[講演資料] AIの普及は社会の未来をどう変えるのか? - MS CTO 榊原氏

[2019/03/11 08:00] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • AI

ソリューション

コンピュータ囲碁プログラム「AlphaGo(アルファ碁)」がトッププロを破ったり、質問応答システム「IBM Watson」が米国のクイズ番組で最高賞金額を獲得したり……限定的な分野とは言え、人間よりも勝るAIが登場し始めた今を「エキサイティングな時代」だと語るのは、日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者/マイクロソフトディベロップメント 代表取締役社長を務める榊原 彰氏だ。

日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者/マイクロソフトディベロップメント 代表取締役社長 榊原 彰氏

さまざまな可能性を秘めるAIだが、高機能なものを求めれば求めるほど、その開発には費用がかかる。だが、AIの恩恵を富裕層のみが享受できるものにはしない、というのがマイクロソフトの考えだ。

同社では「AIの民主化」と「社会の重要課題の解決」を掲げ、作り出す全てのものにAI機能を導入しているという。

IT Search+スペシャルセミナー 第106回では、AIを搭載したメガネやドライブスルーのソリューション、多言語に同時対応する翻訳機能など、すでにリリースされているテクノロジーの例が多数紹介されたほか、進化途中であるがゆえに起きた予想外の”問題”や、まだ明確な解決策が見つかっていない課題についても言及された。

本稿では、この榊原氏による講演「AI普及のカギと社会のありかた」のスライドを提供する。

会員ログインの上、以下の資料紹介のリンク、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから入手してほしい。

講演資料の内容


配布用の講演資料は全30スライド/15ページ。講演時に使用したスライドから一部抜粋して提供しています。

AIソリューションの例や学習データの偏りに起因する問題のほか、AIに求められる倫理についても参考URLと共に紹介されています。

<PDF内容>

  • コンピュータが理解する「世界」
  • テクノロジーで社会を変える
  • 統計的機械翻訳から深層学習による翻訳へ
  • 閉じた世界での成果
  • シミュレーション - Project Malmo
  • シミュレーション - AirSim
  • 現実には何が起こっているのか
  • バイアス
  • AIシステムのための価値判断を示す
    ……など

>> ダウンロードはこちらから

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト [5] ゲームはAIでどう進化するのか? - 日本デジタルゲーム学会 三宅陽一郎氏(前編)

【連載】知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト [5] ゲームはAIでどう進化するのか? - 日本デジタルゲーム学会 三宅陽一郎氏(前編)

今回、ご登場いただいたのはデジタルゲーム業界におけるAI開発の第一人者、三宅陽一郎氏。プラットフォームの成長と共にどんどんリッチになってきたデジタルゲームの世界に、AIはどんなインパクトを与えるのか。自身も"ゲーム好き"だというカナコさんからは、ゲームとAIの過去、現在、そして未来についてさまざまな質問が飛び出した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る