元お笑い芸人が新人営業のトークをジャッジ(3)相手に「もう一度会いたい」と思わせるには?

[2019/10/04 08:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

ソリューション

元お笑い芸人という経歴を生かし、笑いを取り入れたビジネスコミュニケーション研修など中心に事業を展開する株式会社俺・CEOの中北朋宏氏。今年6月には著書『「ウケる」は最強のビジネススキルである。』を上梓するなど、ビジネスコミュニケーションの達人として注目を集めている。

同書では成績が振るわない若手営業を主人公に、”なぜ営業がうまくいかないのか”をコミュニケーションの観点から解き明かしていく。単純な売り込みのテクニックではなく、見た目、リアクション、アイスブレイク、正しく”イジる”技術など、元芸人ならではのコミュニケーション術が惜しげもなく披露されており、伸び悩む営業にとって必読の一冊となっている。

そこで今回、マイナビニュースに所属する入社1年目の新人営業3名が中北氏を相手に営業トークのシミュレーションに挑戦! その内容を踏まえて中北氏からアドバイスをもらうことにした。

シミュレーションの内容はこうだ。

人事コンサルティング会社のマーケティング担当者である中北氏に、マイナビニュースの新人営業は10分だけ時間をもらうことができた。商材はマイナビニュースの広告記事や有料セミナーなどのイベントである。

10分という厳しい時間制限があるため、商談成立を目指してもよいが、「中北氏に『もう一度、改めて話が聞きたい』と言わせること」をゴールに置くのもOKとする。

3人目は、いつも明るさ満点のMさん! 見事にトリを飾れるか?

3人目の新人営業はMさん。ちなみに2人目と同様、挑戦者は別室で待機しているので、前の人の営業トークと中北氏からのアドバイスは一切聞いていない。

株式会社俺・CEOの中北朋宏氏(写真左)と3人目の新人営業、Mさん(写真右)

まずは名刺交換。

M:え、すごい! 大きい!

中北:(笑)。

M: これ、どこで発注されているんですか!? 他の方も同じ大きさなんですか?

中北:いえ、社員は逆に普通の名刺の1/3の大きさです。

M: え! それは見にくいですね!

中北:(笑)。

M: あ、すみません、はじめましてですので、本日は中北さんがマーケティングをされる上での役割をお聞きした上で弊社のご説明をさせていただければと思っています。

中北:はい。

M: 中北さんのマーケティングでのミッションは何でしょうか? たとえばリードの獲得やセミナーのご担当されているですとか。

中北:僕の役割は顧客のリード獲得ですね。それから、セミナーを開催して、認知度や知名度を上げていこうとも思っています。

M: ではオンラインもオフラインもどちらもされていると。

中北:そうですね。強化していきたいですね。

M: これまでにメディアを使ったプロモーションなどをされたことは?

中北:ないですね。社員一人一人がSNSなどで拡散するという人力でやっている状況です。

M: なるほど。弊社はリード獲得やセミナーなども行っておりますので、そちらのお話もさせていただければと思います。中北さんはマイナビニュースをご覧になったことは?

中北:何度かありますね。

M: 本当ですか! ありがとうございます。マイナビニュースは総合ニュースサイトでして、こちらが資料です。すみません、ペーパーレスの時代に紙で。

中北:いえいえ、うちもペーパーばかりですよ。

M: そうなんですね。ではめくっていただいて……。マイナビニュースはビジネス、デジタル、ライフ、エンタメの4つのカテゴリに分かれていて、私が担当しているのがビジネス、B2B向けとなります。媒体は月間6000万PVでして、業界では10本の指に入る規模感です。

中北:はい。

M: マイナビニュースは全文公開型で誰でも見られるサイトです。もう一つ、IT Search+というサイトがあり、こちらは無料会員制となっています。ホワイトペーパーやセミナーでリードを獲得していくことを目的にしています。マイナビニュースはタイアップ記事などによる認知拡大、IT Search+はリード獲得でよく使われています。

中北:なるほど。

M: 読者属性ですが、情報システム部門や経営企画部門の方が6割以上を占めています。役職者の方も多いサイトですね。すみません、一方的に話してしまいました。

中北:いえいえ、わかりやすかったですよ。

M: ご不明点や気になる点はございますか?

中北:これをやると、どれくらいリードが取れるのかが知りたいですね。

M: 一般的なリード獲得施策ですと、ホワイトペーパーをDLしていただいたリードを納品するという形が多いのですが、弊社はプラスしてテレマーケティング施策も行っています。他社さんの事例ですが、ホワイトペーパーを載せていただき、そのホワイトペーパーの概要をまとめたサマリ記事を載せるという形です。そこでDLしていただくことがメインではなく、そこからテレマーケティングでターゲットリストを作成し、御社に合ったターゲットに絞ってリードが獲得できるんです。

中北:ありがとうございます。今日は時間がないので、ここで切り上げさせてください。でも、またぜひお話が聞きたいですね。

M: ありがとうございます。


        *  *  *

……ここでタイムアップとなった。Mさんのトークを中北さんはどうジャッジするのだろうか。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

元お笑い芸人が新人営業のトークをジャッジ(2)

元お笑い芸人が新人営業のトークをジャッジ(2)"相手ベース"で逆算するアイスブレイク術とは?

元お笑い芸人であり、現在は笑いを取り入れたビジネスコミュニケーション研修などを中心にビジネスを展開する中北朋宏氏に、マイナビニュース新人営業が営業トークをジャッジしてもらう本企画。2人目は、優しい笑顔が印象的なKさんが挑む。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る