[講演レポート提供]IoT開発はチーム戦! 「モノ」と「IT」をつなぐために必要なスキルとは?

[2018/11/20 08:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

さまざまなビジネス領域においてIoTの普及/浸透が進む今、IoT開発のスキルを持った人材は引く手数多だ。「IoT開発のスキル」と言葉で言うのは簡単だが、その内訳は多岐に渡る。1人で全ての知見とノウハウを備えた人材を探すよりも、それぞれの得意分野を持ち寄ってチームを組むのが現実的だ。

第96回IT Search+スペシャルセミナー「IoTを扱える人材の育て方とは!? IT×モノ×コト時代に必要なスキルセット」では、IoTベンチャーを多数支援/育成してきたDMM.make AKIBAでエヴァンジェリストとして活躍する岡島康憲氏が登壇。IoTビジネスに必要なチームの作り方や、求められるスキルセットについて解説した。

DMM.make AKIBA エヴァンジェリスト 岡島康憲氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で語られたIoT開発に取り組む人材に求められるスキル、開発チームを組む上で必要となる役割などについてダイジェストでまとめている。すでにIoT開発に関わっている方はもちろん、これから自社ビジネスにIoTを取り入れていきたい方もぜひ、ご一読いただきたい。

講演レポートのご案内

全2ページから成る講演レポートでは、「IoTを扱える人材の育て方とは!? IT×モノ×コト時代に必要なスキルセット」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。

<PDF内容>

  • IoT技術の現状と人材不足の解消策
  • 開発事例から学ぶ! IoT開発に必要なスキルセット
  • チームに必須の「T型人材」とは?

>> ダウンロードはこちらから

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演資料提供]モノとITではこれだけ違う! DMM.make AKIBAが教える失敗しないIoT

[講演資料提供]モノとITではこれだけ違う! DMM.make AKIBAが教える失敗しないIoT

「IoTの開発は、関連技術分野が多いのでチーム戦。モノ側とIT側の間で文化の違いがあるので、間に立って通訳する人材が必要である」――DMM.make AKIBAでエヴァンジェリストを務める岡島 康憲氏の講演の一幕である。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る