コスメナチュラルズ、チューブ製品の製造工程に協働ロボ「CORO」を導入 [事例]

[2017/11/07 18:45] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ライフロボティクスは11月7日、同社が開発・製造・販売する協働ロボット「CORO(コロ)」を、コスメナチュラルズがチューブ製品のRカット工程に導入した取り組みの詳細を公表した。

化粧品の製造工程では、充填機から排出された製品に対してシール部の「Rカット工程」がある。同工程は、内容物を充填した後、端を熱や超音波でシールする(閉じる)とシール部の角が鋭利になってしまうため、これを取る作業のこと。

シールしたチューブの端がそのままだとレジ袋の破損やケガの危険性があるので、Rカット工程で角を取る

化粧品業界ではチューブ径・デザインの多様化が激しいことやRカット装置が高額であること、コンベア式製造ラインの横にある作業場所は狭く、安全柵で囲うタイプの産業用ロボットではスペースが足りないことなどから、多くの製造会社で作業員が手動機を操作してRカット工程を行っている。

コスメナチュラルズでは今回、こうした課題を解消するものとして、チューブ製品のRカット工程に2台のCOROを導入。同ロボットの最大の特徴は、肘回転関節をなくし、独自技術による伸縮する関節を採用していることで、人の専有面積以下のスペースで動作可能だという。

導入されたCOROは、コンベアに流れるチューブ製品を2個セットで把持し、Rカット装置の投入口に投入。2個のチューブは、押し込み棒で定位置にセットされ、2個同時にRカットされた後、もう1台のCOROがまた2個セットで把持してコンベアに移動させる流れとなる。

チューブ製品を2個セットで把持し、Rカット装置の投入口に投入

2個同時にRカットされた後、もう1台のCOROがまた2個セットで把持してコンベアに移動

これにより、従来、1~2名で担当していたRカット工程の担当者が0名になったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演レポート提供]「変なホテル」の立役者が叱咤激励! ロボットビジネスに必要な心構えとは?

[講演レポート提供]「変なホテル」の立役者が叱咤激励! ロボットビジネスに必要な心構えとは?

6月13日に行われた第47回IT Search+スペシャルセミナーでは、「AI、ロボット、IoTを社会に活かす~人がより幸せになるような未来を創る会社の使命とは?~」と題し、ハウステンボスが展開するロボット事業の立役者である富田直美氏が登壇。先端テクノロジーを活用したビジネスを展開する上で必要な心構えから、変なホテル開業の裏話に至るまで、惜しみなく語られた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る