「総務」関連記事一覧

63 件中 21~40件目を表示中

大崎コンピュータエンヂニアリング、VCE VxRailで社内インフラを刷新 [事例]

大崎コンピュータエンヂニアリング、VCE VxRailで社内インフラを刷新 [事例]

ネットワールドは6月7日、同社のハイパーコンバージド・インフラ「VCE VxRail」が大崎コンピュータエンヂニアリングの社内インフラに採用され、稼働を開始したと発表した。

仮想化

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

【特別企画】人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

業務アプリケーション

データ分析、3つの成功パターンとは? - ガートナー 情報活用サミット

データ分析、3つの成功パターンとは? - ガートナー 情報活用サミット

ガートナージャパンは5月24日~25日、年次イベント「ガートナー ビジネス・インテリジェンス、アナリティクス&情報活用 サミット2016」を開催した。同社のリサーチ マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏によるセッション「データ分析をビジネスにつなげる組織の実際」では、データ分析によってビジネス上の成果を得るために押さえるべきポイントについて、事例を交えた解説が繰り広げられた。

データ分析

スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入 [事例]

スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入 [事例]

情報技術開発(tdi)は5月24日、広島などでスーパーマーケットを展開するハローズが、tdiの需要予測型自動発注ソリューション「SINOPS-R」、および需要予測型キャッシュ・フロー最適化ソリューション「SINOPS-W」を導入したと発表した。2015年7月より提供を開始し、2016年4月時点で70カ所の店舗および物流センターで稼働している。

業務アプリケーション

BtoCのモバイル活用における課題と解決策(後編)

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [6] BtoCのモバイル活用における課題と解決策(後編)

エンタープライズモバイルのなかで成功への難易度が最も高いBtoCのエンタープライズモバイルについて、前回は「いかに使ってもらうか?」について説明しました。今回は、「作る(開発する)うえでの注意点」について説明したいと思います。

業務アプリケーション

三井住友銀行、ワークスタイル変革をMSのクラウドサービスで推進 [事例]

三井住友銀行、ワークスタイル変革をMSのクラウドサービスで推進 [事例]

三井住友銀行は5月20日、従業員の業務効率化とワークスタイル変革に向けた取り組みとして、日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービスを2016年5月より採用したと発表した。

仮想化

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは?  - 第5回IoT/M2M展 春

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは? - 第5回IoT/M2M展 春

5月11~13日に開催された「第5回IoT/M2M展 春」。その専門セミナーに、アビームコンサルティング 製造ビジネスユニット 執行役員 プリンシパルの永井善彦氏が登壇し、「今、IoTはどうなっているのか? ~海外・国内におけるIoTビジネスモデル変革の現状と今後の課題~」と題する講演を行った。本レポートでは、その内容をダイジェストでお届けする。

クラウド

兼六土地建物、オーシャンブリッジのファイル軽量化ツールを採用 [事例]

兼六土地建物、オーシャンブリッジのファイル軽量化ツールを採用 [事例]

オーシャンブリッジは5月17日、同社のファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite(エヌエックス・パワーライト)」が、分譲住宅や注文住宅を手掛ける兼六土地建物に採用されたと発表した。

業務アプリケーション

鴻池組、コラボウェア「ArielAirOne Enterprise」導入 - 一元管理が決め手 [事例]

鴻池組、コラボウェア「ArielAirOne Enterprise」導入 - 一元管理が決め手 [事例]

アリエル・ネットワーク(アリエル)は5月17日、同社のWebコラボレーションウェア「ArielAirOne Enterprise(アリエル・エンタープライズ)」を建築事業者の鴻池組が導入したと発表した。

業務アプリケーション

花園大学、HPE Arubaで無線LAN環境を構築 [事例]

花園大学、HPE Arubaで無線LAN環境を構築 [事例]

日本ヒューレット・パッカード(HPE)のグループ企業であるHPE Arubaは5月16日、花園大学(本部・京都市)の学内向けた無線LANネットワークを提供したと発表した。

ネットワーク機器

片倉工業のBIプラットフォームの刷新に「WebFOCUS EVO」が貢献 [事例]

片倉工業のBIプラットフォームの刷新に「WebFOCUS EVO」が貢献 [事例]

アシストは5月16日、同社のBIプラットフォーム「WebFOCUS EVO」が、片倉工業の全社情報活用基盤に採用されたと発表した。

業務アプリケーション

西京銀行、フューチャーアーキテクトの金融機関向け営業支援サービスを導入 [事例]

西京銀行、フューチャーアーキテクトの金融機関向け営業支援サービスを導入 [事例]

フューチャーアーキテクトは5月16日、金融機関向けクラウドサービス「SKYBANK」を4月から西京銀行(本店 : 山口県周南市)へ提供開始したことを明かした。

業務アプリケーション

BtoCのモバイル活用における課題と解決策(前編)

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [5] BtoCのモバイル活用における課題と解決策(前編)

本連載では、これまでにBtoE、BtoB、BtoCのエンタープライズモバイルについて説明してきました。これらのうち、成功への難易度が最も高いのが前回説明したBtoCのエンタープライズモバイルです。そこで今回と次回は、BtoCのエンタープライズモバイルを実践するうえでの課題や注意点について整理し、それらを解決する方法を説明したいと思います。

業務アプリケーション

ビバホームや博多一風堂など、社内コミュニケーションの舞台裏

【特別企画】ビバホームや博多一風堂など、社内コミュニケーションの舞台裏

組織で働く以上、何かしらのコミュニケーションをとり情報共有を行うことは当然重要なことだ。グループウェアや会議システムをはじめとした様々なツールが世の中にあるが、企業が抱える情報共有の効率化という課題は永遠のテーマといっても過言ではない。

業務アプリケーション

法人向けWin10スマホ「VAIO Phone Biz」を使ってわかったこと

【連載】山口健太のモバイルNEXT [9] 法人向けWin10スマホ「VAIO Phone Biz」を使ってわかったこと

4月22日、VAIO初のWindows 10 Mobileスマートフォン「VAIO Phone Biz」が発売された。2月4日の正式発表以降、発売まで3カ月近くを要したものの、現時点ではWindows 10 Mobileとして国内最強スペックを誇ることで注目を集めている。今回は、このVAIO Phone Bizを使ってみてわかったことをお伝えしよう。

ソリューション

BtoCのモバイル活用、企業側のねらいとは?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [4] BtoCのモバイル活用、企業側のねらいとは?

前回まで、従業員向け(BtoE)や企業向け(BtoB)のスマートデバイス活用について解説してきました。それらを踏まえ、今回はコンシューマー向け(BtoC)のエンタープライズモバイルについて説明したいと思います。

業務アプリケーション

BtoBのモバイル活用、その実現方法とは?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [3] BtoBのモバイル活用、その実現方法とは?

BtoBのモバイル活用と言った場合、法人向けのWebサービスやクラウドサービスを展開している企業が、自社サービスのモバイル対応を行うケースがほとんどだと思います。サービスの種類によって、さまざまな活用方法があるので、今回は実現方法を中心に説明します。

業務アプリケーション

トヨタグループが直面した3つの課題 - 業務プロセスの改善は、現場主体の予算執行管理とペーパーレス化がカギ!?

【特別企画】トヨタグループが直面した3つの課題 - 業務プロセスの改善は、現場主体の予算執行管理とペーパーレス化がカギ!?

テレマティクス(自動車などの移動体通信サービス)やITS(高度道路交通システム)など、トヨタのクルマにおけるIT技術研究を担うのがトヨタIT開発センターだ。そんな同社には、3つの課題があった。

業務アプリケーション

BtoEのモバイル活用、その"定石"パターンとは?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [2] BtoEのモバイル活用、その"定石"パターンとは?

前回、エンタープライズモバイルの定義について説明する中で、エンタープライズモバイルを「BtoE(自社の従業員向け)」、「BtoB(他社やその従業員向け)」、「BtoC(自社の顧客向け)」の3つに分類しました。今回は、これらのうちBtoEのモバイル活用にフォーカスしたいと思います。

業務アプリケーション

【レポート】IPA、IoT製品の開発指針を公開 - IoT時代の到来を前に、企業が想定すべきリスクとは?

【レポート】IPA、IoT製品の開発指針を公開 - IoT時代の到来を前に、企業が想定すべきリスクとは?

IPA(情報処理推進機構)は3月24日、IoT製品に関する国内初の開発指針である「つながる世界の開発指針」を発表し、IPAのWebサイトで公開した。開発指針では、IoT製品の開発時に考慮すべきリスクや対策が17の指針としてまとめられている。

開発ソフトウェア

63 件中 21~40件目を表示中

63 件中 21~40件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る