「総務」関連記事一覧

63 件中 41~60件目を表示中

北欧トップのホテルが選んだWi-Fiシステムは3万室をストレスなく繋いだ

【特別企画】北欧トップのホテルが選んだWi-Fiシステムは3万室をストレスなく繋いだ

北欧で最も格式の高いホテルブランドの一つであるスカンディックホテル。顧客満足度向上と、テクノロジーを活用したサービス改革で高いパフォーマンス求める同ホテルが選んだのがラッカス SmartWi-Fi。その導入効果と理由を紹介する。

ネットワーク機器

「紙に手書きしデータ化」進まない介護現場のIT化にコクヨはどうやって光明を見いだしたのか

【特別企画】「紙に手書きしデータ化」進まない介護現場のIT化にコクヨはどうやって光明を見いだしたのか

介護業界全体が抱える課題として、より質の高い介護を実践し、労働生産性を上げるためにも、事業所内だけでなく他社のヘルパーや医療機関との情報共有に向けたIT化は必要不可欠となっている。しかし、在宅介護の業務や運用方法にほとんどメスは入っておらず、いざ導入となっても二の足を踏む事業所も多く、まだまだ検証すら不十分なのが現状だ。そんな中、東京・足立区で最古参のヘルパーステーション「わかばケアセンター」では、独自にIT化を推進。その際に採用したのがコクヨのデジタルノート「CamiApp S(キャミアップ エス)」だった。

業務アプリケーション

エンタープライズモバイルとは何なのか?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [1] エンタープライズモバイルとは何なのか?

本連載では、企業において利用されるスマート・デバイスやモバイル・アプリケーションを「エンタープライズモバイル」と総称し、その活用方法について解説していきます。初回となる今回は、現在の市場感や企業でのスマート・デバイス活用とはどういったものなのかなどについて説明します。

業務アプリケーション

国内2,000社以上導入! 1時間1万件の処理能力と世界最大級のFAXネットワークを誇るクラウド型FAXソリューション

【特別企画】国内2,000社以上導入! 1時間1万件の処理能力と世界最大級のFAXネットワークを誇るクラウド型FAXソリューション

FAXによる企業間取引の需要は依然として根強く残っており、一般的な企業でも10%、製造業や卸売業では20~30%ほどが、いまだに送受信を手作業で行っているという。そのためFAX専用のサーバを自社で構築するケースも多いが、災害時やトラブルを想定した冗長化対策は必要不可欠であり、導入・運用や保守にかかるコストは企業にとって大きな負担となっている。

クラウド

全世界"1.1 億人"に選ばれた名刺管理ソリューションの法人版が登場!

【特別企画】全世界"1.1 億人"に選ばれた名刺管理ソリューションの法人版が登場!

日本ではビジネスの場で初めて会った人とは、まず名刺交換をする。そして、この名刺の蓄積が社会人としての人脈に繋がるため、たいていはなんらかの形で管理をしているだろう。しかしその実情は、紙の状態での管理や社内共有されずに個人での管理であったり、というのが多くだ。また、名刺管理アプリを利用して管理している方もいるだろう。だが、そこにはいくつかの懸念点がある。

業務アプリケーション

2世代、3世代先を見据えるWin10スマホ「MADOSMA」の新モデルとは?

【連載】山口健太のモバイルNEXT [5] 2世代、3世代先を見据えるWin10スマホ「MADOSMA」の新モデルとは?

マウスコンピューターは、2月22日~25日までスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2016」の米マイクロソフトブースに、Windows 10 Mobileスマートフォンの新製品「MADOSMA Q601」の実機を展示した。

ソリューション

「印刷」「画面キャプチャ」等、見落としがちなセキュリティホールはブラウザに! AWPで既存環境そのままの情報漏えい対策

【特別企画】「印刷」「画面キャプチャ」等、見落としがちなセキュリティホールはブラウザに! AWPで既存環境そのままの情報漏えい対策

ここ数年、業務システムのWeb化が進んでいる。しかし、実はこのやり方には、大きな穴がある。Webアプリケーションは、パソコンのブラウザでの使用が前提となっているため、ブラウザの機能として提供されている「印刷」や「ダウンロード」、パソコンの機能として提供されている「画面キャプチャ」や「プリントスクリーン」には特に制限がない。そのため、そこから情報が漏えいするリスクは大いにあり、有効な手が打たれていないのが実情だ。

セキュリティ

約3割が未対応!?現状を打破するマイナンバー制度対策 - ベンダーの3つの選定基準とは?

【特別企画】約3割が未対応!?現状を打破するマイナンバー制度対策 - ベンダーの3つの選定基準とは?

2016年1月1日からマイナンバー法が利用開始された。去年の5月にまとめられたデータによると、約3割の企業がマイナンバー制度対策に未対応という状況だったが、そこから半年以上が経過している今も、依然としてその傾向は続いているようだ。そこで今回、各企業がマイナンバー制度対策について出遅れている理由をアンケート結果から見出しつつ、その解決方法やベンダーの選定基準について資料としてまとめた。

業務アプリケーション

導入事例企業から解き明かす - 真のワークスタイル変革に取り組む3つのポイント

【特別企画】導入事例企業から解き明かす - 真のワークスタイル変革に取り組む3つのポイント

フリーアドレスや在宅勤務の導入、グローバルなチーム・オペレーションなど、他社に先駆けて、ワークスタイル変革に向けた施策を次々と打ち出してきたIBM。その取り組みを支える重要なカギとなっているのが、「モバイル」と「ソーシャル」だ。時間や場所、ツールの制約にとらわれない柔軟な業務環境を提供することで、社員間のコラボレーションやナレッジの活用を促進。同社が目指す「オンデマンド・ワークスタイル」の実現に役立てている。

ソリューション

多発するメールの"うっかりミス"による情報漏えい! マイナンバー対策は本当に大丈夫? - まずは自己診断でチェック

【特別企画】多発するメールの"うっかりミス"による情報漏えい! マイナンバー対策は本当に大丈夫? - まずは自己診断でチェック

2005年に全面施行された個人情報保護法では、中小企業の多くがその適用対象外となっていた。そのため、個人情報保護法の施行から個人情報保護対策について本格的に取り組んできた大手企業と比べると、大きく出遅れているというのが現状だ。

セキュリティ

日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

【特別企画】日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

日本企業で使われる業務システムは、必要に応じて都度、導入・刷新されてきたものが多い。中堅以上の企業ともなれば、システム規模が大きくなることから、異なるシステム間のデータ・マスタを連携し、整合性を保つことが大きな課題となる。システムをシームレスに連携させ、真の意味で全体最適化を実現するには何が必要か?スーパーストリームの取締役 CTO(最高技術責任者) 山田誠氏に話を伺った。

ソリューション

月150円から導入できるグループウェア「J-MOTTO」 - 多様なデバイス対応(PC/スマホ/携帯)も魅力

【特別企画】月150円から導入できるグループウェア「J-MOTTO」 - 多様なデバイス対応(PC/スマホ/携帯)も魅力

各種業務を改善するグループウェアの問題点を解決! スピードを求められる現在ビジネスにおいて、情報共有と業務効率化は避けては通れない重要な課題である。それらの課題を解決する手段として各種スケジュール管理や情報共有、そして申請書などの各種業務フローまでも管理するグループウェアがあげられる。だが、ツールへの不安などから未だ導入に踏み切れていない企業もある、そこでその不安を解決するために資料としてまとめた。

業務アプリケーション

マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに

【特別企画】マイナンバー対応で標的型攻撃が急増 あなたの会社も情報漏えいのターゲットに

標的型攻撃は完全防御が難しく、「多層防御」と呼ばれる複合的なセキュリティへの取組みが何よりも大切だと言われている。株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、この標的型攻撃の防御に対する取組みとして"着実"な前進を促すであろうセキュリティにおける2つのサービスを提供する。

セキュリティ

クラウドが当たり前になりつつある今、BYODを効果的に運用できるサービスはどれ?

【特別企画】クラウドが当たり前になりつつある今、BYODを効果的に運用できるサービスはどれ?

個人端末を業務で利用するBYOD(Bring Your Own Device)の実現には、情報漏えいを防ぐためのセキュリティーとコスト、そして効果的に運用するための仕組みを考える必要がある。その仕組み作りを実現するため、株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトは3つのスマートデバイスサービスを提供している。

セキュリティ

NTT西日本グループで開発・運用されるワークスタイル変革ソリューション

【特別企画】NTT西日本グループで開発・運用されるワークスタイル変革ソリューション

マイナンバー制度の話題や相次ぐ漏えい事件の報道。セキュリティーの重要性は、いやが応にも意識せざるを得ない。肝心なのは「自由と管理のバランス」。自らの運用経験によって、納得性のある解答を提案しているツールが、「NTTネオメイトのAQStage 仮想デスクトップ」だ。

仮想化

マイナンバー制度に備えろ! 情報漏えい対策をどうする?

【特別企画】マイナンバー制度に備えろ! 情報漏えい対策をどうする?

企業の存続を揺るがすほどの深刻な情報漏えい事件が頻発し、情報セキュリティに対する脅威は高まる一方だ。さらに追い討ちをかけるのが、2016年の年明けからスタートする「マイナンバー制度」である。いまや、大規模企業のみならず、中堅以下の企業にとってもセキュリティ対策の強化が喫緊の課題となっている。

セキュリティ

「HYPER-V」と「Tintri VMstore」で最適な仮想化環境を構築する方法

【特別企画】「HYPER-V」と「Tintri VMstore」で最適な仮想化環境を構築する方法

モバイル端末の普及やワークスタイルの変革、そしてセキュリティ対策など、様々な目的に利用される仮想化環境システム。米Tintri社が提供する「Tintri VMstore」は、仮想化環境における、データ管理や仮想化専用ストレージとして大きな注目を集めている。そして2015年3月、Tintri社の日本法人であるティントリジャパン合同会社は、「Tintri VMstore」がMicrosoft「HYPER-V」のサポートを開始したと発表した。

仮想化

マイナンバーセキュリティ対策を実現 - 5つの機能で特定個人情報を守る

【特別企画】マイナンバーセキュリティ対策を実現 - 5つの機能で特定個人情報を守る

2016年1月から社会保障・税番号制度、いわゆるマイナンバー制度が始まる。しかし、すでに対策を終えているという企業は少数で、大半の企業はこれから急ピッチで対策を講じなければならないというのが実際のところだ。だが、マイナンバー対策に何をすべきか、どこから手を付ければよいか分からないという企業もあるだろう。

セキュリティ

社員のモバイル端末は安全か? モバイルセキュリティ対策5つの落とし穴とは?

【特別企画】社員のモバイル端末は安全か? モバイルセキュリティ対策5つの落とし穴とは?

2015年9月に発生した、公式AppStore経由でのiOSマルウェアのアウトブレイクについてはまだ耳に新しいのではないか。Androidだけでなく、iOSを狙ったモバイル脅威が増加している中、モバイルセキュリティ対策はMDM(デバイスマネジメント)だけで十分だろうか? そこには5つの落とし穴が存在する。

セキュリティ

もはや「待ったなし」。マイナンバー制度へのセキュリティ対策

【特別企画】もはや「待ったなし」。マイナンバー制度へのセキュリティ対策

もはや「待ったなし」の状態になっているマイナンバー制度への対応。施行開始を前にあらゆる企業は準備に余念がないというのが現実だろう。しかし、実際には既存のシステムや組織体制にとって、どれほどの影響があるのかわからない部分もある。

セキュリティ

63 件中 41~60件目を表示中

63 件中 41~60件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る