NECとNTTデータ、北陸銀行と横浜銀行向けに振込不能管理システムを構築 [事例]

[2018/02/23 19:45] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

NECは2月23日、NTTデータと共同で、北陸銀行と横浜銀行向けに国内為替の振込エラー処理における業務効率化を可能とする振込不能管理システムを構築したと発表した。

北陸銀行と横浜銀行では、かねてより、国内為替の振込手続きにおいて、振込伝票への記載内容の不備による入金エラーが発生しており、取引が成立しない振込を後方事務の職員が紙ベースで処理するなど、振込エラー処理の業務効率化が課題となっていた。

今回構築された振込不能管理システムは、従来、紙の受信票を参照しながら金融端末で行っていた為替の振込エラー(仕向エラー、被仕向エラー)に関連する事務作業をシステム化したもの。必要な情報を画面上でまとめて見ながら処理できるため、作業の効率化が可能になるという。

また、被仕向エラー処理において、受取人名でエラーが発生していた場合、法人略語の有無や別名による違いなど、従来職員が判断していた条件チェックをシステム化。これにより、同一受取人と判断できた場合は自動入金を実施し、それ以外のエラーに対しては仕向先金融機関への自動照会、または自動資金返却を実施することで、振込エラー処理量の削減を実現したとしている。

同システムは、2018年2月から北陸銀行、同年5月から横浜銀行にて順次稼働を開始する予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3486
2
NECとNTTデータ、北陸銀行と横浜銀行向けに振込不能管理システムを構築 [事例]
NECは2月23日、NTTデータと共同で、北陸銀行と横浜銀行向けに国内為替の振込エラー処理における業務効率化を可能とする振込不能管理システムを構築したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
NECは2月23日、NTTデータと共同で、北陸銀行と横浜銀行向けに国内為替の振込エラー処理における業務効率化を可能とする振込不能管理システムを構築したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る