[講演レポート提供]ダンスプロデューサー 夏まゆみ氏が伝授! やる気を引き出す「叱り力」

[2018/03/01 08:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

部下や後輩に指導する際には、時として叱らなければならないシーンも訪れる。だが、「叱ったのに、なかなか言った通りにやってくれない」「思ったような成果が出ない」といった経験はないだろうか。

第66回IT Search+スペシャルセミナーでは、ダンスプロデューサー 夏まゆみ氏が登壇。AKB48、モーニング娘。の育ての親としても知られる同氏は、300組以上のアーティストの振り付けを担当してきた実績を持つ。教え子たちは必ずしも”優等生”ではなく、なかには初めてダンスに取り組むという人もいる。そんな彼らが晴れの舞台で最高のパフォーマンスを発揮するために、夏氏は時には褒め、時には叱ることでモチベーションを高め、ポテンシャルを引き出してきた。

講演では、夏氏がこれまでの経験を踏まえ、相手の心に響く「叱り方」について語った。

ダンスプロデューサー 夏まゆみ氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で語られた夏氏の経験談や、そこから得た学び、同氏が指導する上で意識しているポイントについてダイジェストでまとめている。ぜひご一読いただきたい。

講演レポートのご案内


全2ページから成る講演レポートでは、「叱り力 - 教え子が成長するリーダーは何をしているのか」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。


<PDF内容>

  • 夏氏が自らの経験を語るワケ
  • 言うことを聞かない若者たちを前にした「葛藤」
  • 指導で意識する「3つのコト」
  • 夏氏が説く「指導の鉄則」とは?

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演レポート提供]ビジネストラブルの結末をプラスに導く

[講演レポート提供]ビジネストラブルの結末をプラスに導く"謝罪の流儀"とは?

クロスリバー 代表取締役社長 CEO 越川慎司氏は、かつて日本マイクロソフトで最高品質責任者を務めていた際、3年間で566件、顧客企業に謝罪して回ったのだという。ただ謝罪の気持ちを伝えるだけでなく、失われかけた信頼を回復し、さらにプラスに導くために、越川氏は何を考え、どのように行動してきたのだろうか。12月6日に行われた第63回IT Search+スペシャル…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る