マイナビニュースマイナビ

今こそスマートテクノロジー! 導入で失敗しないためのポイントは?

[2017/05/30 08:30]小池 晃臣 ブックマーク ブックマーク

最大の障壁は「人」

では逆に、早期事例における失敗例にはどのようなものがあるだろうか。また、それらに共通する障壁とは何なのか。

「技術的な問題はもちろんありますが、それらの多くは比較的理解しやすいものです。技術は日進月歩なので現時点では仕方ないという諦めもあるでしょう。しかし、ここに来て見えてきたのは、ユーザー部門、IT部門、経営部門それぞれにピープルセントリックな課題が山積しているという状況です」(蒔田氏)

蒔田氏は、実例を踏まえてIT部門、ユーザー部門、経営部門にそれぞれどのような課題があるのかを示していった。

まずIT部門の課題として、ある製造業IT子会社で見られた「現場の反応の薄さ」を挙げた。現場に改善意識はあり、抵抗感も低いにもかかわらず、デモシステムを現場に見せても反応が薄いというのだ。

「IT部門が主導の場合、なぜか先に進まないケースが多く見られます。日々移り変わる状況に応じた現場部門のニーズをしっかり把握できていないといった理由もあるのではないでしょうか」(蒔田氏)

また、ユーザー部門の課題には、現場技術者のコミュニケーションスキル不足などが挙げられ、経営部門の課題としては、先進性アピールの陰で募る、失望感・幻滅感・疎外感などが挙げられた。

「こうしたピープルセントリックな失敗を避けるための『初めの一歩』となるのが、『人に関する考察』を深めることです。ピープルセントリックな取り組みの最大の障壁は『人』であることを覚えておいてほしい」と、蒔田氏は訴えた。

ピープル・セントリックな失敗を避けるための、初めの一歩/出典:ガートナー(2017年4月)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

デジタルビジネスへの大転換期! 2020年を見据え、企業は今何をなすべきか?

デジタルビジネスへの大転換期! 2020年を見据え、企業は今何をなすべきか?

4月26日から28日にかけて、東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017」。初日のオープニング基調講演に登壇したのは、ガートナー ジャパン リサーチ バイスプレジデント 兼 最上級アナリスト、亦賀忠明氏だ。氏の講演では、「未来志向:2020年に向けたテクノロジ、ビジネス、人材のシナリ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る