岐阜県中津川市、バスの利便性向上に向けた位置情報通知システムの実証実験を開始 [事例]

[2017/01/26 18:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

パイオニアは1月26日、同社の業務用カーナビゲーション向けクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を活用した位置情報通知システムが、岐阜県中津川市が行うコミュニティバスの利便性向上に向けた実証実験に採用されたと発表した。

ビークルアシストでは、パイオニア製の業務用カーナビを使用し、通信回線を使って送信される車両位置や走行データを基に、登録地点や運行コースの管理・共有や車両状況把握のほか、メッセージ送信や日報作成などの運行支援・管理を行う。

同サービスが提供する「Web APIサービス」とパイオニアの業務用カーナビを使用すれば、他のシステムインテグレーターなどが提供する既存サービス上で、ビークルアシストの機能を利用することができる。

ビークルアシストが提供するWeb APIサービスの概念図

今回、中津川市が実証実験に採用した位置情報通知システムは、同市が坂下地区で運営するコミュニティバス向けに恵那バッテリー電装が開発したもの。パイオニアの業務用カーナビとビークルアシストのWeb APIサービス、スマートフォン用アプリケーション「LINE」を活用しており、コミュニティバスの利用者は、LINE上の地図でバスの現在位置を確認することが可能となる。

パイオニアは、ビークルアシストとLINEの活用により、都市部の路線バスや高速バスなどに導入されている一般的な位置情報システムに比べ、導入・運用コストを大幅に削減することができるとしている。

中津川市では、同システムによる情報提供の有効性および利便性を評価する実証実験を2017年1月から3月末まで行う予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

静岡県三島市、パイオニアVCの電子黒板を市内の公立小中学校21校に導入 [事例]

静岡県三島市、パイオニアVCの電子黒板を市内の公立小中学校21校に導入 [事例]

パイオニアVCは1月23日、静岡県三島市が電子黒板「xSync(バイ シンク) Board」を364台導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る