Enpass password manager - インストール

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第24回】Enpass password manager - インストール

[2018/07/20 07:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • セキュリティ

セキュリティ

Enpass password manager

今回からはパスワード管理アプリとして「Enpass password manager」を紹介する。

Enpass password managerはWindows、macOS、Linux、iOS、Android、Chromebook、Windows UWPなど複数のプラットフォームで利用できるパスワード管理アプリ。利用できる機能はこれまで紹介してきたフルスタックのパスワード管理アプリとよく似ている。

Enpass password manager

まず、これまで取り上げてきたパスワード管理アプリとEnpass password managerとの違いは、Enpass password managerがデスクトップアプリをベースにしており、Webブラウザエクステンションの方では必要最小限の機能しか提供していない点にある。

これまでのアプリはWebブラウザエクステンションが本体か、またはデスクトップアプリケーションと同じ機能がWebブラウザエクステンションでも提供されていた。

その点、Enpass password managerは完全にデスクトップアプリケーションが本体になっている。Webブラウザエクステンションで提供するのは、アカウントデータの保存、保存したアカウントデータの自動入力、ランダムパスワードの生成機能といったところだけである。

そしてもうひとつ。こちらの方が特徴としては強いかも知れない。

Enpass password managerは利用を開始するにあたってアカウントの作成が必要ない。これまで紹介してきたパスワード管理アプリは、そのほとんどがアカウントの作成を要求している。これはクラウド経由でデータを共有するためだが、どうしてもこのアカウント作成が受け入れられないというユーザもいたのではないだろうか。Enpass password managerはその必要がない。

ではどうやってデータを同期するのかということになるのだが、データの同期には既存のほかのサービスのアカウントを使うようになっている。

例えば、Googleのアカウントを持っているならGoogle Driveを使って共有するといった具合だ。結局、どれかのアカウントは使うことになるのだが、ほかのアプリと違って利用するアカウントを選択できるというのは大きな特徴だ。

インストール

Enpass password managerはデスクトップアプリケーションの方が本体なので、先にこちらをインストールする。Webページから利用しているオペレーティングシステムを選んでいく。

さまざまなプラットフォームで利用可能

macOSの場合なら最終的にストアからインストールすることになる。

ストアからmacOS向けのアプリケーションをインストール

インストールはセットアップウィザードの指示に従って進めればよい。

Enpass password managerのインストール

アカウントを作成する必要はないが、最初のセットアップではマスターパスワードは作成する必要がある。どんなケースでもこのマスターパスワードだけは忘れてはいけない。

マスターパスワードを設定

マスターパスワードを忘れないように再度念を押される

Enpass password managerのインストールが完了すると、次のようなシンプルなアプリケーションが起動する。最初の起動時は何もアカウントデータを登録していないので、見た目はとてもシンプルだ。

Enpass password managerの初回起動時

Enpass password managerをインストールしたら、次は利用しているWebブラウザのエクステンションをインストールする。各プラットフォームのストアを探せば見つかるだろう。

Enpass password managerのWebブラウザエクステンションをインストール

Enpass password managerのWebブラウザエクステンションはとてもシンプルだ。いままで紹介してきたWebブラウザエクステンションの中でもっともシンプルなのではないだろうか。

とてもシンプルなEnpass password managerのWebブラウザエクステンション

インストール自体はこれで完了する。セットアップの途中でマスターパスワードは設定したものの、アカウントの新規作成は行っていないことがわかったのではないだろうか。

アカウントの作成が嫌な方に

これまで紹介したパスワード管理アプリの中にもアカウントを作成する必要のなかったものがあるが、それはデスクトップでスタンドアローンとして利用することを前提としていた。モバイルアプリでは利用できないし、UI/UXは最近のアプリケーションから見るとかなり古いイメージのものだった。最近のUI/UXである程度の使いやすさを求めると、どうしてもアカウントの作成が避けられないという状況だった。

そこでEnpass password managerだ。これであればアカウントを作成せずともアプリケーションを使うことができる。デバイス間の自動同期を使わないということであれば、既存のアカウントを使う必要もない。つまり、最新のUI/UXを備えたパスワード管理アプリを、アカウントを作らずに利用することができる。

これはアカウントの作成がどうしても受け入れられなかったユーザにとって朗報だ。アカウントの作成が嫌だという理由でパスワード管理アプリの採用をためらっていたのなら、このアプリケーションを一度試してもらえればと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る