動く位置情報をフルに活かせ、JR東とドコモの「山手線アプリコンテスト」

[2017/04/05 10:30]徳原大 ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • モバイル

ソリューション

そして、最優秀チームには「黒猫誘拐事件」のQOLPが選出された。

個人的な主観で言えば、ママの手と山手線デパートはアプリの完成度が高く感じた。ただ、山手線デパートは広告要素が強く、利用者のインストール動機の掘り起こしが難しい問題があった。一方のママの手も、列車の車両位置情報と、走行位置情報の双方を上手く利用していたが、UI設計の質問に対して一部わかりにくい説明があり、コンセプトこそ社会の課題解決に繋がるポイントの高いものだったものの、最優秀チームには選ばれなかった。KINOWAについては、コンセプトが独特で評価しづらい部分はあったものの、2つの位置情報をフルに活かしているほか、広告スキームまで練り込まれていた点が評価されたように感じた。

一方で黒猫誘拐事件は、アプリの完成度こそさほど高いようには見えなかったが、2つの位置情報を上手く利用している点に加え、池澤さんに質問された「無数に発生するシナリオ分岐への対応」を元々想定していたことが評価されたようだ。恐らく、テストマーケティングを通して製品化されるタイミングでは、ストーリーのブラッシュアップ、シナリオの練り込みなどで、本格的なゲーム会社、クリエイターの参加によって手が加えられるはず。1年後には、ゲームに興じて山手線を何周もするユーザーが出てくるかも……しれない?

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

復興支援の枠組みから次のステップへ、ドコモが考える「地方創生」とは

復興支援の枠組みから次のステップへ、ドコモが考える「地方創生」とは

NTTドコモと仙台市は8月29日、「ICTを活用したまちづくりに関する連携協定」の締結を発表した。具体的には「防災・減災」「地域活性化」「近未来技術の実証」の3分野で連携を行う。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る