[講演レポート提供]学んで実践! AI活用に必要な"発想力"の鍛え方 - AI研究家 大西氏が解説

[2019/02/06 08:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

「AIを活用する」――口で言うのは簡単だが、いざ始めようとすると何から手を着ければよいのかわからない。そんな企業も多いのではないだろうか。

とりあえずAI搭載をうたう製品を導入してみたものの、現場にうまく浸透せず、コストばかりがかさんでしまったといったケースも少なくない。

AIを活用し、その真価を発揮させるには、自社にはどのような業務課題があり、そのなかのどれがAIが得意とする分野のものなのかを見つけ出すスキルが必要だ。

第103回IT Search+スペシャルセミナーでは、本誌連載『教えてカナコさん! これならわかるAI入門』の著者としてもおなじみの”カナコさん”こと、大西可奈子氏が登壇し、AI活用のための発想方法について解説。具体例やワークを交えた実践的な時間となった。

AI研究家 大西可奈子氏(NTTドコモ R&Dイノベーション本部 サービスイノベーション部)

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、当日の内容を基に、機械学習の概要やAI活用にまず必要なこと、AIで解決するのに向いている業務課題の見つけ方などについてまとめている。自社業務へのAI活用を検討されている方は、ぜひ参考にしていただきたい。

講演レポートのご案内

全2ページから成る講演レポートでは、「ビジネス課題を解決せよ! AIの威力を引き出す”発想力”」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。

無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。

<PDF内容>

  • 機械学習で何ができるのか?
  • AI活用に取り組む上でまず必要なのは?
  • 「AIで解決でき得る課題」の見つけ方

>> ダウンロードはこちらから




※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】対話システムをつくろう! Python超入門 [1] 対話システムの世界へようこそ!

【連載】対話システムをつくろう! Python超入門 [1] 対話システムの世界へようこそ!

本連載では、現在ブームであり、かつ技術的に挑戦しがいのある「対話システム」を作成しながら、プログラミング言語「Python」を学んでいきます。初回となる今回は、そもそも対話システムとはどういうものであり、自作するとどのようなメリットがあるのかについてご説明しましょう。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る