マイナビニュースマイナビ

ネットアップ、Kubernetes関連の新サービスを発表

[2021/03/31 17:30]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

Kubernetesを用いたアプリ開発とデータ管理を行うNetApp Astra

このようなKubernetes戦略に沿って発表したのがAstraをはじめとしたサービス群というわけだ。AstraはKubernetesを使ったクラウドアプリケーション開発と関連データ管理を効率的に行えるようにするサービス。

同社によるフルマネージドサービス、SaaSとして提供し、ソフトウェアのダウンロード、イントール、アップグレードの必要がない。また、アプリケーションと関連データを丸ごとバックアップ、リストア、移動を可能とし、Kubernetesの実行場所にかかわらず一貫したUXを提供するとしている。

「NetApp Astra」の概要

「NetApp Astra」の概要

同社は昨年7月からベータ版として「Project Astra」として提供してきたが、4月1日から製品版として発売。現在、Google Cloud Platform(GCP)で利用でき、今後はMicrosoft Azure、Amazon Web Services、オンプレミスで利用できるようになる。

主な特徴としては、データが誤って削除されたり破損したりした場合でも、アプリケーションと関連データを同じKubernetesクラスタ内に戻すことができるほか、同じリージョンまたは異なるリージョンにある別のKubernetesクラスタに、アプリケーションとそのデータのリストアを可能としている。

さらに、Kubernetesクラスタの場所にかかわらず、1つのKubernetesクラスタから別のクラスタにアプリケーションと関連データを簡単な操作で丸ごと移動することができるなど、クローンによるアプリケーションの移行が可能。

同サービスはGCPのGoogle Kubernetes Engine(GKE)クラスタ上のKubernetesアプリケーションをサポートし、その配下で同社のCloud Volume Serviceが永続的ストレージプロバイダとして機能する。利用は、まずユーザーはAstraに管理対象としたKubenetesクラスタを登録すれば、クラスタ内に存在するすべてのアプリケーションを自動認識し、同社のTridentストレージオーケストレーターでストレージとストレージクラスをプロビジョニングする、という流れだ。

Spot Wave by NetAppとSpot Ocean for Azure

一方、Spot Wave by NetAppは、契約中のクラウドサービスの利用状況をAIで分析しながらクラウドインフラを自動的に最適化する「Spot by NetApp」シリーズの新製品。Apache Spark環境でビッグデータを処理・活用するアプリケーションを運用・管理する際にプロビジョニングから導入、自動拡張、最適化までのプロセスをKubernetesクラスタ上で自動化するためのクラウドサービスとなる。

「Spot Wave by NetApp」の概要

「Spot Wave by NetApp」の概要

Spark環境に必要なクラウドインフラのパフォーマンスとコストをAIで分析して、最適なサービスプランを探し、自動的に切り替えることで性能の担保とコストの最適化が図れるという。

具体的には、AIの予測分析により、スポット、オンデマンド、リザーブドインスタンスの最適選択を自動化し、エンタープライズレベルのSLAの提供やコスト削減、性能担保を実現し、ネットワーク、ストレージの需要を踏まえながらSparkジョブの負荷をもとにインスタンスのサイズと型を自動的に選択する。また、稼働状況(メモリシャッフル、CPU割当、ディスクタイプ、並列構成)にもとづき、定期的にSparkコンフィグをチューニングする。

そして、Spot Ocean for AzureはSpot by NetAppのサービスとして、販売中のコンテナエンジン「Spot Ocean」において、新たにMicrosoft Azure Kubernetes Service(AKS)をサポート。Spot Oceanは、コンテナ環境の全自動スケールアウト/インとコスト最適化によるサーバーレスコンテナエンジンとして、これまでAWSのECS(Elastic Container Service)、EKS(Elastic Kubernetes Service)、GoogleのGKEをサポートしていたが、AKSのサポートを開始する。

「Spot Ocean」の概要

「Spot Ocean」の概要

Spot WaveとSpot Oceanの利用料金体系は、クラウドサービスへの支払削減額に基づく成果報酬型となり、支払額をどれだけ最適化できるかは、無料試用版に含まれるCloud Analyzerで確認することもできる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

データのサイロ化からの脱却がビジネス成功のカギ - NetApp INSIGHT Japan

データのサイロ化からの脱却がビジネス成功のカギ - NetApp INSIGHT Japan

ネットアップはこのほど、オンラインカンファレンス「NetApp INSIGHT Japan」を開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
ページの先頭に戻る