「Gartner」関連記事一覧

130 件中 21~40件目を表示中

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

現在、多くの企業がRPA(Robotic Process Automation)の導入に動き始めている。11月12~14日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」の最終日、ガートナー シニア ディレクター アナリスト 阿部恵史氏による講演「CIOが知るべきRPAの現実と導入成功への戦略」が行われた。

業務アプリケーション

ガートナーが選出! 2019年に向けてCIOが知っておくべき10の技術トレンド

ガートナーが選出! 2019年に向けてCIOが知っておくべき10の技術トレンド

11月12日~14日に開催された年次カンファレンス「Gartner Symposium/ITxpo 2018」。その2日目に登壇したガートナー ディスティングイッシュト バイス プレジデント アナリスト デイヴィッド・ウィリス氏は「2019年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」と題した講演を行なった。

ソリューション

"次の100年"を考えるヤマト運輸は働き方改革で何を重視するのか?

"次の100年"を考えるヤマト運輸は働き方改革で何を重視するのか?

2017年9月、ヤマトグループは、2019年の創業100周年に向けた中期経営計画を策定した。同計画は「働き方改革」を経営の中心に据え、次の100年に向けた持続的成長の基盤を作ることを目的としたものだ。11月12日に行われた「Gartner Symposium/ITxpo 2018」にて登壇したヤマト運輸 代表取締役 専務執行役員 栗栖利蔵氏は、「対面接点×デジタルイノベーションで創る ヤマト運輸の成長戦略」と題した講演で、改革の具体的な内容とそれを支える基本理念について語った。

ソリューション

ガートナーがアドバイス! RPAを全社導入する前に検討すべきポイントは?

ガートナーがアドバイス! RPAを全社導入する前に検討すべきポイントは?

今、RPAへの期待が高まっている。本稿では、8月31日に開催された「ガートナー ITソーシング、プロキュアメント&アセット・マネジメント サミット 2018」でガートナー バイス プレジデント キャシー・トーンボーム氏が行った講演「RPAの大規模展開を成功させるには」の内容から、局所的な導入に満足することなく、大きな成果につなげるための指針を解説する。

業務アプリケーション

組織に生産性の向上をもたらす「デジタルデクステリティ」とは?

組織に生産性の向上をもたらす「デジタルデクステリティ」とは?

「デジタルデクステリティ」とは、デジタルテクノロジーを熟知して自由に使いこなすことのできる能力や、意欲を指す。本稿では、8月31日に開催された「ガートナー ITソーシング、プロキュアメント&アセット・マネジメント サミット 2018」におけるガートナー ジャパン バイス プレジデント 志賀嘉津士氏の講演「『デジタル・デクステリティ』早分かり」の模様をお届けしたい。

ソリューション

目指すは"適応型"のセキュリティ! 日本企業が解決すべき「4つの課題」

目指すは"適応型"のセキュリティ! 日本企業が解決すべき「4つの課題」

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。その3日目の講演には、NRIセキュアテクノロジーズ GRCプラットフォーム室 室長 足立道拡氏が登壇。「セキュリティ経営の最前線 ~グローバル5か国調査の結果をふまえて~」と題し、「セキュリティ経営」の必要性を訴えた。

セキュリティ

どうすればセキュリティ人材不足は解消できる? 企業が変えるべき「視点」

どうすればセキュリティ人材不足は解消できる? 企業が変えるべき「視点」

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、都内にて「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。3日目の講演には米ガートナー バイスプレジデント ジェフリー・ウィートマン氏が登壇。「セキュリティ人材の展望:2018年」と題し、セキュリティ人材不足の原因や、その解決方法などについて講演を行った。

セキュリティ

リーン・アプローチによるチーム育成で挑むセキュリティ人材不足の解消

リーン・アプローチによるチーム育成で挑むセキュリティ人材不足の解消

ガートナー ジャパンが7月24日~26日に開催した年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」。ここでは、3日目にバイスプレジデント兼ガートナーフェローのトム・ショルツ氏が登壇した講演「スキル不足を緩和するリーンなデジタル・セキュリティ組織を採用する」の模様をお届けする。

セキュリティ

何から始める? どう考える? ハイブリッドクラウド時代のセキュリティ対策

何から始める? どう考える? ハイブリッドクラウド時代のセキュリティ対策

ガートナー ジャパンが7月24日~26日に開催した「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」の3日目の講演では、米ガートナーのバイス プレジデント兼最上級アナリスト、ニール・マクドナルド氏が登壇。「ハイブリッド・データセンター・インフラストラクチャ向けのセキュリティ戦略とアーキテクチャ」と題し、ハイブリッドクラウドのセキュリティを概観した。

セキュリティ

サイバーセキュリティについてIT部門は経営陣に何をどう伝えるべきか?

サイバーセキュリティについてIT部門は経営陣に何をどう伝えるべきか?

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。2日目の講演に登壇した米ガートナーのリサーチ ディレクター、ロブ・マクミラン氏は「取締役会が知りたいこと」と題し、IT部門がサイバーリスクに関して取締役会に情報を提供する上での"ポイント"を紹介した。

セキュリティ

デジタル化が進む世界で必要な"次世代のIAM"を実現するには?

デジタル化が進む世界で必要な"次世代のIAM"を実現するには?

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。2日目には、米ガートナー バイス プレジデントのアント・アラン氏が登壇。「アイデンティティ/アクセス管理の現状:2018年」と題した講演を行った。

セキュリティ

セキュリティ分野におけるAI活用の現状は? CISOが考えておくべきコト

セキュリティ分野におけるAI活用の現状は? CISOが考えておくべきコト

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次カンファレンス「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を都内にて開催した。7月25日には、ガートナー リサーチ ディレクター、マーク・ホーヴァス氏が登壇。AIがセキュリティとリスク管理に与える影響や、CISOとしてAIに何を期待すべきかなどについて解説がなされた。

セキュリティ

複雑性を増すセキュリティ課題に"効く"AIとは?

複雑性を増すセキュリティ課題に"効く"AIとは?

ガートナージャパンは7月24~26日、「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を都内にて開催した。7月25日には、Darktrace社の技術ディレクター、デイヴ・パーマー氏が登壇。「The Machine Fights Back: AIを駆使してインシデント対応を自動化」と題した講演を行った。

セキュリティ

GDPR施行! ガートナーが示す「プライバシー管理プログラムの進め方」

GDPR施行! ガートナーが示す「プライバシー管理プログラムの進め方」

2018年5月25日、GDPRが施行されたが、未だに混乱は続いている。ガートナー 主席アナリスト アヤル・ティロシュ氏は、7月24日~26日に行われた「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット 2018」における講演「GDPR:その先を見据えて:プライバシーの保護態勢における3つの通説と6つの主要機能」で、プライバシー管理プログラムのあるべき姿について語った。

セキュリティ

先進企業はどう取り組むか? サイバーセキュリティ「6つの最新トレンド」

先進企業はどう取り組むか? サイバーセキュリティ「6つの最新トレンド」

7月24日から26日にかけて行われた「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット 2018」では、ガートナー バイス プレジデント ピーター・ファーストブルック氏が登壇。「2018年のセキュリティ・トップ・トレンド」と題し、セキュリティに関する6つの主要トレンドについて解説した。

セキュリティ

ビジネスのデジタル化を加速する"バイモーダル"なIT組織とは?

ビジネスのデジタル化を加速する"バイモーダル"なIT組織とは?

ガートナーでは、ビジネスのデジタル化に迅速に対応するためのIT組織体制として、2つのモードから成る「バイモーダルIT」の概念を提唱している。ガートナー ジャパンが6月14日、15日に開催した「データ & アナリティクス サミット 2018」では、同社 バイスプレジデントの松本良之氏が登壇。「デジタル時代に対応したバイモーダルのIT組織 ~IT部門の変革をどう進めるか~」と題した講演を行った。

ソリューション

データドリブンで改革が進むYahoo! ショッピングの"裏側"

データドリブンで改革が進むYahoo! ショッピングの"裏側"

ヤフーが運営するECサイト「Yahoo! ショッピング」は、データドリブンでユーザー満足度の向上に取り組んでいる。満足度を上げるポイントは、データを活用した1 on 1マーケティングによるパーソナライズだ。「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」では、ヤフーのデータディレクター兼CDO-boardを務める宇治野達季氏が登壇。Yahoo! ショッピングのデータプラットフォーム整備から、データ活用のエコシステム構築まで、同社が押し進めた改革の一部始終を語った。

データ分析

企業のデータ活用にGoogle Cloud Platformはいかにして貢献するのか?

企業のデータ活用にGoogle Cloud Platformはいかにして貢献するのか?

ガートナー ジャパンが6月14~15日に都内で開催した「データ & アナリティクス サミット 2018」では、グーグル・クラウド・ジャパン Google Cloud カスタマー エンジニアの寳野雄太氏が登壇。「クラウドで実現する、本質的なセキュリティを備えたデータ活用基盤」と題した講演を行った。

クラウド

企業は何にフォーカスするべきか? 市場スタック別に捉えるAIトレンド

企業は何にフォーカスするべきか? 市場スタック別に捉えるAIトレンド

ガートナー ジャパンは6月14~15日、年次カンファレンス「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2018」を都内にて開催した。本稿では、同カンファレンス内で実施されたバイスプレジデント兼最上級アナリストの亦賀忠明氏による講演「AIトレンド2018」の模様をお届けする。

ソリューション

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

現在のBI/アナリティクス分野では、多くの洗練されたケイパビリティ(能力)が続々と登場している。6月14日~15日にかけて行われた「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」では、ガートナー リサーチ ディレクター カーリー・アイディーン氏が「BIとアナリティクスの動向:洞察の自動生成へ」と題した講演で、企業がアナリティクス能力の成熟度を高めるためのフレームワークについて解説した。

データ分析

130 件中 21~40件目を表示中

130 件中 21~40件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る