宮城県気仙沼市、情報システム基盤を刷新 - BCP対応とセキュリティを強化 [事例]

[2017/06/16 14:40] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

富士通エフサスは6月15日、宮城県気仙沼市の情報システム基盤を刷新し、BCP(事業継続計画)とセキュリティ対応を強化するとともに、「Microsoft Office 365(以下、Office 365)」をベースとしたグループウェアを導入したと発表した。

近年、多発する自然災害に備え、自治体には有事の際の情報共有・発信機能の強化に加え、マイナンバーの本格運用に伴う強固なセキュリティ対策が求められている。

こうした状況を踏まえ、気仙沼市では情報システム基盤を刷新し、庁内端末約1,200台のデスクトップ仮想化やサーバ統合に加え、主要機器の冗長化を行い、BCP対応、セキュリティ対応を強化するとともに、Office 365ベースのグループウェアを導入した。さらに、情報共有サービスやオンライン会議機能、SharePointベースのアプリケーションなどを活用することで、庁内コミュニケーションの強化、業務効率の向上を図る。

グループウェアの活用イメージ

新システムの運用にあたっては、気仙沼市内の保守会社と連携し、最短数十分程度のオンサイト対応を実現するほか、富士通エフサス LCMサービスセンターで遠隔監視を行うとともにリモートメンテナンスを実施することで、運用負荷を低減するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2841
2
宮城県気仙沼市、情報システム基盤を刷新 - BCP対応とセキュリティを強化 [事例]
富士通エフサスは6月15日、宮城県気仙沼市の情報システム基盤を刷新し、BCP(事業継続計画)とセキュリティ対応を強化するとともに、「Microsoft Office 365(以下、Office 365)」をベースとしたグループウェアを導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/06/0616Fujitsu_001-thumb-500xauto-12006.jpg
富士通エフサスは6月15日、宮城県気仙沼市の情報システム基盤を刷新し、BCP(事業継続計画)とセキュリティ対応を強化するとともに、「Microsoft Office 365(以下、Office 365)」をベースとしたグループウェアを導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る