グローバル展開で生じた課題をどう解決するか? アシックスの取り組み

[2019/09/20 08:00]小池 晃臣 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

インフォマティカ・ジャパンは9月6日、年次カンファレンス「Informatica World Tour 2019」を都内にて開催した。

「データとAIが切り拓く、DXの新時代。」をテーマに掲げた同イベントの基調講演では「ASICSのグローバル戦略を支えるマスターデータガバナンス」と題し、アシックスのIT統括部 執行役員 統括部長、富永満之氏が登壇。4年前にグローバルシステムを導入した同社が、その一連の取り組みのなかで直面したマスターデータの整合性/ガバナンスの課題や、解決の方向性について語られた。

「ビジネスを意識したIT部門」への変革

神戸で創業されて70年という歴史を持つスポーツ用品メーカーのアシックスでは、現在大きく3つの領域で事業を展開している。1つはメインのアスレチックスポーツ分野であり、2つ目は最近ビジネスカジュアルの普及などで拡大しているスポーツライフスタイル分野、そして3つ目が健康快適分野で、この10月には東京・豊洲にジムをオープン予定だ。

エリア的には米国、欧州、アジア、日本の4つのリージョンでビジネスをグローバルに展開しており、現在の海外比率は75%となっている。

「2000年からの15年間で売上は3倍以上にアップと順調に成長してきているものの、この4、5年は売上が伸び悩んでいる状況にある。オリンピックイヤーに大きく飛躍することに期待したい」と富永氏は説明する。

アシックス IT統括部 執行役員 統括部長 富永満之氏

またアシックスでは現在ビジネスチャレンジとして、顧客接点を増やしてブランドメッセージを消費者にダイレクトに伝えることや、ランニングアプリとの連動など、デジタライゼーションによる顧客サービスの向上に取り組んでいる。そうしてナイキやアディダスなどのグローバル”兆円プレイヤー”とのシェア争いを繰り広げているわけだ。

そんなアシックスの本社IT部門では、5年ほど前から「今の情報システムでは、経営を意識した内容になっていない」という問題意識を抱くようになったという。そこで現在は、ビジネスを意識したIT部門への変革を目指すのと同時に、グローバル統合と標準化を進めている。同社が推進するIT戦略の”柱”は、以下の4項目である。

  • 業務のデジタル化
  • マーケットの感知
  • グローバルパッケージの採用
  • 生産の平準化

そして、ERP、PLM、B2Bという3つの大きなシステムをつなげるグローバルパッケージとして、アシックスが採用したのがインフォマティカのMDM(Master Data Management)ソリューションというわけだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

成果はいかに? トヨタが挑むデータ活用の「これまで」と「これから」

成果はいかに? トヨタが挑むデータ活用の「これまで」と「これから」

7月31日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Summer for データ活用」の基調講演では、トヨタ自動車 コネクティッドカンパニー e-TOYOTA部 担当部長 佐々木英彦氏が登壇。本稿では、講演の内容を基に、同社が進めてきたデジタルマーケティングの仕組みづくりについて重点的に紹介する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る