東洋エンジニアリング、「Predix」ベースのプラント運転・保全システムを導入 [事例]

[2017/12/12 17:30] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

日本電気(NEC)は12月12日、東洋エンジニアリングにゼネラル・エレクトリック・カンパニー(GE)の産業向けプラットフォーム「Predix(プレディックス)」を用いた、肥料プラントの運転・保全最適化システムを納入したと発表した。

同システムは、プラントの運転情報や保全に関する情報をPredix上に収集して関係者の間でリアルタイムに共有することで、プラント運転・保全の効率化を実現するというもの。NECは同システムの開発において、マイクロサービスを組み合せたり、アジャイル型手法を適用したりすることで、短期間での納入を実現したとしている。

NECは2016年10月、デジタルトランスフォーメーションの加速に向け、GEとIoT分野において包括的な提携を締結。日本企業向けIoTソリューションの開発・導入・保守サポートをトータルに提供する体制を構築した。これに伴い、NECでは現在Predix関連の認定技術者を100名以上有しており、2020年度までには500名規模に拡大することを予定している。また、自社のグローバルサプライチェーン改革においても、特定領域の大規模プロジェクト管理にPredixを活用しているという。

こうした事業体制・実績・ノウハウをベースに、Predixを用いたIoTソリューションの提案を進めており、今回の東洋エンジニアリングへのシステム納入もその活動の一環となる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

デジタル改革が進む今、米・中と渡り合う日本企業に必須の「転換」とは?

デジタル改革が進む今、米・中と渡り合う日本企業に必須の「転換」とは?

Genpact Japanは11月29日、企業経営層や業務部門責任者を対象に、デジタルトランスフォーメーションをテーマとする「Genpact Digital Transformation Forum」を開催した。基調講演に登壇した早稲田大学ビジネススクール 商学学術院 教授 平野正雄氏は、「日本企業が目指すべきデジタルイノベーション」と題した講演で、これまで…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る