マイナビニュースマイナビ

Fintechで変わる企業ビジネス - キャッシュレス化に向けた「3つの潮流」

[2018/06/05 07:30]齋藤公二 ブックマーク ブックマーク

迫り来るキャッシュレス化の”波”

実際、Fintechによるキャッシュレス化は国の成長戦略「未来投資戦略2017」にも記されている。記述によれば、2027年までにキャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度にすることを目指すとされる。国際的にもキャッシュレス化の流れは進んでおり、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、モバイルウォレットの利用は増えているという。

キャッシュレス化のトレンド

キャッシュレス化に向けた潮流は、大きく3つある。1つは、電子マネー、クレジットカードの第2普及期であることだ。「おサイフケータイのほか、Apple Payが普及し、2020年の五輪開催に向け、多くの少額取引の現場がカード対応を開始していくと見られます」(瀧氏)

2つ目は、ATMではなく、レジで現金引き出しするという動きが進んでいることだ。デビットカードの「キャッシュアウトサービス」対応をイオン店舗で行うことが発表されている。

3つ目は、海外でのキャッシュレス化進展だ。中国における「AliPay」「WeChatPay」はすでに社会インフラのようになっている。また、インドでは、紙幣の86%が廃止され、「Paytm」などのサービス利用が急拡大している。いずれマイナンバー・指紋認証と連携し、スマホもいらない決済へと進む可能性がある。デンマークでも現金受取義務の緩和、新規紙幣の印刷停止などが行われている。

「国際的には、脱”現金”の流れは思っている以上に進んでいます。キャッシュレスが進むと、現金を数えるレジ締めなどの作業がなくなり、その分、効率化が進みます。一方、日本ではまだまだ”現金主義”が多い。その背景にあるのは、治安の良さや、国土の狭さ、現金管理のインフラが整備されていることなどです。おそらく放っておいたらキャッシュレスにならない国です。GoogleやAmazonなどがより先進的なサービスやシステムを投入すれば、われわれの現金システムはそれに取って代わる可能性すらあると危機感を感じています」(瀧氏)

キャッシュレス化は企業経営とも関わってくる。キャッシュレスが進むと決済などに関する情報が増え、その情報を活用することが可能になるからだ。毎日決まった時間に商品を購入する顧客がいれば、その顧客に割引キャンペーンを実施したり、店舗に近づいてきたときに個別にアプローチしたりできる。すると、これまで”経営の3要素”と言われてきた、ヒト・モノ・カネのあり方も変わってくるという。

「ヒト・モノ・カネから、ヒト・ヒト・ヒトに変わります。モノを作るのは簡単になりました。そこで何を作るのかを決めるヒトが重要になりました。カネについてもそうで、カネを何に使うかを考えるヒトが重要です。つまり、ヒトにいかにきちんと働いてもらい、生産性を向上させるかが重要になってきたということです」(瀧氏)

キャッシュレスが企業の生産性向上につながる一例として、瀧氏は経理業務における現金・預金処理の手間を削減できることを挙げた。借方と貸方でそれぞれ現金、預金の決済があるが、タブレットPOSによるキャッシュレス化や電子マネー、専用カード、IBデータ連携・API活用などを進めていくことで、記帳や転記などの手間のほとんどを削減できる。

「既に90%以上の入力データは、原データが自動取得可能です。また、毎月決まって発生するデータについては、学習や予測などで自動処理がより容易になっています」(瀧氏)

同氏は最後に、昨今注目を集めるAI(人工知能)の話題にも触れ、「限られた人員でも効果的に仕事を回せる組織にし、作業は全面的に人工知能・自動化ツールを活用していくこと。人間はより人間が得意とする、付加価値の高い領域に集中することが必要です」と説き、講演を締めくくった。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

StripeとJCB、グローバル提携に向けた覚書を締結 - 国内からサービス開始

StripeとJCB、グローバル提携に向けた覚書を締結 - 国内からサービス開始

米Stripeとジェーシービー(以下、JCB)は5月16日、グローバルでの提携に向けた覚書の締結を発表した。これにより、国内のStripe導入企業は同日からJCBカードによる決済の取り扱いが可能となるほか、将来的には世界各国のStripe導入企業が現地通貨での支払いを受け付けられるようになるとしている。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る