戸田建設、情報共有ポータルに「kintone」を採用 [事例]

[2017/12/13 17:30] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

サイボウズは12月13日、戸田建設がクラウドサービス「kintone(キントーン)」を採用したと発表した。

通常、建設現場では作業所ごとに建設会社・工務店・資材関係会社などの協力会社が連携して作業を行う。戸田建設は、この作業所における情報共有手段としてICT活用を決定。操作性の高さやメンテナンスの容易さ、拡張性の高さなどから、kintoneの採用に至った。

今回kintoneで構築された「作業所ポータル」では、作業所で行われる申請書類の作成や行事予定、協力会社との各種調整、本部への報告業務などさまざまな業務の負担を軽減するための機能や、協力会社向けのマニュアルが提供される。

また、基幹システムと連携することで、本社や支店では作業所からの報告内容をいつでも確認できるほか、以前は作業所ごとに確認していた従業員の業務や休暇などの状況もkintone上で一覧することが可能となっている。

kintoneの利用イメージ

導入プロジェクトはM-SOLUTIONSが中心となり、複数のkintoneディベロッパーを取りまとめながら進行管理およびカスタマイズを担当。アプリ制作にあたっては、モックアップでイメージを共有しながら画面を構築し、後から機能を追加していくアジャイル開発で行い、3カ月で立ち上げたという。

現在、戸田建設と3,500以上の協力会社間で約1万ユーザーがkintoneを利用する。今後は、2020年頃までに1万5,000ユーザー以上の規模となる見込み。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

100人いれば働き方は100通り! 社員の多様性を生かすサイボウズの人事改革

100人いれば働き方は100通り! 社員の多様性を生かすサイボウズの人事改革

7月26~28日に開催された「総務・人事・経理ワールド2017 HR EXPO」の専門セミナーでは、サイボウズ人事部マネージャー 青野誠氏が登壇。「多様な働き方の社員を会社はどのように評価するべきか? ~サイボウズが進める人事戦略~」と題し、サイボウズが取り組むユニークな人事評価制度が紹介された。本稿では、その内容をレポートする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
RPA入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る