福岡大学、教育研究システムにパロアルトのセキュリティ基盤を導入 [事例]

[2017/03/14 18:45] ブックマーク ブックマーク

パロアルトネットワークスは3月14日、福岡大学が教育研究システム「FUTURE5」にパロアルトネットワークスが提供する次世代セキュリティプラットフォームを導入し、本格運用を開始したと発表した。

福岡大学では、1994年より教育研究システム「FUTURE(Fukuoka University Telecommunication Utilities for Research and Education)」を運用している。その最新版の一世代前にあたる「FUTURE4」では、最大同時セッション数100万のファイアウォールを導入していたのだが、処理能力を超える同時セッション数によって全学ネットワークが停止するというトラブルが発生したことがあった。

同学の情報システムの構築と運用管理を担当する総合情報処理センターでは、最新版で同じトラブルが発生することを防ぐためにファイアウォールの入れ替えを検討。その結果、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PA-5050」と同製品群の一元管理ソリューション「Panorama」から成る次世代セキュリティプラットフォームの導入を決定した。採用にあたっては、従来機器と比べ約2倍の同時セッション数に耐えるという要件を満たし、将来的に完全移行を見込むIPv6にも対応していることが決め手になったとしている。

PA-5050は現在、FUTURE5の学外接続用のルーター配下に導入され、最大約7,000ユーザーが同時利用する学内ネットワークにセキュリティ機能を提供する。また、福岡大学では、PA-5050の基本機能に加え、追加機能である「脅威防御」と「URLフィルタリング」も活用するとともに、Panoramaによるネットワークセキュリティの管理も行っている。

福岡大学「FUTURE5」のネットワーク構成概要図

同学は今後、必要に応じてプラットフォームの拡張も検討しているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

最優秀賞は全員一致で決定! 第2回情報セキュリティ事故対応アワード開催レポート

最優秀賞は全員一致で決定! 第2回情報セキュリティ事故対応アワード開催レポート

IT Search+は、「第2回 情報セキュリティ事故対応アワード」を開催した。不幸にも発生してしまったセキュリティ事故において、説明責任・情報開示の観点で優れた対応を行った団体・企業を表彰するイベント。今回は、経済産業省の後援を受けるとともに報道賞も新設し、さらに内容を拡充して開催された。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る