Windows Vistaがサポート終了、7は6月から終了の啓蒙活動、10は最新アップデート配信へ

[2017/04/12 08:00]徳原大 ブックマーク ブックマーク

Windows 10の大規模アップデート「Creators Update」が日本時間の4月12日早朝よりスタートする。名称にもあるように、今回のアップデートは「ペイント3D」を始めとするクリエイター向け機能の拡充を目指したもので、企業向けの内容はそれほど多くない。

もちろん大規模アップデートだけあって、新機能がまったくないわけではない。例えば、より複雑化するセキュリティ機能をシンプルにわかりやすくした「Windows Defender セキュリティ センター」は大きな改良点だろう。特別な新機能というよりも、「セキュリティのポータル」として機能するものになる。

Windows Defender セキュリティ センター

同センターでは「ウイルスと脅威の防止」と「デバイスのパフォーマンスと正常性」「ファイアウォールとネットワーク保護」「アプリとブラウザー コントロール」「ファミリのオプション」が提供される。

ウイルスと脅威の防止は、以前より用意されている無償のマイクロソフト謹製ウイルス対策ソフト「Windows Defender」の機能がそのまま利用でき、デバイスのパフォーマンスと正常性ではWindows Updateやデバイスの状態監視などが提供される。

ファイアウォールとネットワーク保護は名称の通りOS標準のファイアウォールによるアプリケーションの通信許可やネットワーク管理が行える。アプリとブラウザー コントロールは、フィッシングサイトなどを検出する「SmartScreen」の設定が行える一方、ファミリのオプションではペアレンタルコントロール設定が可能となる。

標的型攻撃対策でメモリ監視も

セキュリティ機能の拡充はこれだけではない。企業における標的型攻撃対策の機能である「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」で検出機能やインテリジェンスの拡充、修復機能の強化が行われた。(関連記事 : 【連載】MS ゆりか先生が教えるWindows 10 セキュリティのアレコレ【第7回】大型アップデートでついに実装、期待の新機能「Windows Defender ATP」とは)

検出機能の拡充は、ATPのセンサーを拡張し、メモリ(RAM)上でのみ動作する脅威や、カーネルレベルの脆弱性攻撃の検出に対応した。読み込まれたドライバーやメモリ内のアクティビティを監視できるほか、カーネルの脆弱性攻撃の可能性を示すインジェクション、リフレクションによる読み込み、メモリ内の変更に関するさまざまなパターンを検出できるようになる。

インテリジェンスの拡充では、IT管理者の判断でWindows Secuirty Centerに独自のインテリジェンスを送りし、セキュリティ侵害に関する独自のインジケーターに基づいたアクティビティに関するアラートを設定できる。インサイトを追加して機械学習モデルの精度を高めることで、マルウェアを早期に特定・ブロックが可能になる。

修復機能の強化では、前述のセキュリティセンター内でIT管理者向けツールが提供される。このツールでは、マシンの隔離やフォレンジックの収集、実行中のプロセスの強制終了・消去、ファイルの検疫、ブロックといった操作が可能になるという。

XPの反省を活かして2年半前から「7」サポート終了の啓蒙活動へ

記者向けにアップデートの概要説明が行われた4月11日は、Windows Vistaのサポート期限を迎えた日でもある。サポート終了を大々的に告知していたWindows XPとは異なり、記者説明会でもスライドの最後で軽く触れる程度に終わったVista。もちろん、ユーザーが少ない上に、(当時)ハイスペックPCでなければ満足に動かないとも言われたOSだけに、この結末は致し方のない結果なのかもしれない。

むしろマイクロソフトが重要視するのは、2020年1月14日にサポートを終了する「Windows 7」だろう。Windows Vistaの反省を踏まえて軽量化された7は、インタフェースを一新したことで不評を買ったWindows 8/8.1の間のOSとして長期間に渡り支持されてきた。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】 AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます 【第10回】世界の脅威を知り先手を打とう!「Office 365 Threat Intelligence」とは?

【連載】 AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます 【第10回】世界の脅威を知り先手を打とう!「Office 365 Threat Intelligence」とは?

組織内のセキュリティの対策状況や、発生している脅威の状態を把握することは当たり前の時代となりました。しかし、さらに外に目を向け、世界中で起きている脅威の状況を知り、事前に対策できれば......と考えている管理者の方も多いのではないでしょうか。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る