長崎県東彼杵町、双方向通信可能な防災配信サービス「@InfoCanal」を導入 [事例]

[2018/08/07 11:30] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

NTT西日本は8月6日、自治体と住民の双方向通信可能な防災配信サービス「@InfoCanal」(提供:NTTアドバンステクノロジ)を長崎県東彼杵町の約1,000端末に導入したと発表した。

同サービスは、IP通信網やモバイル回線などを通じ、住民が持つ専用戸別受信機、またはスマートフォン、タブレットなどへ任意の情報を同時配信するというもの。国が発信するJアラートなどとの連携も可能なほか、自治体と住民が双方向にやり取りできる点を特徴とする。

@InfoCanalの情報配信イメージ

導入にあたっては既存のIP通信網(携帯網含む)を利用することで初期費用を低く抑えられたほか、遠隔配信が可能なため、夜間登庁せずとも情報配信できる点などが評価されているという。

導入により、住民への情報伝達速度が向上すると共に、平常時においてもお悔やみ情報の発信など、地域独自の情報配信にも活用できるとしている。

配信画面のイメージ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3950
2
長崎県東彼杵町、双方向通信可能な防災配信サービス「@InfoCanal」を導入 [事例]
NTT西日本は8月6日、自治体と住民の双方向通信可能な防災配信サービス「@InfoCanal」(提供:NTTアドバンステクノロジ)を長崎県東彼杵町の約1,000端末に導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
NTT西日本は8月6日、自治体と住民の双方向通信可能な防災配信サービス「@InfoCanal」(提供:NTTアドバンステクノロジ)を長崎県東彼杵町の約1,000端末に導入したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る