変わろうとしている時期はありませんでした」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門バイス プレジデントの鈴木 雅喜氏である。どんな変化があり、今後はどう向け合っていくべきなのか。具体的にご紹介しよう。

サーバ/ストレージ

TOP5磐石の国内ITサービス市場がついに変動!? - ガートナーが振り返る2016年

TOP5磐石の国内ITサービス市場がついに変動!? - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は国内のITサービスに変化の兆しが見えはじめた」とガートナーの中尾氏は振り返る。富士通、日立、日本電気(NEC)、NTTデータ、日本IBMのトップ5が、磐石のポジションを築き上げているこの市場に、果たして何が起きているのか。

ソリューション

IT部門が弱体化!? アプリ開発にガバナンスを! - ガートナーが振り返る2016年

IT部門が弱体化!? アプリ開発にガバナンスを! - ガートナーが振り返る2016年

IT業界全体で見ると、AIやVRといった革新的な技術の普及の足音が聞こえ始め、多くの企業がデジタルビジネスへの対応を開始したという調査結果が頻繁に発表された一年だった。そうした大きな動向の中で、個別の技術分野にはどのような傾向があったのか。今回は、ガートナー ジャパンの務める片山 治利氏に、「アプリケーション開発」分野における2016年の振り返りと今後の展望をお願いした。

開発ソフトウェア

予算編成前に覚えておきたい、IT投資計画の立案方法 - ガートナー片山氏

予算編成前に覚えておきたい、IT投資計画の立案方法 - ガートナー片山氏

多くの企業で来年度の予算策定が始まるこの時期に参考情報を提示するべく、本誌は、IT投資計画の立案方法について、ガートナー ジャパンでIT投資戦略分野を担当する片山 博之氏に話を聞いたので、その模様をお伝えしよう。

ソリューション

大手ベンダー4社のCEOらが議論! IoTでイノベーションを起こすために必要な「コト」

大手ベンダー4社のCEOらが議論! IoTでイノベーションを起こすために必要な「コト」

IoTで何ができるのか、どのように社会イノベーションを実現していくべきなのか――。日立製作所が10月27日、28日に開催した「日立ソーシャルイノベーションフォーラム2016」のビジネスセッション「IoTとエコシステムで実現する社会イノベーション」では、IoT分野のトップランナーたちが登壇し、IoTの現状とあるべき姿、今後の展望などについて議論を交わした。

ソリューション

ソニー金融事業の成長を支える盛田昭夫氏のDNAとは? - Gartner Symposium/ITxpo 2016

ソニー金融事業の成長を支える盛田昭夫氏のDNAとは? - Gartner Symposium/ITxpo 2016

『Gartner Symposium/ITxpo 2016』のゲスト基調講演に登壇したのは、ソニーフィナンシャルホールディングス ソニー生命保険 取締役会長、井原 勝美氏。講演では、ソニーグループの金融事業を長く統括してきた同氏の立場から、なぜソニーが金融事業に挑戦したのか、そして新しい顧客価値を創造しスケールすることができたのかについて、熱く語られた。

ソリューション

130 件中 81~100件目を表示中

130 件中 81~100件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る