日本赤十字社、音声認識を活用した「AmiVoice 議事録作成支援システム」を採用 [事例]

[2017/04/04 15:10] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

ソリューション

アドバンスト・メディアは4月4日、日本赤十字社が音声認識を活用した「AmiVoice 議事録作成支援システム」を採用したと発表した。

日本赤十字社では、医療事業推進本部にて経営会議の録音音声の書き起こしを行っており、正確性を期すために逐語に近い議事録を作成している。そのため、従来は1時間あたりの会議に6~8時間程度の議事録作成時間がかかっていたという。

さらに昨年から、赤十字医療施設経営会議が月例会議となったことで、より迅速かつ効率的な議事録の作成が必要になり、AmiVoice 議事録作成支援システムの採用に至った。

同システムは、発言をリアルタイムでテキスト化することができるというもの。誤認識した個所はシステム内の書き起こし専用ソフトウェアによって校正可能となっている。

導入により、日本赤十字社ではこれまでの約半分の時間での議事録作成が可能になったという。

同社は今後、専用辞書を導入し、さらなる認識率向上に取り組んでいくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2602
2
日本赤十字社、音声認識を活用した「AmiVoice 議事録作成支援システム」を採用 [事例]
アドバンスト・メディアは4月4日、日本赤十字社が音声認識を活用した「AmiVoice 議事録作成支援システム」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
アドバンスト・メディアは4月4日、日本赤十字社が音声認識を活用した「AmiVoice 議事録作成支援システム」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る