ネット通販のモアコンタクトがクレカ不要の決済サービス「Paidy」を採用 [事例]

[2016/06/03 20:15] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

エクスチェンジコーポレーションは6月2日、ライズアップが運営するコンタクトレンズ通販サイト「モアコンタクト」が同社のオンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」を採用したと発表した。

Paidyは、会員登録やクレジットカード登録をすることなく、通販サイトで購入した商品を決済できるオンライン決済サービス。利用者は、商品を購入した際にPaidy側から送られてくる4桁の認証コードを携帯電話のSMS機能などで受け取り、本人確認を行う。その後、当月の利用総額を翌月10日までにコンビニや銀行でまとめて支払うという仕組みだ。支払方法は、購入時に一括払いと分割払いから選択できる。

Paidyの利用手順

モアコンタクトでは、利用者の利便性を高めるべく、決済手段の多様化に取り組んでいる。今回Paidy導入の決め手になったのは、同サービスがすでに複数のコンタクトレンズ通販サイトで導入実績があったことや、利用者の多くが20代~30代半ばの女性であるため、モアコンタクトの利用者と親和性が高いと考えられたことだとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日立ソリューションズ、IoT時代に向け空間情報ビジネスのブランドを統合

日立ソリューションズ、IoT時代に向け空間情報ビジネスのブランドを統合

日立ソリューションズは6月2日、同社の空間情報ビジネスを「GeoMation(ジオメーション)」ブランドに統合するとともに、そのラインナップの一つである地理情報システム「GeoMation」の新版を6月3日から販売開始すると発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る