Enpass password manager - 主な使い方

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第25回】Enpass password manager - 主な使い方

[2018/07/27 07:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • セキュリティ

セキュリティ

主な使い方

Enpass password managerはこれまでに取り上げてきたパスワード管理アプリの中でもっともWebブラウザエクステンションの機能がシンプルだ。

使い始める際は、次のように先にデスクトップアプリケーションの方のEnpass password managerを起動する。

デスクトップアプリケーション版Enpass password managerを起動

次にWebブラウザエクステンションのEnpass password managerにアクセスする。

マスターパスワードは、デスクトップアプリケーションで入力してあればWebブラウザエクステンションでは必要ない。デスクトップアプリケーションでマスターパスワードを入力していない場合には、Webブラウザエクステンションからマスターパスワードを入力してロックを解除する。解除はどちらからも可能だ。

利用をはじめる最初の段階ではマスターパスワードの入力が必要

以下のスクリーンショットがEnpass password managerのWebブラウザエクステンションの基本ダイアログとなる。登録されていない段階ではなにも表示されていない。

アカウントデータの登録は、ほかのパスワード管理アプリがそうであるように、管理したいアカウントデータのページに移動してから実際にアカウントデータを入力するかたちだ。Enpass password managerのWebブラウザエクステンションから次のようにどの名前でアカウントデータを保存するか聞いてくるので、名前を入力して保存する。

Webページで実際にアカウントを入力してログインすると、Enpass password managerの方からアカウントを保存するか聞いてくる

基本的にはこれだけだ。登録したアカウントデータは次のようにEnpass password managerのリストに表示されるようになる。

Enpass password managerに表示されるようになった登録サイト

該当するWebページでは次のように自動的にアカウントデータが入力されるようになる。

Enpass password managerによって自動入力されたアカウントデータ

また、Enpass password managerのWebブラウザエクステンションで提供されているのは、次のようなランダムパスワードの生成機能だ。Enpass password manager Webブラウザエクステンションの左下にあるギアのようなアイコンをクリックすることでランダムパスワードを生成することができる。

ランダムパスワードの生成

登録したアカウントデータの閲覧や編集は、デスクトップアプリケーション側のEnpass passwordマネージャで実施する。このあたりの役割の切り分けの潔さはEnpass password managerならではと言える。

Enpass password managerのデスクトップアプリケーションでアカウントデータの閲覧

Enpass password managerのデスクトップアプリケーションでアカウントデータを編集

Enpass password managerのデスクトップアプリケーション版では次のように多くの設定ができる。基本的な操作にはデスクトップアプリケーションを使い、Webブラウザエクステンション側では必要最低限のことだけを実施する、これがEnpass password managerのやり方だ。

Enpass password managerの本体はあくまでもデスクトップアプリケーションの方

なお、アカウントを登録する最初の段階では、次のように、アカウントデータはローカルにのみ保存されており、ほかのデバイスと同期する場合には設定を行うように、というダイアログが起動してくる。

アカウントデータはローカルに保存されており、クラウド経由で共有するには設定が必要

アカウントデータの共有にために利用するサービスを選択できる

アカウントデータをほかのデバイス、例えばスマートフォンと共有したい場合にはここでサービスを選択して設定すればよい。

Enpass password managerの最大の利点はクラウドアカウントが不要なこと

これまでに取り上げてきたフルスタックのパスワード管理アプリでは、デフォルトでクラウドアカウントの作成やログインが必須だった。このアカウントを使ってクラウド経由でアカウントデータがやりとりされる。

つまり、アカウントデータが自分のマシンだけではなく、クラウド上にも存在していることになる。実際にどのような形でデータが保存されているのかユーザから知るすべがなく、そこは提供しているベンダやプロジェクトを信頼するしかないといった状態だ。

Enpass password managerはその点、アカウントを作成することなく利用できる点が素晴らしい。

アプリケーションのUI/UXは最新のほかのパスワード管理アプリと同じで違和感を覚えることはない。そのうえ、アカウントの作成/ログインといった作業なく使えるというのはうれしいかぎりだ。特にアカウントの作成とログインが信用できず、これまでパスワード管理アプリを使ってこなかったというユーザにとって、Enpass password managerは魅力的な選択肢だろう。

Enpass password managerはデータをほかのデバイスと共有したくなった場合には、どの方法で共有するのかを選択できるというのも魅力だ。環境をセットアップすればクラウドサービスを利用せずにローカルネットワーク内部でデータ共有の仕組みを作ることもできる。

何があってもクラウドサービスは使いたくないという場合、Enpass password managerは大きな力になってくれる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る