キタムラ、年賀状プリントサービスに「サポートチャットボット」を導入 [事例]

[2018/11/01 19:35] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ユーザーローカルは11月1日、キタムラが運営する年賀状プリントサービス向けに、ユーザーサポート業務に特化したAIチャットボット「サポートチャットボット」の提供を開始したと発表した。

サポートチャットボットは、60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用することで、高品質な会話を実現するというもの。ユーザーとの会話ログを基に、継続的に会話を改善することが可能な点を特徴とする。

キタムラは、全国に「カメラのキタムラ」を展開するキタムラでは、カメラの販売/買取のほか、写真の現像、年賀状などのプリントサービスを、店頭やWebサイト上で提供している。このうち年賀状プリントサービスに関しては、繁忙期に問い合わせ件数が大幅に増加するものの、コールセンターに寄せられる質問のなかには「絵柄や色の着いたはがきでも印刷できるか」「宛名印刷だけの注文もできるか」といった簡単なものや定型的な回答で解決できるものが一定の割合で含まれていた。

そこで今回、年賀状サイト上にサポートチャットボットを導入。定型的な問い合わせには24時間いつでも回答できる体制を整えることで、利用者の利便性向上とコールセンターの負荷軽減を目指すとしている。

キタムラの年賀状サイト。右下の「チャットで質問する」で質問することができる

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4140
2
キタムラ、年賀状プリントサービスに「サポートチャットボット」を導入 [事例]
ユーザーローカルは11月1日、キタムラが運営する年賀状プリントサービス向けに、ユーザーサポート業務に特化したAIチャットボット「サポートチャットボット」の提供を開始したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/10/29/jirei_thumbnail.jpg
ユーザーローカルは11月1日、キタムラが運営する年賀状プリントサービス向けに、ユーザーサポート業務に特化したAIチャットボット「サポートチャットボット」の提供を開始したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る