野村信託銀行、個人向けネットバンキングの操作支援に「RemoteOperator」を採用 [事例]

[2017/03/22 12:45] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

インターコムは3月21日、同社のクラウド型非対面チャネル画面共有ソリューション「RemoteOperator(リモートオペレーター)」を野村信託銀行が採用したと発表した。

同ソリューションは、オペレーターが顧客とPC画面を共有して操作を支援することで、サポートの効率化を図るというもの。通信の暗号化やログの一元管理機能など、セキュリティ機能の充実に注力しており、あえてリモートコントロール機能は非搭載となっている。

野村信託銀行では、このRemoteOperatorを使用したサービスを「野村信託銀行の画面でサポート」と名付け、同行の個人向けインターネットバンキングシステム「野村ホームバンキング」の利用者を対象に提供を開始した。

これにより、顧客から野村ホームバンキングの操作方法について問い合わせがあった際、コールセンターのオペレーターが顧客のPC画面を共有し、必要な個所を矢印で指し示しながら、電話で利用方法を案内することが可能になった。

オペレーターがRemoteOperatorで画面を共有しながら、電話で利用方法を案内する

採用にあたっては、顧客PCの閲覧範囲をWebブラウザだけに限定できることや、仕組みがシンプルなため、オペレーターに特別な教育が必要ないこと、金融機関への導入実績が豊富なことが評価されたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

三井住友銀行、インターコムのクラウド型画面共有ソリューションを採用 [事例]

三井住友銀行、インターコムのクラウド型画面共有ソリューションを採用 [事例]

インターコムは1月18日、三井住友銀行がインターコムのクラウド型非対面チャネル画面共有ソリューション「RemoteOperator(リモートオペレーター)」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る