JALエンジニアリング、スマホIP無線「Aldio」を採用 - 通話品質を評価 [事例]

[2018/07/18 14:45] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

シアンス・アールは7月18日、同社が独自開発したスマホIP無線「Aldio」をJALエンジニアリングが採用したと発表した。

Aldioは、音声によるリアルタイムな情報共有ができるスマホIP無線サービス。Android、iOSに対応しており、スマホにアプリをインストールするだけで利用を開始できる。au、ドコモ、ソフトバンクに対応し、通話内容の履歴をいつでも確認することが可能となっている。

JALエンジニアリングでは、専用のIP無線機を使用していたが、すでに配布済みのiPhoneとは別に所持する必要がある上にサイズが大きく、持ち歩く整備士に多大な負担をかけていた。

Aldioの導入により、これまで整備士が別途携帯していた無線端末をiPhoneに統合して、整備士の負担を軽減するとともに、無線の運用コストを1台あたり月額数千円削減。また、Bluetoothスピーカーマイクを併用することで、騒音環境下でもストレスなく通話が行えるようになり、整備士同士のコミュニケーションが向上したという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

目指すは国内20万室導入! ホテル向けスマホ「handy」が好評なワケ

目指すは国内20万室導入! ホテル向けスマホ「handy」が好評なワケ

香港発のホテル向けスマートフォン「handy」は、2017年7月に日本市場に参入。東京都中央区のロイヤルパークホテルが日本で初めて導入し話題となった。両社の狙いはどこにあるのだろうか。handy Japan CMOの野本歩氏とロイヤルパークホテル 宿泊部 客室サービス課 課長の服部良一氏に話を聞いた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る