OIST、次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」を導入 [事例]

[2017/07/28 12:20] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

Cylance Japanは7月28日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)がエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」を導入したと発表した。

同製品は、AI(人工知能)の活用により、未知のマルウェアが実行される前にエンドポイント上で高精度に検知・隔離するというもの。サイバー攻撃に対し、予測型の防御を行える点を特徴とする。

これまでOISTでは、シグニチャ型のアンチウイルスソフトを導入していたが、標的型攻撃メールの受信やランサムウェア、アドウェアの感染ケースが発生したため、新たな対策を検討。複数のソフトウェアを検証した結果、2016年11月にCylancePROTECTを選定し、2017年1月に事務職員と研究者が利用するエンドポイントに導入した。

選定にあたっては、他製品と比べてマルウェアの検知精度が高かったことやシグネチャ更新が不要なこと、クラウドベースでクライアントを管理できることなどが決め手になったという。

OISTのCylancePROTECT利用イメージ

導入により、2017年5月に150カ国・23万台以上のコンピュータが感染したランサムウェア「WannaCry」が話題になった際も、OISTではシグネチャファイルの更新状況の確認作業などに振り回されることなく、学内に安心感を与えることができたという。OISTでは、今後、より広範囲なエンドポイントに展開することを計画中だとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2947
2
OIST、次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」を導入 [事例]
Cylance Japanは7月28日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)がエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/07/0728OIST_001-thumb-400xauto-12959.jpg
Cylance Japanは7月28日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)がエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る