北國銀行、Windows 10を全面導入 - 目指すはセキュアな環境と営業力強化 [事例]

[2016/08/29 19:25] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

北國銀行、NTTドコモ北陸、マウスコンピューター、日本マイクロソフトの4社は8月29日、北國銀行がWindows 10を全面的に導入することを発表した。

北國銀行では以前から、マイクロソフトのタブレット型PC「Surface Pro」を全行員に支給し、従来のPBX利用から「Skype for Business」によるIP電話に切り替えるなど、営業力強化に向けたIT基盤の導入に積極的に取り組んできた。今回、よりセキュアな環境の構築と、多様な働き方の実現によるさらなる営業力強化を目指し、2016年末までに銀行内のシステム環境をWindows 10に刷新することを決定したのだという。

その一環として、マウスコンピューター製のWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「MADOSMA Q501A」を全行員2,400名に支給するとしており、すでに7月中旬から展開し始めているという。10月には全行で完了する予定だ。通話には、NTTドコモの回線と企業向け内線サービス「オフィスリンク」が利用される。

また、北國銀行では今回の刷新に併せて、統合型ライセンスサービス「Secure Productive Enterprise E3(SPE)」を採用することも明らかにしている。同サービスは、統合型情報共有クラウドサービス「Microsoft Office 365 E3」と、クラウド型セキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security E3」、クライアントOSの Windows Enterprise の利用権「Windows 10 Enterprise E3」の3つを1つのライセンスで提供するというもの。

同サービスの採用により、セキュリティの強化、シンプルなライセンス管理、行員が所有する全てのデバイスの一元管理を実現するとしている。

関連リンク

1773
2
北國銀行、Windows 10を全面導入 - 目指すはセキュアな環境と営業力強化 [事例]
北國銀行、NTTドコモ北陸、マウスコンピューター、日本マイクロソフトの4社は8月29日、北國銀行がWindows 10を全面的に導入することを発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
北國銀行、NTTドコモ北陸、マウスコンピューター、日本マイクロソフトの4社は8月29日、北國銀行がWindows 10を全面的に導入することを発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る