マイナビニュースマイナビ

Web申し込みで1回線基本料1日10円~ - KDDIとソラコムのIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」

[2016/10/20 08:00]徳原大 ブックマーク ブックマーク

その一方で、ソラコムとタッグを組みながらもソラコムがすでに提供している料金体系と大差なく、企業としての収益性についてどのようにマネタイズを図るのかと問われた原田氏は「KDDIクラウドプラットフォームサービスなどの自社で持つ上位レイヤーソリューションと組み合わせてトータルサービスとして収益化を図っていく」と回答。この秋に追加でクラウド関連の発表を行うとしており、IoT関連ソリューションの追加投入を匂わせた。

共同開発を行ったソラコムは、NTTドコモの回線を利用したMVNOとして、前述のAWS上に構築したモバイル通信管理システムを用いた柔軟なIoT通信プラットフォームを提供してきた。創業3年目のベンチャー企業ながら、4000企業以上が同社のプラットフォームを利用しており、IoT事例も多く抱えている。

IoTプラットフォームとして上位レイヤーから下位レイヤーまで幅広いサービス群を用意している

説明会で触れられたものでは「カメラを利用した客層分析」「運行情報」「太陽光発電の遠隔監視」「SIM付きドライブレコーダー」「決済端末」がある。例えば楽天の事例では、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天Koboスタジアム宮城」でスマートフォンを決済端末として活用。プロ野球は年間70試合程度しか本拠地開催がないため、試合開催日以外の通信は無駄となる。そこで、開催日以外は回線利用を休止することで、運用コストの削減を図った。

またJapanTaxi(日本交通)は、タクシーにタブレット端末を備え付けてデジタルサイネージとして動画広告を放映している。こうしたタブレット端末を活用したサイネージ運用は、SDカードによるコンテンツ配備というケースが多いが、日本交通ではSORACOM Airの夜間の通信料金単価の低さを利用し、セルラー通信による配信を行った。これにより、コンテンツ配布の煩雑さを解消しただけでなく、最新コンテンツをリアルタイムに利用客へ届けられるメリットが生まれたという。

ソラコム 代表取締役社長 玉川 憲氏(右)と同社最高技術責任者 安川 健太氏(左)

ソラコムの代表取締役社長 玉川 憲氏は、これらの事例を挙げてアイデアをすぐに実証できる環境作りを進めてきたとしつつ、安全性を強調する。

「クラウドサービスを活用しようとしても、インターネット経由でデータを送信するには『モノ側のハッキング対策』や『VPNなどの暗号化』『クラウド認証』など、セキュリティ対策を万全にしなければならない。しかし、これらをより安全に、楽に利用できるのがソラコムの特徴。専用線によって携帯キャリアとAWSなどのパブリッククラウドを閉域環境で接続するため、安全性が担保される」(玉川氏)

MVNOとして独自に運用していたSORACOM Airとは異なり、KDDIの看板を使ってKDDI IoTコネクト Airは提供されることになる。大きな価格差がないことから、こうした看板の信頼感を頼ってKDDIサービスを選択するケースも出てくるだろう。一方でソラコムも、1年で新サービスを10個、新機能を28件リリースするなど、その革新性が持ち味となる。通信速度とSIM管理のみで良いのか、その他クラウドとのAPI連携を含めた「IoT屋」の技術力に期待するのかで、企業の選択肢は変わりそうだ。

1年間で数多くのサービス・機能をリリースしたソラコム

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

AzureやAWSへのアクセスコストが4割減も - KDDIが広域イントラ「WVS2」を機能拡張

AzureやAWSへのアクセスコストが4割減も - KDDIが広域イントラ「WVS2」を機能拡張

KDDIは9月26日、広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」の機能拡張を発表した。一部クラウドサービスへの閉域接続帯域を10倍に拡張したほか、「トラフィックフリー機能」の対象サービスも拡充、2017年3月より提供する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
人生を豊かにするパラレルキャリア~VUCA時代に新しい生き方を選ぶ理由とは~
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る