ジーテクト、人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」を導入 - 既存システムと連携 [事例]

[2017/07/18 14:55] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

日本オラクルは7月18日、ジーテクトが、人材管理クラウド「Oracle HCM Cloud」の「タレントマネジメント」を導入したと発表した。

自動車部品の製造や金型・溶接設備の販売などを手掛けるジーテクトは、2020年までの中長期ビジョンとして売上3,000億円・営業利益200億円の達成を目標に掲げる。その達成に向けた戦略の1つとして「人事イノベーション」に着目し、次世代のマネジメント層や技術者の育成、若手の発掘・育成に注力している。

同社のイメージする人事イノベーションを実現するには、約8,000名の社員の人材情報をデータとして蓄積・可視化して分析し、その分析結果を基にしたパフォーマンスや評価の管理、人材育成・配置など、迅速かつ適切な人事施策や意志決定ができる仕組みが必要だった。

そこで、同社はOracle HCM Cloudのタレントマネジメントを2016年11月に採用。日本国内の社員1,200名を対象に、2017年4月より活用を開始した。選定にあたっては、タレントマネジメント領域の機能が充実していることやグローバル対応、レポーティングなどにおける柔軟性・拡張性の高さなどが評価されたとしている。

今回、Oracle HCM Cloudはジーテクトがもともと利用していた人事給与管理システムと連携するかたちで導入された。従来は紙ベースの資料や表計算ソフトによって管理していた人材情報・評価などのデータをOracle HCM Cloudのデータとして管理し、加えて新たに経験やスキル・キャリア志向などのデータを追加することで、総合的な人材管理・戦略システムとして活用する。

導入により、ジーテクトは組織全体の意識改革、革新的な人材の育成と創出、次代を支える経営幹部候補の育成に役立てていくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日本にも迫るタレントマネジメントの「波」- 米Cornerstone OnDemand APAC担当VP

日本にも迫るタレントマネジメントの「波」- 米Cornerstone OnDemand APAC担当VP

ITを駆使したタレントマネジメントの実践が進む欧米に対し、日本は遅れをとっている感が否めない。日本において、今後タレントマネジメントはどのような広がりを見せるのか。米Cornerstone OnDemandの年次カンファレンス「Cornerstone Convergence 2017」の期間中、同社で日本・APAC担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る